健康に良いスポーツはテニス・バトミントン!死亡リスクを減少させる効果があった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康のためにスポーツを始めたいと思っていても、どんなスポーツを始めればよいのかわからないという人も多いでしょう。

できる限り健康に良いスポーツをしたいですよね。私もスポーツするなら楽しくて健康に良い影響を与えてくれるものが良いです。

そんな健康になりたい人におすすめのスポーツがテニスやバトミントン、スカッシュといったラケットを使用したスポーツです。

実は、これらのラケットを使用したスポーツは最も健康に良い影響を与えてくれるスポーツとして近年注目を集めています。

〇ラケットを使うスポーツが健康に良い!

ラケットを使用するスポーツは健康に良いましたが、私がなんとなく健康に良さそうだから言っているわけではありません。

英国のオクスフォード大学が、平均52歳の8万306人を平均9年間追跡調査したところ、ラケットを使用した競技で最も死亡リスクが低いことがわかりました。

運動をしない人と比べた場合には、全死亡リスクが47%減したと発表されており、ラケットを使用した競技を行うと、大幅に死亡リスクが減少したことがわかります。

また、その調査によると心血管疾患による死亡は56%減と、心臓の病気を予防する効果も高いといわれます。

そのため、健康のためにスポーツを始めたいと考えている人には、死亡リスクが最も減少するといわれているテニスやバトミントン、スカッシュがお勧めです。

このようにラケットスポーツが健康に良いとされるのは、運動強度が高すぎないことや、足と手の両方を使用する全身スポーツであることがあげられるでしょう。

ラケットスポーツの次に良いとされるのが水泳で、水泳の次にエアロビクスが死亡リスクを抑えるスポーツとして知られます。

どのスポーツを見ても、運動強度は高すぎず、体を全身使うスポーツとなっています。

運動強度が高いほど健康に良いと思われがちですが、運動強度はそれなりあり、全身つかうのが最も健康に良い運動というわけです。

〇健康に良い影響が少ないスポーツ

ラケットを使用したスポーツが健康に良い影響を与えることが知られるようになってきましたが、健康に良い影響が少ないスポーツもあります。

健康を増進させる運動してよく行われているランニングですが、実は運動強度が高すぎることもあり、足腰に負担を与え運動中の循環器疾患を陥る危険性が高いことも知られています。

また、ランニングは足の運動がメインで、上半身の負荷が少ない運動でもあります。

もちろん、ランニングには脂肪を燃焼させる、骨を強くし骨粗鬆症を予防するといった健康を増進する効果がありますが、激しい過ぎることが健康に悪影響を与えてしまうことがあるわけです。

特に日ごろ運動を行っていない人は、ランニングによる体の負担が大きくなりますのでウォーキングやジョギングなどの軽めの運動の方がお勧めです。

健康のために行うランニングが良くないというわけではありませんが、足や腰、体の負担になってしまうこともありますので、運動量は調節しましょう。

また、ランニングと同じような理由で運動強度の高いサッカーやラグビーも健康への良い影響が少ないスポーツであることが知られています。

しかし、運動をすること自体は筋力の衰えや骨粗鬆症の予防に効果的なので無理しない程度の運動を推奨されます。

最も健康に良い運動強度や、バランスを考えた運動となると手と足の両方を使うテニスやバトミントンとなるわけです。

運動強度の高いスポーツも楽しいですが、体の負担をかけすぎないように十分に注意してくださいね。

そのほかに、ゴルフは突然死の危険性が高いスポーツとして知られ、ショット中に興奮して脳血管障害などで倒れる人がいます。

スポーツを楽しむことは精神に良い影響を与えますが、興奮すると血圧が高くなるので高血圧の人は注意しましょう。

健康のためにスポーツを始めようと考えている人は、参考してみてください。もちろん、ゴルフや強度が高い運動も健康や精神に良い影響を側面も多くあります。

自分にあった運動をみつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク