手汗がひどいのは病気?!手汗の原因は、交感神経、精神的ストレス、気温や湿度、食べ過ぎかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手汗
皆さん手に汗をかくことはありませんか?

一般的に手から汗をかくのは、緊張が原因だと言われています。

それは、昔私たちが狩りをしていたころの名残であり、狩りをするときに手に汗をかくことによって、物をつかみやすくしたためだと言われています。

手汗は、精神的な汗と言われ、温度調節を目的とした汗ではないと言われているのですね。

手汗がひどい場合は、「手掌多汗症」という病気の可能性もあります。

手掌多汗症は、自律神経の乱れが原因と言われており、病院での治療で治る病気ですので、手汗がひどく気になる場合は、病院を受診した方がいいかもしれません。

では、手汗をかく原因について紹介していきます。

スポンサーリンク

○手汗をかく原因

〇手汗の原因はストレス

手汗の原因の一つとしてストレスがあります。

私たちはちょっとした変化によってストレスを感じてしまいます。

たとえば、環境変化や、人間関係に変化ができるとストレスを感じてしまいます。

そういったストレスを受けると、私たちは、手汗をかくことがあります。

ストレスによって手に汗をかいてしまうということはストレスをうまくコントロールができていない可能性があります。

一時的な手汗なら良いですが、長時間手汗をかいてしまうのは身体的に良くない状態です。

ストレスによる長時間の手汗はストレスの受けすぎになります。

手汗はあまりかかないほうがいいかもしれません。

今では手汗はほとんど必要ではありません。

ストレスとうまく付き合うことが大切で、僕がおすすめなのはノートに何がストレスになったかを書くことです。

ちなみに僕だったら、2冊用意します。1冊目はまぁ人に見られてもよいノートで2冊目が人には見せないノートで悪口をかいてもOKなノートです。

1冊目のノートは、誰にかに相談するときやカウンセリングを受ける時に、どういったところがストレスに感じるかを説明できます。
証拠などにもなります。

つまり、1冊目は相談用や説明用などのために残しておくノートあり、誰かに見せる可能性があるノートです。

2冊目がイライラやストレスを吐き捨てるためのノートです。

そのため、他人に見せる必要性もないため、好きなようにつかるノートになります。

このように、ノートをかき分けることによって、1冊目で自分を観察しストレスに対する体制を作るノートにし、2冊目でストレスを発散するノートにすることで、発散と対処を効率よくして、手汗が解消されるのはないでしょうか?

〇手汗の原因は緊張や不安

手に汗をかくのは緊張や不安などが原因の場合があります。

緊張や不安なときに汗をかくのは本能でありしかたのことかもしれません。

人間は、緊張や不安を感じると交感神経が優位なり、汗をかくと言われています。

つまり、私たちは緊張や不安で汗をかくこと当たり前のことなのです。

逆に汗をかかないほうがすごいです。

できる限り、手に汗をかかないようにするためには、リラックスすることが大切です。

音楽を聴いたり、ストレッチをしたり、ハーブティーを飲むなどリラックスさせて、気分転換することが大切です。

〇手汗の原因は自律神経の乱れ

緊張やストレスが原因で手汗をかくことは仕方ないことでストレスを軽減したり、リラックスさせたりすることで改善させます。

ストレスや緊張を感じていなくても手に汗をかくことがあります。

それは、自律神経が乱れている時です。

自律神経の乱れの原因は、ストレスなどが原因で起きると言われていますが、いったん自律神経が乱れると、緊張状態やストレスを感じていなくても手に汗をかくことがあります。

自律神経の乱れなので、自律神経失調症と診断されるでしょう。

自律神経の乱れはストレスが原因ですが、精神的なものだけとはかぎりません。

自律神経失調症にまでなるということは、精神的なストレス以外のストレスもかかっていると考えられます。

たとえば、気温や湿度の急激な変化によるストレスや、肉体労働などに疲労、食べ過ぎや病気など、さまざまなものが体に影響をあたえストレスになっている可能性があります。

こういったストレスは自分では気づきにくいですが手汗をきます。

自律神経の乱れによる、手の汗は複合的なストレスが原因なことも多いため、精神的なストレスを改善しても治らない場合もあります。

精神的なストレスも大切ですが、他のストレスも取り除く必要性があるのです。

自分で気づけないことが多いので、いつも手に汗をかいている場合は、内科に一度受診するとよいとされています。

場合によっては、心療内科や皮膚科など勧められる科がちがいますし、内科で治療してくれる場合もあります。

病院にいくことで、薬をもらって汗をかかなくなることもあります。

自分で原因がわからない手汗は病院にいくとよいでしょう。

また、対処ができない手汗の場合は、交感神経を切って手に汗をかかなくするという方法もあり、95%の人が切って満足したと言われています。

手汗が気になる人は病院にいってみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク