胃がんの発見のために行われるバリウム検査の問題点とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃がんの早期発見のために行われるバリウム検査(胃部レントゲン検査)、不味くて嫌いという人も多いのではないでしょうか?

特に集団でおこなわれる健康診断で行われる胃がんの検診として、バリウム検査が行われれることが多いです。

これは、同じく胃がんの早期発見に利用される内視鏡検査に比べて検査にかける時間が少なく、患者や医師の負担が少ないために選択されます。

しかし、バリウム検査にはデメリットも多くありますので、私としては内視鏡検査を受けることをお勧めします。

バリウム検査には一体どんなデメリットがあるのでしょうか?

〇バリウムの精度は内視鏡よりも低い

バリウム検査は、内視鏡に比べて手軽に行えるというメリットがありますが、検査費用でいうとバリウム検査も内視鏡検査もそれほど大きな開きはありません。

病院に受診して検査を受ける場合には、胃内視鏡検査の方がバリウム検査よりも安いという場合もあります。

また、近年では内視鏡のサイズが小さくてなってきており、患者の負担も少なくバリウムよりも楽という意見も多いです。

そして、なんといっても胃内視鏡検査ので、胃がんの発見率はバリウムと比べて3倍高いといわれています。

このように、胃がんの早期の発見を目的に行う場合は、内視鏡をおこなった方が早期発見につながる可能性が高くメリットも大きいです。

また、バリウム検査で胃に異常が見つかった場合には、ガンであるか調べるために胃内視鏡を入れて、病変を一部採取して病理検査を行う必要性がある場合が多いです。

つまり、バリウム検査で異常が見つかった場合には、結局のところ胃内視鏡を飲まないといけないという事です。

会社などが負担してくれる検査ではバリウムで行われることが多いですが、自分で気になって検査をするという場合には、バリウム検査よりも初めから内視鏡検査を行った方が良いと思います。

私ならバリウム検査は受けずに内視鏡を選びますし、会社で行われる集団健康診断でも基本的に断ります。

ちなみに、バリウム検査は健康診断で必須項目ではありませんので、便気味、アレルギー体質である、精神的に恐怖心があるなどの理由を言えば断れる場合があります。

その後、会社と揉める可能性もありますので、断る場合には十分に注意してください。

〇バリウムが体に悪い

バリウム検査に使用されている硝酸バリウムは胃酸にほとんど溶けることがないため、服用しても大きな問題にはなりませんが、絶対に安全という物でもありません。

硝酸バリウムがそのまま便と一緒に排出されれば問題ありませんが、腸に残ってしまうことが稀にあり、腸にバリウムが残ってしまうと腸閉塞や腸に穴が開いて緊急手術が必要になります。

また、硝酸バリウムが原因によるアナフィラキシーショックを起こしてしまうこともあり、バリウム検査が原因の死亡例もあります。

もちろん、これらの健康被害が発生する可能性は低いため、多くの場合は問題ありませんが、少し気になるところです。

ちなみに、内視鏡検査ではショック死を起こすことが稀にありますので、内視鏡検査なら絶対に安全であるというわけではありません。

どちらの検査も絶対に安全というわけではありませんが、私なら精度が高くして信頼できる内視鏡を選びます。

また、近年は胃がんはの原因はほぼピロリ菌といわれており、ピロリ菌の早期発見が大切だとされています。

ピロリ菌がいなければ、胃がんの発症は非常に低くバリウム検査を受けるよりも先に、ピロリ菌検査を受けた方が良いといわれます。

〇放射線の被ばく量が高い

バリウム検査では、いろいろな角度から胃を移すために、レントゲン撮影に2~3分ほどかかることが知られています。

それだけの時間X線を照射され続けてしますので、一般的なレントゲン撮影の放射線の被ばく量が多くなってしまいます。

多くの人がうけたことがあると思われる胸部レントゲンが約0.05ミリシーベルト被ばくするといわれるのに対して、バリウム検査(胃部レントゲン)では1~2ミリシーベルト被ばくするといわれ、単純に考えると20~40倍の被ばく量となります。

すぐに健康被害が出るような放射線量ではないとされていますが、他のレントゲン撮影に比べて被ばく量が多いのは気になるところです。

どれほどの影響はあるかは正確にわかっていませんが、多少はガンの発症率が高くなってしまうかもしれません。

多くのデメリットを上げましたが、バリウムで胃がんを発見をできた例も多くあり、胃がんは早期を発見をすることが大切です。

内視鏡検査やピロリ菌検査、バリウム検査などを受けて早期に胃がんを発見することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク