ニンニクに含まれるアリシンの健康効果は凄い! 老化防止やガン予防?!さらにニンニクは美味い!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14501
ネギ属の香辛料の中で最も有名なものと言えばニンニクではないでしょうか?

ニンニクはヒガンバナ科ネギ属の多年草の香辛料で、ガーリックとも呼ばれいろいろな食品の香辛料として親しまれています。

カレーのルーなどにも含まれています。

→ カレーを食べれば心身共に健康になれる?!カレーを食べてストレス解消!病気予防!

ニンニクと言えば、元気になれる!健康に良いというイメージがありますよね。

でも、ニンニクには、どんな健康効果があるのかを知っていますか?

何となく健康に良いというニンニクの凄い健康効果について紹介してみます。

スポンサーリンク

☆ニンニクの健康効果

ニンニクの匂いのもとになる成分のアリシンには、抗菌作用と殺菌作用があります。

匂いがあるからこそ、抗菌と殺菌ができるともいえます。

ニンニクを食べることによって、細菌やウイルスを倒してくれると言われ、腸内に入ると悪玉菌を減少させ腸内環境をよくすると言われています。

また、アリシンはビタミンB1と結合することによってアリチアミンと呼ばれる物質に変化し、ビタミンB1の吸収率を高めます。

そのため、ビタミンB1の多い食材と一緒に食べると良いとされています。

ビタミンB1が多い食材は、豚肉です。

アリシンには、他にも効果があり、アリシンはとても不安定な物質なため私たち人間の体内入るといろいろな物質に変化します。

変化した物質はメチルアリルトリスルフィド、ジメチルトリスルフィド、アホエンなどの物質に変化して、血液がかたまるのを抑える働きがあります。

そのため、血栓症の予防になると言われています。

夏になると、血液がドロドロになり、血栓症が増えると言われていますので、夏に食べると効果的ですね。

→ 夏血栓は熱中症より危険!熱中症と同じような症状の夏血栓は命を奪う可能性がある?!

ニンニクに含まれる成分のアリシンには、強い抗酸化作用を持つます。

そのため、活性酸素を取り除き、ガンや美肌老化を防ぐと言われています。

アリシンはガン予防や美容にも良かったわけなのです。

ほかにもアリシンには、コレステロールを低下させる効果や、冷え性を抑えると効果、便秘や下痢の改善などの効果があります。

これらの効果は体内にアリシンが入ることによって、アリシンの性質が変わることによって起きるものです。

アリシンは体内にいろいろな効果をもたらしてくれるのです。

しかし、ニンニクを食べすぎると胃が荒れる可能性がありますので、一日、3,4片までに抑えると良いとされています。

また、毎日のように食べるとニンニクのような体臭になるので気を付けましょう。

体にいろいろな健康効果を与えるニンニクを食べてみませんか?

では、次にニンニクの食材としての凄い所も紹介しておきます。

〇食材としてのニンニク

ニンニクの特徴はその匂いでしょう。

ニンニクは香りが強いのが特徴でお肉焼くときやや餃子の具として使われます。

お肉にニンニクを乗せることによって、お肉の臭みをとり、食欲がでる匂いに変えます。

そのため、多くのステーキ屋さんでは、お肉とともにニンニクを炒めます。

また、香味野菜の代表格で、いろいろな料理に使われ中国、イタリア、フランス料理などに使われます。

日本では、しょうゆに漬け込んだりします。

そのほかにも、ガーリックバターやガーリックマヨネーズ、ガーリックオイルなどいろいろのものと混ぜられて販売されることもあります。

ニンニクは日本でも見ることの多い香辛料ですね。

香辛料として人気のあるニンニクですが、ニンニクの匂いは気にされることが多いです。

ニンニクの匂いが美味しいとされるのですが、ニンニクを食べるとどうしてもどうしても口からニンニクの匂いがしてしまいます。

ニンニクと言えば、口臭のイメージが強いですが、ニンニクの匂いは食べることによって体臭として出ることもあります。

そのため、口臭ばかり気にしていて口臭ケアをしても、体臭で匂ってしまうこともあります。

これはニンニクに含まれる成分のアリシンが体内で分解されアリルメチルスルフィドが生成されるためでアリルメチルスルフィドは強い匂いの原因で汗とともに体外に排出されるために体臭の原因になります。

もし、ニンニクの匂いを気にするなら、まず無臭ニンニクを選ぶとよいでしょう。

最近では品種改良が進み匂いの少ないニンニクが販売されました。

また、ニンニクを食べた後は歯磨きをしてタブレットを飲み口臭ケアをしましょう。

体にはデオドラントを塗るといいかもしれません。

しかし、あまり気にしすぎるのもよくないかもしれません。

人間だれしも体臭はありますし匂いがあって当たり前なので少し気にする程度にしましょう。

ニンニクの匂いは気になりますが、それより、ニンニクがどうしたらおいしくなるか学びましょう。

ニンニクを調理するときにおいしくなる方法と言われているのが、ニンニクはフライパンが冷めている状態から入れることです。

ニンニクをフライパンが熱い状態から入れると、すぐに焦げてしまいニンニクの匂いが損なわれます。

そのためニンニクはフライパンが冷たい状態から入れて徐々に温めていくことで香り高いニンニクになると言われています。

炒めるとなるとどうしても温めて入れてしまいがちですが、ニンニクは冷たい状態から入れるのが正解です。

ニンニクを使って食材をもっと美味しくしてみていかがでしょう?

ニンニクで美味しく健康生活ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク