耳垢は耳を病気から守る効果がある?!過度な耳掃除は耳の健康を害するかも?適切な耳掃除をして耳の健康を保ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耳掃除
皆さんは耳掃除をしていますか?

耳掃除をすることで耳を清潔に保つことができ、耳の病気が少なくなると感じている人も多いのではないでしょうか?

耳垢は、耳の中に入ったホコリや皮脂などが体内からでる分泌液とまざったものであり、ホコリや皮脂などが混ざったきたないものに感じます。

耳掃除を耳がキレイになるからやっている人も多くいますが、耳掃除が気持ちいいからやっている人も多くいると思います。

耳掃除はどのような効果があり、どのようなことに気を付けなくはいけないのでしょうか?

スポンサーリンク

○耳垢の効果とは

一般に耳垢と言えば、汚いというイメージがあり、いらないものという印象が強いでしょう。

そこで私たちは耳垢を綿棒や耳かきで除去しようとします。

しかし、耳垢は体にとって大切な効果があったのです。

・ホコリから耳をまもる

まず、耳垢は耳をホコリから守るという役割があります。

耳垢はホコリと分泌液が絡まってできたものです。つまり、耳垢にはホコリが多く含まれています。

耳垢は、ホコリが耳奥へはいるのを防ぐためにあります。そのため耳垢は、耳の手前にでき、耳の奥にはできません。

耳垢は耳の手前で、ホコリをからめとってくれているのです。

ホコリから耳を守る存在なのです。

耳垢があることによって、耳の奥にホコリがたまらずに、体の外へとホコリを排出してくれているのです。

そして、耳垢は掃除をしなくてもある程度は勝手に外にでていくと言われています。

しかし、出ていかない人もいるため、耳掃除はある程度はしたほうがいいと思われます。。

・殺菌作用がある

耳垢には殺菌作用があります。

耳垢は弱酸性で、耳の中を清潔に保つ働きがあり、耳に菌が侵入しても、耳垢が殺菌して耳を清潔に保ってくれると言われています。

耳垢があると不潔なような感じですが、耳垢が清潔にしてくれているのです。

そのため、耳垢は完全にいらないものではなく、ある程は度体にとって必要なものになります。

耳垢に殺菌効果があることによって、耳が炎症をおこさないようにしていると言われていて。耳垢はとても必要な物質になります。

耳垢がなくなると、耳が炎症をおこすと言われていて、実際、耳を掃除しすぎて外耳炎になったという人は多くいます。

そのため、耳の殺菌作用を残すために、耳掃除はほどほどにしたほうがよいとされています。

このように、耳垢は、耳の保護をしてくれているものになります。

そのため、耳垢は必要なのです。

○耳を掃除するときの注意点

耳垢は私たちの体にとって必要なものであることを理解していただけただろうか?

耳垢は体にとって必要なものであることは間違いなのですが、やはり耳垢は多くなると問題が起きます。

耳垢が勝手にでていってくれる人なら、問題はありませんが、耳垢がでていかなくて、耳垢が耳栓をして難聴になる人もいるため、耳垢の掃除はある程度必要になってきます。

ではどのような掃除をすればいいのでしょうか?

・耳掃除の頻度

耳掃除は週に1回以下がよいです。

耳掃除は月一回でも良いとされているため、耳掃除は毎日はしなくても良いというわけです。

つまり、毎週月曜日を耳掃除にするなどと決めておくと良いでしょう。

また、月の初めだけ耳掃除をするでもよいとされています。

耳には自浄作用があり、耳掃除を全くしなくてもよいという意見もありますが、耳掃除をしなくて、耳が詰まった人もいるので、少しくらいはしたほうがいいでしょう。

・耳かきと綿棒

耳を掃除する道具に耳かきと綿棒が存在しますが、耳かきと綿棒は耳垢の質によって変えます。

耳垢に粘りけがあり、水を含んでいる場合は、綿棒を使用し、耳垢が、乾いている場合は、耳かきを使用します。

日本人では大半の人が、耳垢が乾燥しているので、耳かきを使用したほうがいいのですが少なからず、湿っている人もいるので、自分の耳垢をみて選びましょう。

ちなみ、耳垢が湿るや乾燥するは、遺伝によって決まっています。

また、耳垢をとるときに寝ながらしようすると耳垢が耳の奥に落ちて良くないので、座った状態で耳かきをしましょう。

子どもに耳かきをするときの膝枕は良くないようです。

・奥まで突っ込むのはNG

耳には迷走神経とよばれる。触れることによって気持ちよい神経が存在しており、奥まで綿棒や耳かきをいれてしまう人がいますが、耳垢が存在しているのは手前1cmであり、奥に綿棒や耳かきをいれる必要はありません。

耳かきや綿棒を耳の奥まで入れることによって、鼓膜などを傷つけるおそれがあります。

耳掃除は気を付けて行うことが大切です。

耳垢は体に必要であり、間違った耳掃除は耳を傷つけるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク