携帯電話・スマホは持っているだけでも健康に悪影響を与える!?携帯電話の

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代、携帯電話やスマホを持っていないという人は少なくなっており、ほとんどの人が携帯電話を常に持ち歩いていることでしょう。

また、日本の携帯電話の契約台数は1億5千万台を超えており、人口を超える数の携帯体電話が契約されていることからも非常に携帯電話が普及していることがわかります。

そんな誰もが持っている携帯電話ですが、持っているだけで健康への悪影響があるのではないかと問題視されることもあります。

携帯電話の一体どんなところが、健康への悪影響を与えてしまっているのでしょうか?

〇電磁波が体に悪影響を与えている

携帯電話が持っているだけで悪影響が出ると言われる理由は、携帯電話から発せられている電磁波による影響です。

電磁波は私たちの目では見ることができず、軽い電磁波を浴びたとしてもすぐに体に悪影響が出るという事がないため、体に悪影響が出ているという感覚は少ないです。

しかし、携帯電話から出ている電磁波は少しずつ体に悪影響を与えているのではないかと言われています。

少しずつ影響が与えるため、確定的な健康への悪影響が報告されているわけではありませんが、脳の腫瘍ができやすくなる、不眠、頭痛、学習意欲の低下などを指摘している研究結果も出るようになってきています。

・ブルーライトも目に悪影響を与えている

また、悪影響となっているのは携帯から発せられる電磁波だけでなく、携帯画面から光に多く含まれるブルーライトも目や精神に悪影響を与えていると言われています。

ブルーライトは、比較的太陽光に多く含まれている光であるため、目を覚ましてしまう性質があります。

そのため、ブルーライトを多く発している携帯電話を夜に使用すると、不眠症や自律神経失調症などの引き起こす危険性があるのです。

さらに、強い光を長時間まじかから浴びることによって、目にダメージを与えているとも言われており、眼精疲労などの原因にもなっています。

このように、携帯電話やスマホは私たちの体に少しずつ悪影響を与えてしまっているのです。

〇携帯電話の使用方法に注意しましょう!

携帯電話・スマホの使用で問題となっているのが、長時間の使用や運ぶ時の近さにあります。

現在では携帯電話を1日に長時間使用することが多くなっており、使用中は通常時よりも強い電磁波が出るため長時間使用する人の方が体の悪影響は大きいと考えらえます。

便利なのでついつい使ってしまいたくなりますが、できればあまり長時間使用し続けるのは避けた方が良いでしょう。

また、携帯電話は使用していくても常に電磁波を発しているため、胸ポケットや足のポケットなどの常に体に近い距離で持ち歩いている人ほど、悪影響は大きいです。

持ち歩くなというのは難しいと思いますので、できる限り鞄などに入れて持ち歩き接触をしないようにする。

移動する必要性がない時は、音が聞こえる範囲で、手元から少し離れた位置に置くようにするのが良いです。

また、携帯電話の電磁波で問題になることが多い不眠や頭痛ですが、これは睡眠時に携帯電話が近い場所にあることが原因であると考えられています。

睡眠中は携帯を使用する必要性がないと思うので、できる限り話しておいた方が良く、特に頭部近い位置にはおかないようにしましょう。

脳への影響は脳の発達段階にある未成年者が大きいと言われていますので、特に子どもの睡眠時の携帯電話、スマホの置き場所には注意していただきたいです。

〇健康管理に役立っているという側面もあります

このように携帯電話が発せられている電磁波や、ブルーライトは人体に悪影響を及ぼすと言われていますが、携帯電話やスマホは健康管理に役立っている面もあります。

近年、スマホでは多くの健康アプリが開発されており、健康アプリから仕入れた情報や、自分の食生活・運動量から健康管理している人は多くなっています。

実際、私もスマホで健康情報を探して実践しており、健康のために携帯やスマホを利用され役立っています。

重要なのは、携帯電話・スマホの使い方で使いすぎれば健康への影響がありますが、うまく使えば健康を逆に増進してくれるのです。

健康的な体を手に入れたいという人は、携帯電話・スマホと良い距離感をもって使うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク