誰でもいつでも金属アレルギーになる可能性はある!?食べ物で金属アレルギーになるかも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金属
金属アレルギーという言葉を聞いたことがあるだろうか?

金属アレルギーは金属が原因によって起きるアレルギー症状です。

そのため、金属類を身に着けることができなくなります。

特に、ピアスやメガネ、腕時計などの直接体につけるものはつけられなくなります。

メガネや腕時計は金属性でないものを買う必要性があります。

スポンサーリンク

☆金属アレルギーのメカニズム

金属アレルギーは金属が原因で起きるアレルギーではありますが、金属が単体でアレルギー反応を示すものではありません。

金属アレルギーのメカニズムを紹介します。

金属アレルギーは汗をかくことによって起きます。

金属に汗がつくことによって汗が金属を溶かします、その後溶けた金属がイオン化して体内に入り、体内のタンパク質と結合します。

この金属と体内のタンパク質が結合したものがアレルゲン(アレルギーの原因物質)になります。

このように、金属単体では金属アレルギーは起こさないため、パッチテストなので、金属アレルギーの反応を確認しても、金属のイオン化が遅れたりすると反応が出ないこともあります。

〇金属アレルギーのお越しやすい金属

金属アレルギーはどの金属でも起こす可能があります。

金属の中には金属アレルギーが出やすいものと出にくいものがあります。

金属アレルギーが出やすい物質はニッケル、クロム、コバルトなどの物質になります。

特にニッケルは注意が必要です。

・ニッケル

ニッケルが金属アレルギーを起こしやすい理由の一つは私たちが良く触れる金属の一つだからです。

私たちが日常的に使用しているお金の中にもニッケルは含まれ、ピアス、指輪、ベルトなど多くの製品に利用されているためニッケルを触れる機会がたかいです。

ニッケルが金属アレルギーになりやすい理由はもう一つあります。

それは、ニッケルのイオン化傾向が高いことです。

わかりやすくいうと、汗によって、ニッケルは溶けやすく体内に入りやすいためニッケルは汗に触れるとすぐに体内にはってアレルゲンになるためです。

ニッケルは多くの製品に使われており避けるのが難しいものになります。

子どものころにニッケル製品を触る機会が多いほど、金属アレルギーになりやすいといわれていて、子どものころから、ピアスなどをつけると金属アレルギーになる可能が高まります。

・コバルト・クロム

コバルトとクロムもアレルギー反応が起きやすい金属の一つで、こちらもニッケルほどではないものの多くの製品に使われており、反応を起こすことは多いです。

クロムは金属メッキとして使われていることもあり、メッキ加工がしてあり気づかいないうちに触ってしまいアレルギーが出ることもあります。

ニッケルに反応する人はコバルトに反応する可能性が高いためニッケルに反応する場合はコバルトにも気を付ける必要性があります。

やはり、コバルトもクロムも汗に溶けやすい傾向にあります。

金属アレルギーは汗によって体内に侵入しやすいものが原因となることが多いです。

・他の金属

銅も反応しやすいですが、ニッケルやコバルト、クロムよりは確実に反応しにくいです。

銅は昔から使われており馴染みの深い金属で、やはり多くのものに使われています。

金属アレルギーで気をつけなくてはいけないのは、銀歯や金歯で、インジウム、イリジウム、銅、亜鉛、パラジウムなど多くのアレルギーに反応しやすい金属がつかわれていますので、気を付けましょう。

金属アレルギーの人が銀歯をつけると慢性的に反応がでる、口がただれるなどの症状がでることがあります。

〇金属アレルギーを起こしにくい金属

金属アレルギーに反応しない金属は、金、銀、プラチナ(白金)、チタンなどです。

これらの金属の特徴としては汗によって溶け出すことが少ないことです。

金属を装着する際はちょっとお高いですが、金、銀、プラチナ、チタンなどが良いでしょう。

☆金属アレルギーのいろいろ

金属アレルギーは誰がいつなるかわかりません。

一般的に、幼少期から金属に触れていた人がなりやすいといわれており、子どものころから、ピアスや指輪などを常時付けるのはさけたほうがいいかもしれません。

金、銀、プラチナは金属アレルギーになりにくいと言いましたが、これらの製品は純度があります。

そのため、純度が低い製品には金属アレルギーになりやすいものもあり、気をつけなくてはいけません。

金属アレルギーの人は純金、純銀、純白金をかうようにしましょう。

金属アレルギーは金属と肌が触れて起きる症状と思われていますが、食べ物でも金属アレルギーの症状がでることがあります。

ニッケルに反応がある人は、チョコレート、昆布、豆類などにアレルギー反応がでることがあり、クロムに反応がある人は、チーズ類に含まれるクロムに反応することがありますので、注意しましょう。

食事からも金属アレルギーの反応があるわけです。

金属アレルギーは誰が起きてもおかしくありません。食事での金属アレルギーにも気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク