発熱、下痢、下血、腹痛、体重減少などの症状はありませんか?クローン病かも?!特に若い人は注意ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クローン病
クローン病という消化器の病気を知っていますか?

クローン病は、小腸や大腸などの消化器官に炎症がおきて、潰瘍などが生じて、発熱、下痢、下血、腹痛、体重減少などが起きる病気です。

クローン病は、処置をしないと一向に治らないので慢性疾患になります。

20代の人に多く発症し、多くの人がクローン病だと気づかいないで、困っているといわれています。

理由はわかりませんが、男性の方が多い病気で、女性の2倍程度 男性の方が発症するといわれています。

スポンサーリンク

○クローン病の特徴

クローン病がもっとも多いのは20代ですが、それ以外の年代でもみられ、特に欧米に多いことがわかっており、日本人の発症は少ない疾患といわれてきましたが、最近では患者数が増えており、日本人でも起きる疾患になってきています。

欧米の人に多く、日本人にも増えてきたところから、食事が欧米風になったことが原因ではないかといわれていますが、実際のところなぜ、クローン病がなぜ発症するのかはわかっていません。

・クローン病の症状

クローン病とよく似た症状に潰瘍性大腸炎がありますが、潰瘍性大腸炎は大腸のみに症状がでるのに対して、クローン病は大腸だけでなく、口腔から肛門までの消化器全体に症状が起きる場合があります。

また、潰瘍性大腸炎は粘血便(どろっとした血便)がでる特徴があります。

→ 下痢、腹痛、粘血便を起こしていませんか?もしかたら潰瘍性大腸炎かも?

クローン病は、大腸と小腸のつなぎめに炎症が起きることが多いとされており、小腸に症状がでる人を小腸型、大腸に症状がでる人を大腸型、小腸・大腸ともに症状がでる人は小腸大腸型になります。

このような症状がある場合は消化器内科、または内科にいって診察してもらうといいでしょう。

○クローン病の治療

クローン病だと診断された場合は、一般的に内科処置を施され、薬で治療することになり、薬物療法に加えて食品が原因と考えられているので、栄養療法も一緒に行うことになります。

基本的には薬物療法と栄養療法の二つからアプローチをして治すことになります。

しかし、重症であった場合は、腸内環境が悪く、軽い食事も良くない場合もあります。

そういった場合は、薬物療法に加えて絶食しなくてはならなくなります。

絶食中は静脈から栄養素を入れてもらいなおすようになります。

症状がよくなると徐々に食事の改善が図られ、流動食などを食べていけるようになります。

一度クローン病になってしまった場合は、症状が改善したとしても再発の可能性があるため、脂肪分の多いものや、食物繊維が多いものなどは避けなくてはいけなくなります。

きちんと対処をすれば、元の生活とほとんど同じような生活をおくれるといわれています。

また、腸の環境が悪く炎症が酷い場合は、合併症を起こしていることもあり、腸閉塞や膿瘍などの症状がある場合は、手術をすることになります。

症状が進行する前に受診した方が、治療が簡単に済むので、胃腸の調子が悪い場合は早めに受診することを勧めます。

進行していくと、手術をしなくてはいけなくなり、治療法も大変になります。

○クローン病かも?と思ったら病院に行く

クローン病が疑わるときは消化器内科または内科に行くようにしましょう。

クローン病は慢性疾患で、放置しても症状が悪化するだけで簡単には治ってくれません。

また、症状が改善しても医師の意見を従い、治療を中断してはいけません。

中断するとまた、悪化し、腸内環境が悪くなり一から治療しないといけなくなります。

クローン病は厚生労働省にと特定疾患に指定されているため、申請すると医療費補助が受けられます。

病院にクローン病と診断されたら、申請して医療費控除を受けるといいでしょう。

クローン病は大変治りにくい病気であるため、医療費がかさみます。

発熱、下痢、下血、腹痛、体重減少などがある場合は病院にいってみてもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク