体調は気候で変わる?体調が悪いのは気候のせいかも?気候と体調の関係を暴露!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気候と健康
雨の日は、だるいと感じる人は意外に多いと言われています。

雨や曇りの日に体調が悪くなる原因は気圧が低いからだと言われています。

気圧が低くなることによって、どのような症状が起きるのでしょうか。また、気圧が高くなるとどうなるのか知りましょう。

人間の体調は、気候・気圧の変化が関係していると言われています。

○低気圧と高気圧とは

気圧とは私たちの上にある空気の量と思っていいでしょう。

空気も酸素や二酸化炭素などの物質でできていますから、重さがあります。

その量が多くなるほど、私たちにかかる圧力の量が大きくなります。この圧力が高い状態を高気圧、空気が少なく圧力が低い状態を低気圧といいます。

気圧は常に一定ではなく、雨が降っている場所は気圧が低い傾向にあります。また、晴れているところは高気圧か平均的な気圧であることが多いです。

気圧の変化は雨だけでなく、高度のよっても変わり、山を登ると気圧が低くなります。

富士山では地上の気圧の約七割しか気圧がありません。

そのため、登山をしても、気圧の変化によって体調が悪くなることがあるかもしれません。

しかし、登山で体調が悪くなるのは気圧の変化が酸素の濃度が低いために起こったのかよくわかりません。

○気圧と体調の変化

・低気圧(くもりと雨)

低気圧の状態になると体調が悪くなると言われており、古傷が痛みとよく言われます。

低気圧になることによって、症状がひどくなったり症状が出たりするものは、吐き気、めまい、喘息、頭痛、腰痛、肩こり、関節炎、脳出血、心臓発作など多岐にわたり多くの人が低気圧によって体調が悪くなっていると言われています。

低気圧によってなぜ、体調が悪くなるかは現在でもはっきりとした理由はわかっていません。

しかし、低気圧になると体調が悪くなるのは確かです。

体調が悪くなる原因として言われているのが、気圧が低くなるとことによって、酸素濃度が少し低くなり、だるい、吐き気などの症状がでているのではないかということと、気圧が下がり、圧力が少なり、血管が膨張したり、関節にかかる圧力が低くなったりするために起きるのではないかと言われています。

低気圧になると落ち着くという人もおり、低気圧によって副交感神経が刺激されてリラックス状態になれることもありますが、気分が滅入ることもあります。

・高気圧(快晴)

低気圧になると体調が悪くなるのは一般的に知られていますが、高気圧になるとどのようになるでしょうか?

高気圧になると体にかかる圧力がいつも以上に増加します。

圧力が増すと体に悪そうなきがしますが、低気圧とは逆に体が安定して体調がよりよくなると言われています。

高気圧の状態は、通常より酸素濃度が濃いと言われており、免疫細胞の顆粒球の量が多くなると言われています。

そのため、免疫力が向上して風邪の引きにくい状態になると言われています。

また、交感神経が刺激されて活動的になれるとも言われているので、元気になりやすくなります。

その一方で活性酸素を発生させるのではないかと言われているので、良いところだけではありません。

○晴れと曇り

気圧が低いと雨や曇りになり、気圧が高いと晴れになります。

体調が悪いのは気圧のせいにされることが多いですが、天気のせいで体調が悪くなる人もいるようです。

特に気分的に体調が悪い人は、気圧のせいも考えられますが、太陽を浴びていないからという理由も考えられます。

人間は太陽を中心に生きてきている生き物になります。

そのため、日光をあびると気分がいいし、日光を浴びないと気分が悪くなります。

気圧で気分が悪くなっているのではなく、光を浴びられなくて、気分が悪くなっている人もいます。

特に秋や冬などの日光を浴びることが少なくなる季節はうつ病などになりやすいと言われています。

こういった、季節が原因で日の光の浴びる量が少なくことによって起きるうつ病を季節性うつ病と言ったりします。

うつ病と言わないまでもなんだか、晴れじゃないと気分が乗らない人はいるのではないでしょうか?

そういった人は、晴れた朝にしっかり日光を浴びることによって解消されたりもしますので、是非試してみてください。

気候と体調は関係しています。天気が悪い日は、本でもよんでリラックスして過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク