盲腸は器官の名前であって本当は病名でない!盲腸は虫垂炎!虫垂炎は早期治療がとても重要!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

盲腸?虫垂炎
盲腸という言葉をしっていますか?

盲腸は、大腸の一部であり大腸と小腸の接合部分とその周りの部分のことを言います。

盲腸は、体の器官ではありますが、病名として虫垂炎の別名として使われることがあります。

だから、多くの人は盲腸と聞くと病気を思い浮かべるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

○盲腸と虫垂

虫垂炎のことを盲腸ということが多いですが、虫垂と盲腸は違う場所になります。

盲腸(虫垂炎)と聞くと多くの人が盲腸の病気とおもう人がいますが、盲腸の病気ではありません。

虫垂炎を盲腸ということがあるため、一般的に小腸と大腸の接合部の近くにある、大腸から出たひも状の部分を盲腸と勘違いする場合がありますが、盲腸ではなく、虫垂になります。

そのため一般的に盲腸と思われている部分は虫垂であり、盲腸とは虫垂がくっついている部分になります。

現在、虫垂炎を盲腸と言われることがあるかというと昔、虫垂炎の診断の遅れから、開腹したときには虫垂炎がかなり進行し、虫垂が壊死したり化膿したりしたものが、盲腸にくっついてあたかも盲腸が炎症をおこして

いるように見えたため、盲腸炎と呼ばれることになったようです。

だから、盲腸(病気)は盲腸(器官)の病気ではないということですね。

また、世間一般に広まるときには、盲腸炎ではなく、炎という字が省略されて盲腸になったと言われています。

今でも、盲腸という言葉が一般的に広まっていますが、正式に虫垂炎です。

そのため、僕は虫垂炎と言わせていただきます。

○虫垂炎の症状

虫垂炎になると右下腹部が痛むようになります。

これは右下腹部に虫垂があるためで左なら盲腸ではない可能性が高いといえます。

しかし、内臓逆位とよばれ、臓器の向きが逆転している人がいますので、かなり稀ですが左下腹部が痛くなる可能性もあります。

そのほかの症状としては、食欲が減少、吐き気、発熱があると言われています。

虫垂炎が起きる原因としては、虫垂に細菌が繁殖することで炎症をおこします。

進行すると虫垂が壊死したり、化膿したりするため虫垂炎をおこした場合は早めの手術が大切になってきます。

虫垂炎を放置すると壊死した組織に穴がなり、虫垂の内容物体に漏れ出すことになります。

虫垂は炎症をおこしているため、漏れ出すのは膿や消化液である腸液などのあまりよくない成分が外に出ることになります。

漏れ出した、膿や腸液が腹膜を刺激して腹膜炎になることがあります。

腹膜炎は、重症化すると死亡するリスクもある病気です。

つまり、虫垂炎を放置すると腹膜炎になって死亡することもあるので、虫垂炎は放置せずにすぐに対処したほうがいいということですね。

○虫垂炎の治療

虫垂炎の治療方法として昔から行われてきたのは、虫垂をとってしまう手術です。

虫垂は人体にとってはいらないものであり、とっても差支えないと言われていました。

虫垂炎は再発のリスクも高いため、軽症でも手術でとることが多かったようです。

しかし、役割がないと言われてきた、虫垂にも役割があるのではないかと言われるようになってきました。

虫垂をとっても死ぬことはありませんが、虫垂にはリンパ組織の一つとして、胃腸を保護する役割があるといわれています。

そのため、虫垂を摘出する胃腸の免疫機能が低下して、腸が病気にかかりやすくなると考えられています。

しかし、免疫機能に関係はあると言われていますが、虫垂炎の症状が深刻な場合は摘出されます。

虫垂を温存することは昔より多くなったものの、リスクがあれば切除するのが一般的で、今でも基本的に、虫垂は摘出されることが多いようです。

また、手術で盲腸を取ったという人が多いですが、正確には手術で取るのは盲腸ではなく基本的に虫垂になります。

虫垂炎は誰でもなる病気です。

虫垂炎は、放っておくと大変危険な腹膜炎を起こす可能性のある病気なので、早めの対処が大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク