生活リズムで、ストレス、睡眠障害、自殺などのリスクを減少させる?!生活リズムは健康にとても重要!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活リズム
健康な生活をするためには生活リズムをきちんとすることが大切です。

生活リズムをきちんとして、健康な生活をめざしましょう。

自分の生活を見直してみませんか?

スポンサーリンク

○生活リズムの大切さ

皆さんは、自分の生活リズムが決まっていますか?

生活リズムはある程度決まっていることが大切です。

生活リズムが崩れれば崩れるほど、健康に悪影響を及ばすため生活リズムは大切だと言われています。

基本的な、生活リズムは決めておき、できるだけそこからずれないように生活するようにしましょう。

生活リズムがずれないように努力することが大切です。

生活をする上で、決まっている時間は存在すると思います。

例えば、多くの人が会社に出勤する時間は、決まっているはずです。

6時に出勤してもいいし、10時に出勤してもいいなんてことはないでしょう。

そのため、出勤を考えるといつまでに起きないといけないかは大体決まります。

10時に寝ようが、1時に寝ようが出勤しないといけないため、起きる時間は変わりません。

だから遅く寝れば遅く寝るほど、睡眠時間が減少します。

このように、遅く寝たり早く寝たりと入眠時間がまちまちであれば、生活リズムが乱れて睡眠障害がおこる危険性が高くなると言われています。

また、睡眠が短くなると脳の働きが低下してストレスを受けやすくなったり、集中力が低下したりすると言われており、さらに睡眠時間は短い人は自殺する傾向が高いことがわかっています。

そのため、睡眠時間はうつ病とも関係が示唆されます。

他にも睡眠時間がずれると、自律神経の乱れがおきたり、食欲が減少したり、体調不良が起きることもあります。

このように、一つの生活の乱れが連鎖的に生活習慣をみだれさせ、健康を害することがあるのです。

生活リズムの大切さがわかっていただけたのではないでしょうか?

○生活リズムの改善する

・朝食をとりましょう

朝きちんと起きるために朝食をきちんととりましょう。

朝食をとるようにすることで、朝起きることに繋がります。

また、朝食は急いで食べるのではなく、決まった時間に起きて、普通に食べることが大切です。

朝、昼、夕ときちんとバランスよく食べましょう。

夕食は多く食べ気味の人が多いような気がするので、夕食の食べ過ぎに注意しましょう。

寝る前なので、食べ過ぎるとよくないです。

昼に一番食べるぐらいがいいでしょう。

・寝る時間を決めましょう。

皆さんは何時に眠るか決めていますか?

多くの人はその日の気分で寝る時間を決めているのではないでしょうか?

睡眠に入る時間を変えると、睡眠時間が日によって違いが出るようになります。

睡眠時間に違いが出ると、起きる習慣がみつかなくなります。

そのため、睡眠時間と起きる時間の両方を決めておき、目覚ましがなくても起きてしまうぐらいがちょうどいいでしょう。

起きる時間と寝る時間を体が覚えると気分よく寝ることができます。

睡眠は生活習慣の基本といってもいいでしょう。

・運動をしましょう

生活リズムに運動を組み込みましょう。

皆さんは運動をしていますか?

一日15分以上の運動をしたほうがいいと言われています。

そのため、生活の中に運動を組み込むことが大切だと言われています。

運動をすることで、肥満、高血圧、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などいろいろな病気の発生リスクを減少させ、寿命をのばすとともに健康寿命ものばし元気に生活をすることができると考えられています。

そのため、運動はとても大切で健康には欠かせないものの一つと考えられます。

運動しましょう。

○生活リズムを決めましょう。

起きる時間、寝る時間、運動する時間、食事の時間など基準となる時間を決めておくことで、生活リズムを崩しにくくなります。

一旦自分の生活を記録してみませんか?

そこから、自分の生活リズムでおかしいところを見つけて、きちんとした生活リズムを決めて、健康になりましょう。

生活リズムの改善をすることで健康になれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク