歯石は誰にでも発生する!虫歯と歯周病の原因になるわけ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは定期的に歯石の除去を行っているでしょうか?

きちんと歯を磨いているつもりでも、いつのまにか歯石ができているなんてこともあります。

歯石は、虫歯や歯周病の原因になるともいわれており、歯石ができた場合には素早い除去が必要だとされています。

どうして歯石があると虫歯や歯周病の原因になってしまうのでしょうか?

〇歯石は磨き残しがある証拠です

歯石は、歯垢に唾液に含まれているリン酸やカルシウムが沈着して石のように固くなってしまった物です。

歯垢が歯石になるまでには数日かかるので、歯石ができたしまったという事は歯ブラシでの磨き残しがあったという事です。

よく歯石が発生するという人は、歯磨きの磨き方が悪く歯垢が残っていることが多いためです。

歯石が残るという事は、歯周病菌や虫歯菌の除去がきちんとできない事が考えられるので、歯石がよくできるという人は虫歯の危険性が高いです。

歯磨きが綺麗に行えている人ほど、歯垢が残らないので歯石はできにくいです。

ただし、歯ブラシで歯垢を完全に取り除くことはほぼ不可能であり、どんなに歯磨きを丁寧に行っている人でも歯石がついてしまうことはあります。

そのため、定期的に歯科検診を行って、歯垢の除去と歯石を取り除くが推奨されています。

また、一度できてしまった歯石は歯ブラシでとるのはむずかしく、歯科でとってもらうしかありません。

口内を鏡で確認して歯石があるという人は、早めに除去することをお勧めします。

時間が経つほどに歯石は固くなり、歯石除去が大変になって痛みや出血を伴うことが多くなります。

〇歯石は細菌を繁殖させます

歯石は細菌の死骸やリン酸、カルシウムが固まった物で歯石自体には、歯を溶かしたり、歯肉に炎症を起こしたりする作用はありません。

しかし、歯石の表面にはおうとつがあり、細菌が付着して繁殖するには最適で、おうとつが細かいため歯ブラシの毛先では取り除くのが難しくなっています。

歯石ができた後に歯を丁寧に磨くようになっても、歯石があると虫歯や歯周病菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病を抑えることは難しくです。

歯石ができてしまった時には、歯科で除去してもらうしかありません。

歯石があれば丁寧に磨いていも、歯周病や虫歯になってしまう可能性は歯石が邪魔して磨き残しが増えてしまいます。

早い段階で除去できれば、虫歯や歯周病にならずに済み、歯石除去で出血や痛みをともなう危険性も少なくなります。

また、場所によっては鏡では見えない場所に歯石がある場合があります。

特に上あごの歯は歯石が確認できないため、下の歯に歯石が確認できなくても上の歯に歯石がついていることがあります。

歯の健康を保つためにも、早めの歯石除去を行うようにしましょう。

〇歯石ができるまでには個人差があります

歯石は誰にでも発生しますが、歯石ができるまでにかかる時間は個人差があります。

早い人では歯垢が付着してから、2日で歯石が形成されるといわれており、少しでも磨き忘れがあるとすぐに歯石ができます。

また、歯石が形成されるまでの時間が遅い人になると、2週間以上歯石ができるまでに時間がかかる場合があり、歯石がほとんどできない人もいます。

やはり歯石が早くできてしまう人ほど、歯科に受診する頻度を早めた方が安心です。

さらに、前もって歯石ができやすい場所を把握しておけば、その場所をしっかり磨くことで歯石の予防がより効果的になります。

歯石のできやすさは、歯並びが原因である場合も多く歯並びが悪いと磨き残しができやすく歯石が多くなる場合もあります。

歯並びは虫歯や歯周病、顎関節症などにも影響を与えますので、歯科矯正をすることで多くの歯科問題が解決されることがあります。

きちんと磨いているつもりなのに、よく磨き残しが指摘されるという人は、歯科矯正を考えてみるのも良いかもしれませんね。

大人から歯科矯正を始めた方が、顎の形が完全に形成されるので短くてすみます。

また、全部ではなく部分矯正をするだけでも、良い効果があるので少しだけ歯並びが気になる人は部分矯正を選んでもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク