襲い来るマラリアの恐怖?!地球温暖化によりマラリアが日本に上陸してきてもおかしくない?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14801
世界でもっとも人を殺している原因になっている生物の蚊。

その蚊が世界で最も人を殺す原因となって理由がマラリアを人々に感染させるためです。

あなたはマラリアを知っていますか?

一説には、マラリアは、世界の150万人を殺していると言われている恐ろしい病気です。

これは日本人が年間に死ぬ数を超えます。

前後があるため、大体日本人が一年間に死ぬ数と同じ数の人がマラリアによって死んでいるのです。

これは大変恐ろしいことではないでしょうか?

日本の今、現在で蚊が原因で死んでしまった人はいないもしくはほぼゼロなのでしょう。

日本に住んでいる蚊は人を死に追い込むほどの感染症を持っているものはいません。

日本でもデング熱の危険性が報道されることがありました。

デング熱で死亡する可能性は少ない。

デング熱で死亡する可能性が高いのは2度目の感染です。

→ 蚊は超危険生物?!蚊が媒介する病気「デング熱」の脅威が日本にも・・。

また、日本でデング熱をもっている蚊は少ないもしくは、もういないかもしれないのでそれほど危険視されていない。

デング熱も確かに危険な感染症の一つかもしれないが、マラリアのほうが確実に危険な感染症の一つです。

日本では蚊の危険性はあまりなくても、世界的にみると蚊はとても恐ろしい生物の一つなのは間違いないです。

特にマラリアの危険性は高いです。

スポンサーリンク

〇マラリアとは

人類がもっとも恐れている蚊による感染症はマラリアです。

蚊の感染症と言えばマラリアといっていいくらい、蚊の感染症はマラリアが占めます。

マラリアはマラリア原虫と呼ばれる微生物が体内に侵入することによって起きます。

マラリア原虫は単細胞生物になるためウイルスではあません。

マラリア原虫はウイルスでは寄生性の原虫になります。

そのため、ウイルス感染症とは違います。

ちなみにデング熱はウイルスになります。

またマラリア原虫は蚊を共存関係にあるため、蚊を殺したりはしません。

マラリア原虫は増殖すると、蚊のだ液腺に集まる性質があります。

蚊は、吸血前に、唾液によって、血液の凝固を抑制します。

そのため、蚊の唾液にマラリアが含まれているとマラリアに感染します。

マラリア原虫は人に感染するもの5種類が注目されています。

その中でもサルマラリア原虫と熱帯熱マラリア原虫と呼ばれるものが危険だと言われています。

サルマラリア原虫と熱帯熱マラリア原虫に感染するとほかのマラリアに比べて重症化しやすいと言われています。

サルマラリア原虫は最近注目されている第5のマラリアと呼ばれていて後から紹介する三日熱マラリア原虫と近い存在だと言われています。

熱帯熱マラリア原虫とサルマラリア原虫の他には三日熱マラリア原虫、四日熱マラリア原虫、卵形マラリア原虫などがあります。

これらのマラリアの死亡する可能性は熱帯熱マラリア原虫やサルマラリア原虫に比べて少ないと言われていますが、安心できる病気ではありません。

マラリアは一種類だとおもっていましたが数種類あったわけです。

マラリアは種類によって症状や重症度が違ってきます。

マラリアは熱が上がると一度熱がさがり、一定時間が経過したのちに熱が上がるのが特徴です。

マラリアの危険性は知られているもの日本人はこのマラリアの特徴をあまり知らないと思います。

三日熱マラリア原虫に感染した場合は48時間おきに高熱を繰り返します。

四日熱マラリア原虫に感染した場合は72時間おきに高熱を繰り返します。

そのため、四日熱と三日熱に分かれます。

ちなみに卵形マラリア原虫は50時間おきです。

卵形マラリア原虫は症状的には三日熱マラリア原虫と似ているわけです。

注目のサルマラリア原虫は24時間ごとに熱が上がり、熱帯熱マラリア原虫の場合は熱は下がったり上がったりする周期は不明瞭になります。

マラリアに感染するとこのような周期的に熱の上がり下がりがあるため熱が治ったとおもって安心してしまうことがありますが、治ったわけではありません。

すぐに熱がまた上がります。

熱が下がって安心する大変危険なことなのです。

熱が上がったり下がったりする理由はマラリアの増殖が周期的に行われるためです。

熱が上がっている時に増殖していることになります。

そのため熱が収まっている間は、増殖をしていないわけですが、回復にむかっているわけでは全くなく、2回目の増殖に備えているだけで時間がたてばたつほどマラリア原虫が体内に増えて大変危険な状態になっているわけです。

そのため、マラリアに感染したら、できる限り増殖をさせないために病院に受診することが大切になります。

マラリアに感染した場合は熱が下がっても安心できないのです。

マラリアが発生している国にいって高熱が出て急に熱が下がる場合は逆に危険かもしれません。

一般に、マラリアは、3回目の増殖が行われると危険と言われています。

3回目の増殖は体内でかなりの量のマラリアが増えていることを表します。

マラリアを放置すると死亡する可能性やマラリアの慢性化する可能性があります。

これらの症状がみられたら、すぐに病院に行きましょう。

慢性化したマラリアは体内での病原体数は少なくなり、増殖周期の間隔は長くなります。

しかし、周期的に熱を上げることになり、大変苦しい思いをすることになるでしょう。

そのため、マラリアは放置してはいけません。

マラリアは最初の熱が上がった状態に時に病院に行くのが一番良いでしょう。

熱が下がったからと言って安心できないのがマラリアの特徴であり、恐ろしいところです。

マラリアがはやっている地域に行った際は、熱が出たらすぐに病院に行くようにしましょう。

熱が下がったからと安心していると大変なことになるかもしれません。

マラリアの発生国に行く前には、マラリアの知識をつけておくことが大切になるでしょう。

また、放置したマラリアは体内で休眠をとることもあり、ふとした拍子に数か月後、数年後にマラリアになってしまうこともあります。

マラリアは体内に残ることもあります。

これも、マラリアに発症したときにすぎに病院に行かなかったことが原因です。

マラリアの症状は、熱、悪寒、吐き気、下痢、頭痛です。

風邪と似ていますので風邪と思うことがあるかもしれません。

熱帯地域に行ったときは風邪だとおもっても病院にいくことにしましょう。

マラリアの判断は発熱と解熱の繰り返しで判断できる部分がありますが、この判断では時間がかかり、マラリアが増殖しているため大変危険です。

この段階で病院行くということは2回目の増殖が始まっているということになります。

マラリアかもと思ったら受診しましょう。

早めの受診があなたを救います。

〇日本とマラリア

現在の日本ではマラリアがはやりそうな感じは全くありません。

しかし、日本でマラリアがはやらないとはいいきれません。

その理由の一つに近年、日本にデング熱が上陸してきたことです。

デング熱のようにマラリアが上陸してこないとはいいきれません。

マラリアを媒介できる蚊は日本にも存在すると言われています。

誰かに感染したマラリアが蚊が血を吸うことによって、マラリアが日本に定着する可能性はではありません。

今では、日本でマラリアの感染者はいませんが、過去にはマラリアが一度日本にいた時期があると言われています。

今では日本のマラリアは絶滅してしまったもの、海外から来たマラリアが日本に住み着くことができることを証明しているのではないでしょうか?

そのため、日本でマラリアが流行るわけがないということはないのです。

もしかしたらの精神をもって正しく恐れることが大切かもしれません。

年間3億人から5億人がマラリアに感染しているといわれている世界です。

これだけ感染しているのですから、日本にきてもおかしくないです。

とはいってもこれだけ感染して、多くて150万人の死者ですから、それほど致死率は高くないのかもしれません。

正しく、対処すれば助かるでしょう。

地球は温かくなっているといわれていますが、それが原因となってマラリア原虫をもった蚊が日本に上陸してこないとも言い切れないときにきているかもしれません。

日本は現在、多く国と貿易をおこなっています。

沖縄は暑くて、いろいろな国から人が来たり、作物が送られてきたりしているので、その中にマラリア原虫を持った蚊がまぎれこんでいる可能性は否定できないのです。

沖縄ではマラリア原虫をもった蚊が生息できると言われています。

沖縄にマラリア原虫をもった蚊が住み着くかもしれません、そうなったら本土でもマラリアがはやるのは時間の問題になることは間違いなしです。

しかし、日本は先進国で衛生状態がととのっているため流行らないと言われていますが、どっちに転ぶかわかりません。

流行らないほうを願うばかりです。

年のためにマラリアの呼び知識をもっておいたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク