夏バテの後は秋バテ?!夏を過ぎても要注意!夏バテより酷いいこともある秋バテ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋バテ
暑い夏は、よく夏バテを起こしてしまいます。

そんな、夏が終わって秋になると夏バテが解消できると思っている人は多くいるのではないでしょうか?

夏バテは秋になって改善できる人もいますが、夏バテから秋バテになって体調が悪いままの人もいます。

秋の初めは秋バテに注意です。秋バテについて知りましょう。

スポンサーリンク

○秋バテと夏バテ

夏になると、暑い外と涼しい家の中を行ききするようになります。また、食事も気温とは逆の冷たいものばかり食べてしまう人が多いです。

そういった生活をすることによって、自律神経が乱されて、体温調節がうまくいかなくなり、だるい、下痢、吐き気、食欲不振などをおこり夏バテになります。

そんな、外の暑さが原因で起きる夏バテは秋になると、家と外の気温が近くなため回復しそうですが、夏バテを起こしている人は体が疲れており、初秋の乱れた気候に対応できてなくています。

そのため、体が秋に対応ができずに、秋なってより体調が悪くなってしまう秋バテを起こしてしまう人がいます。

夏バテの次は秋バテが来ることを覚えておいた方がいいでしょう。

○秋バテの症状

秋バテの症状は夏バテに良く似ており、秋バテは夏バテが秋になっても抜けないことと考えてもいいでしょう。

秋バテの症状は、食欲不振、肩こり、胃の不快感、頭痛、不眠、倦怠感、吐き気、ボーっとするなど症状があります。

夏から体調がほとんど変わらない人もいれば、夏より体調が酷くなる人もいます。

また、秋は寒くなるため、徐々に病原体が活発になり、秋バテを起こして免疫が低下していので病気にかかることがあります。

秋バテと風邪の両方の症状がでてしまうこともありますので注意が必要です。

○秋バテの治し方と予防方法

・治し方

秋バテを治すためには、体力の回復と体の機能の回復が大切です。

秋バテを治すために生活習慣を改善しましょう。

まず、温かいものや体を温めるものを食べるようにしましょう。

秋バテは血行不良が原因で起きていると言われていますので、温かいものや体を温めるものを食べて、血行を改善させることが大切です。

ネギ、ニラ、ショウガなどが入った野菜スープがおすすめです。

気を付けてほしいのは、辛いもので辛い物は体を温めてくれますが、秋バテで胃腸の調子が悪い人が多いので、お腹を壊す可能性があります。

辛い物もおすすめですが、胃腸が良くなってから食べるようにしましょう。

体を温めるために半身浴もおすすめです。

また、軽い運動を始めることで体を中から温め、内臓の機能を回復して秋バテを改善してくれます。

秋バテだと思ったら、軽いジョギングをして体調を整えましょう。

体を温めて体の機能を回復させると秋バテの改善になります。

・予防法

秋バテにならないためには、夏バテにならないことが重要だと言われています。

そのため、秋バテの予防法は夏バテの予防方法とほぼ同じです。

秋バテになったことがあるひとは、次は夏から秋バテを改善するようにしましょう。

夏に冷たいものは控えましょう。

冷たいものを食べると、内臓が冷えて体の機能が衰えてしまいます。

結果、体調が悪くなり、夏バテをおこしやすくなると共に、秋バテの原因にもなります。

内臓を冷やしてはいけません。

また、外との気温の変化を少なくしましょう。

室内の温度と外の温度が違いすぎると自律神経が混乱して、体調を崩します。

そのため、外の気温と中の気温は近い方がいいと言われています。

熱くても、設定温度は25度~28度ぐらいに設定しておきましょう。

体力をつけておきましょう。

夏バテと秋バテに負けない体づくりをしておくことが大切です。

夏の日中は暑すぎるので、夕方などの外を走るなどをして、体力をつけておきましょう。

外で運動をすることで、体力がついて暑さに対応できる体が作られるので、夏バテを予防して、秋バテの予防にもなります。

気温の変化に負けない体づくりをして秋バテを予防しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク