水分不足は病気を招く?水分補給をしないと病気になるかも?!適度な水分補給は健康に大切なのである!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水分補給
皆さんはしっかり水分をとっているでしょうか?

水分をしっかりとることは大切で、水分補給をすることによって、健康を保ち病気を予防する効果があります。

そのため、皆さんも水分をしっかり補給をしましょう。

スポンサーリンク

○水分をとらないことで起きる病気

・熱中症

水分をとらないことで起きる病気の代表格と言えば熱中症でしょう。

熱中症は主に夏に起きる病気で、暑さによって汗をかいて水分がなくっているのに、水分をとらないことによって、体内の水分量が著しく少なり、体温の上昇などが原因で起きる症状のことです。

水分をしっかりとっていれば、しっかり汗をかくことができ、熱中症を予防できます。

熱中症は死亡するリスクもあり、特に高齢者に注意してほしいものになります。

熱中症は家の中でもおき、水分をこまめにとることが大切で、喉が渇く前に水分を飲むこと大切になります。

・血液の病気

水分を補給しないと起きる可能性が高まる病気は血液の病気です。

血液のなかには多くの水分が含まれており、水分があることによって血液はサラサラになっています。

つまり、水分が不足すると血液はドロドロになりやすいと言われています。

特に脂肪分の取りすぎで血液がドロドロしている人は、水分のことを気にしたほうがいいでしょう。

すでに、血液がドロドロなのに、水分が足りなくてよりドロドロになります。

血液がドロドロになると、高血圧になりやすく動脈硬化につながると言われており、血栓症になりやすいため、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などと関係があります。

血液の粘性には水分も関わってきているのです。

・免疫力の低下

水分の不足は免疫力の低下に関係しています。

水分が不足すると、喉が乾燥しやすくなり喉の繊毛活動がうまくいかず、ウイルスに感染しやすくなり、喉の痛みがでることがあります。

喉を潤すために、こまめな水分補給が必要になってきます。

また、水分が不足すると消化器にも不調がでると言われており、水分が不足すると体調の不調をおこしやすくなります。

・排泄機能の低下

一日に排出されている尿の量は、1Lから1.5Lと言われており、半分以上が尿から水分が排出されていると言われています。

そのため、水分量が少なくなると、尿の水分量が減るようになります。

尿は体に不必要なものを水分と一緒に排出する役割があります。

そのため、排尿は体にとってとても大切なことになります。

水分量がすくなくなると、私たちの尿は濃くなりますが、それと当時に排出能力がさがると言われています。

尿は濃度を濃くして、排出量を高めようとしますが、水分量がすくないと、濃度を高くしても出せない部分がでてきます。そのため水分は多くとる必要性があるのです。

特に、痛風の人は多く水分をとらなくてはいけないと言われており、水分をとることで尿酸を尿にとかして排出しなくてはいけません。

そのため、痛風の人は一日2Lの尿をしなくてはならないとも言われています。

また、ナトリウムの排出にもかかわってくるため、水分の補給は大切になってきます。

・尿路結石になることも

尿路結石といわば、三大激痛の一つにも数えられるものです。

水分量が低下すると、腎臓内で結石ができやすくなると言われており、七転八倒するぐらいの痛みとも言われ、水分をとらないとすごい痛みに襲われる可能性も否定できません。

そのため、水分はしっかりとったほうがいいでしょう。

しかし、水分をあまりにも取りすぎるのもよくありませんので、一気飲みと飲みすぎは控えましょう。

水分は適切な排出も大切です。

運動やカリウムの含む食材、利尿作用があるものなど、排出も心がけることが大切になります。

水と病気には深い関係があります。

水の取り方を考え、健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク