青魚にはDHAとEPAが豊富、青魚をたべて血液サラサラになりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAK891

私は魚が好きで特に、脂がのっている魚が好きですが、脂がのった魚は健康に悪そうに見えて実は健康に良いといわれているのです。

ただし、脂が乗っていても、小骨が多い魚はあまり得意ではありませんが、食べないこともありません。骨はカルシウムがあるので食べられる人は、食べてもいいですが、私は食べません。

そんな、私が好きな魚ですが、魚離れが進んできており、肉の消費量が魚の消費量を上回ったといわれ、魚の消費量が低迷してきています。

消費量が下がった魚ですが、青魚は特に健康に良いといわれているので、青魚を食べるようにすることをおすすめします。

体に良い理由は青魚にDHAやEPAが含まれているからなんです。DHAやEPAは常温でも固まりにくいサラサラした、脂です。

脂と聞くと何だか体に悪そうな気がしてきますが、DHAやEPAは、一般的にイメージする血液をドロドロにする効果とは真逆の血液をサラサラさせる効果があります。

血液をドロドロにするとお肉の脂は悪い物のような気もしますが、バランスが大切で、ドロドロさせる以外に、血管の壁を厚くして強くする効果もあります。

そのため、魚だけ食べればよいというわけではありませんが、お肉の方が多く食べられているので、青魚を多く食べた方が良いでしょう。

DHAやEPAはドロドロしている血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

私の年齢からすると、血液に問題があるような年齢ではないのですが、血管は生活習慣病と関係があり日々の生活が未来の体に関係してきます。

そのため、今のうちから気を付けておけば、血液がサラサラで健康体で生活習慣病にかかりにくい体になります。

血液ドロドロしている状態というのは、赤血球などの血液の成分に柔軟性がなくなって、血液の粘度高まり、血流が悪くなってしまっている状態です。

血流が悪いと心臓が一生懸命に働いて血を流そうとして血圧が上昇したり、体に栄養素や酸素がいきわたらなくて、いろいろな病気をひきおこす原因になってしまうことがあります。

DHAは赤血球などの血液の成分を柔らくしてくれ、コレステロールを減少させます。これによって血液がサラサラになります。

さらに、EPAは血小板が血管の中で固まるのを防ぎ、中性脂肪の減少に役立っています。これによって血液がサラサラになります。

どちらも血液をサラサラにしてくれる成分ですが、DHAはコレステロール、EPAは中性脂肪と減少させるものに違いがあり、どちらも効率よくとることで、血液がとてもキレイな状態になるのです。

このDHAやEPAは、脂の一種なので、脂が乗っている魚に、豊富に含まれています。脂が乗っていると太りそうな気もしますが、逆に脂がたぷっりの魚の方が健康に良く、お肉比べて太る心配もないとされます。

青魚ではありませんが、脂がたっぷりのっている大トロは、意外にも血液をサラサラにする効果があるので、脂の多い魚を食べてください。

DHAとEPAが効率より、とれるのが、青魚なのです。

また、DHAは人間の脳とって重要な働きがあり、DHAが不足すると脳の活動が低下して仕事がはかどらなくなります。DHAを取ることによって脳の動きが正常になり、ベストパフォーマンスを発揮することができます。

EPAはDHAに比べてアレルギーに対しての効果が強く、アレルギーが気になる人はEPAを取ると症状が和らぎます。期待できる効果は花粉症やアトピー、アレルギー性鼻炎、成人病予防などになります。

DHAやEPAは血液をサラサラにすることによって、脳卒中や動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を予防する力があります。

日本人の死因のうち脳の疾患による死亡は第3位で心疾患は第2位です。

日本人に生活習慣病が増えた理由の一つとしてあげられるのが魚を食べなくなったためです。魚を食べれば生活習慣病が少なくなるはずです。

脳卒中や心筋梗塞で死にたくない人は青魚を食べるようにするとよいでしょう。

健康で血液がサラサラした日々を過ごすために青魚をとることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク