トウモロコシはビタミンと食物繊維が豊富なので健康に良い!美肌にもなれる?!さらに生活習慣病の予防にもなる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トウモロコシ

スポンサーリンク

○トウモロコシ

・トウモロコシの分類

みなさんはトウモロコシをよく食べていますか?

トウモロコシは焼き肉の時に焼いたり、ゆでておやつとして食べたり、ポップコーンにしたりと1年に1度は食べるのではないでしょうか?

僕もトウモロコシは好きでバターで炒めて食べることが多いです。

そんな、トウモロコシは野菜にも見えますし、果物にも見えますが、トウモロコシは穀物になり米や小麦などと同じ分類になります。

皆さんは野菜だと思っていませんでしたか?

実は、トウモロコシは野菜でも果物でもなくお米の仲間になります。

トウモロコシは穀物であるため、国によっては主食として食べられることもあるようです。

・トウモロコシは種類が多い

私たちがトウモロコシというのは一般的に甘味種と呼ばれる種類で、甘みが強くゆでて食べるのがおいしいものになります。

しかし、トウモロコシの種類は一つだけでなく、多くの種類があり、ポップコーンに使われる爆裂種や馬歯種や硬粒種、糯種などいろいろな種類があり、種類によって使い方はさまざまです。

私たちが目にすることがあるのは基本的に甘味種と爆裂種ではないでしょうか?

そんなトウモロコシにはどのような効果があるのでしょうか?

○トウモロコシの効果

・炭水化物

トウモロコシは穀物であるため、意外にもご飯の代わりになります。

炭水化物が豊富に含まれており、運動前や運動後などに食べると栄養分の補給になります。炭水化物を補給することで体のエネルギーが補充されて疲労を回復する効果があるといわれています。

炭水化物が不足すると体力がなくなり、疲れやくなります。

ご飯やパンは食べずに、おかずばかり食べている人にはトウモロコシを食べされるといいかもしれません。

トウモロコシは主菜になることができます。

・ビタミンが豊富

トウモロコシにはビタミンB1、B2、E、などのビタミンが含まれています。

トウモロコシに含まれるビタミンB1は、神経に作用とすると言われており、ビタミンB1が不足することによって脚気が起きます。

偏った食事をしている人は脚気に気を付けましょう。

また、ビタミンB1はアルツハイマー型認知症と関係があるのではないかと報告されており、ビタミンB1を取ることによってアルツハイマー型認知症を予防できる可能性があります。

ジャンクフードばかり食べている人は不足するといわれているので気を付けましょう。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を保護する働きがあり、ビタミンB2が不足するとカサカサが肌やお肌の潤いがなくなるといわれています。

そのため、お肌が気になる人はトウモロコシですね。トウモロコシで美肌になりましょう!

そして、ビタミンEは抗酸化作用があるため、摂取すると老化を予防してくれる効果があり、生活習慣病を予防してくれます。

・食物繊維

トウモロコシは消化できないというイメージはないでしょうか?

食べても消化されずに体から出ることを体感する人は多くいるようです。

トウモロコシの皮は人間では消化することができません。

そのため、食べても便として体の外に排出されるのですが、そのおかげで便の量がおおくなり、腸を刺激して便意をおこしてくれます。

便と一緒に老廃物を出してくれるので、腸内環境が整えられて健康になれるといわれています。

また、トウモロコシを食べると下痢になるという人は、トウモロコシが原因ではなく腸内環境が悪いためで、トウモロコシが腸を刺激されることによって便の量が増えますが、腸がきちんと働いてくれないため下痢になっているだけです。

健康食材のトウモロコシをぜひ食生活に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク