ホワイトニングは必要な歯科治療なのか?ホワイトニングをしても口臭は改善しなかった!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯は白いほど良いとされることが多く、清潔感をだすために歯科でホワイトニングを行っている人も多いのではないでしょうか?

私たちの歯は、しっかり歯磨きをしていても、加齢とともに着色して黄色くなってきてしまいます。

歯の健康を維持するためにはホワイトニングは必要なのか気になる人もいるでしょう。

また、ホワイトニングを行うことによる健康被害についても気になると思います。

〇歯が黄色くなっていく理由とは?

私たちの歯が年齢とともに黄色くなっていくのは、食べ物に含まれている色素が歯に沈着していってしまうためです。

また、私たちの歯の表面はエナメル質と半透明で灰発色で半透明の層に覆われており、その内部に象牙質といわれる歯を支えている層があります。

象牙質はもともと黄色みがかった色をしており、加齢とともに色が強くなるため、透けて歯が黄色く見えるようになります。

さらに、老化や歯磨き、虫歯などでエナメル質が薄くなることでも、象牙質の色が際立つようになります。

このように、歯が黄色く見えるようになっていくのは、歯磨きをしていても誰にもでも起きることなのです。

また、歯が黄色くなるのは加齢による物だけでなく、歯石、虫歯などによっても歯は黄色くなり、手入れが不十分だと歯は黄ばみやすくなるのです。

綺麗な白い歯を保つためにはホワイトニングを行うこともよいですが、毎日のお手入れも重要になってくるわけです。

〇ホワイトニングは必要なの?

ホワイトニングは、着色汚れを分解して歯本来の白色にするとともに、元からある歯の中に含まれている色素を分解することで歯を綺麗にしています。

歯が黄色くなると、見た目が悪くなったと感じる人も多いですが、歯が黄色いからと言って口腔内の環境が悪いというわけではありません。

口腔内の環境が悪くなる主な原因は口内細菌によるもので、歯が黄色くなっていても歯をきちっちり磨いて、口腔ケアを行っていれば、虫歯や歯周病を予防することは可能です。

このように、歯の色は歯科疾患の原因にならないため、ホワイトニングは保険適用外であり、治療する場合にはすべて実費での負担が必要になります。

また、歯が黄色いと口臭がきついのではないかと思ってしまいますが、歯が黄色いから口臭がきついというわけではありません。

口臭が強く歯が黄ばんでいる人をホワイトニングしても、原因が改善されない場合には歯は白くなりますが、口臭が強いままです。

ただ、着色の原因となるたばこやコーヒーなどの口臭の原因となりやすく、黄ばみの原因となる歯磨きの不足なども口臭の原因となるため、歯が黄色い人は口臭が強い傾向にあることは確かです。

ホワイトニングは、虫歯や歯周病、口臭の予防ではないので必ずしも必要というわけではありませんが、相手に与える印象の違いがあります。

ホワイトニングは見た目のために行われるため、口を開けた時に見える前にある数本の歯のみ行う場合も多いです。

歯科で行うホワイトニングは、歯の本数で価格が変わるので、見える歯のみ行えば安く仕上げることができます。

〇ホワイトニングには危険性はあるの?

ホワイトニングは歯の中の色素を分解して、色を白くしており、「分解」ときくと歯にダメージがないのか心配になってくる人もいるでしょう。

現在日本で一般的に行われるホワイトニングは、歯を溶かさないことがわかっており、ホワイトニングによる歯を痛める心配はありません。

ただし、歯のエナメル質が薄いと薬剤が仲間で浸透して神経を刺激し、知覚過敏のように痛みが出る場合があります。

また、日本で認可されていないホワイトニングや、特殊なホワイトニングを行う場合には、歯にダメージが出てしまう可能性があります。

また、ホワイトニングを行う場合ためには、虫歯や歯周病といった歯の病気を治す必要性があります。

これは、ホワイトニング中に虫歯や歯周病が進んでしまう場合があることや、ホワイトニングの薬剤が歯にしみてしまうことがあるためです。

そのため、ホワイトニングをした後は歯科治療も行っているので、虫歯もなく歯が綺麗な状態になっているのが一般的です。

歯の黄ばみが気になるという人はこの際に、虫歯や歯周病の治療も一緒に進めみるのもよいかもしれませんね。

ホワイトニングをして歯を綺麗にしませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク