予防医療の重要性をしっておこう!病気は発症する前から対処することが重要です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気になった時や怪我をした時には病院に行って治療しますが、健康の時はあまり病気の予防については気にしない人は多いです。

健康体だとどうしても自分は病気とは無縁、なんとなく大丈夫だろうと思ってしまいますが、病気は発症する前に予防することが大切です。

近年では病気になる前から病気を予防する、病気を早期発見する予防医療の重要性がさけばれています。

皆さんは病気を未然に防ぐようにしているだろうか?

予防医療の重要性について知っておきましょう。

〇予防医療が重要な理由

病気になって治療することも大事ではありますが、病気になる前に予防することは重要なことです。

ガンや循環器疾患、糖尿病などの生活習慣病は、生活習慣と深い関係にあり、発症してしまうと治療が難しく長期的な治療が必要で患者の体にも大きな負担となることが多いです。

ただ、これらの危険といわれる病気ですが、発症する前に予防したり、早期に発見したりすることができれば、大幅に病気の危険性を下げることができます。

もし発症したとしても、早期に発見できれば治療の期間も短く、治療による体の負担を少なくなるのです。

また、病気によって体力が低下したり、後遺症が残ってしまったりすると、社会に復帰するのにも苦労します。

医療は健康な人には関係がない事のように感じるかもしれませんが、健康体の人も重要で、健康体の人こそ予防医療が重要だと言えるでしょう。

今の状態のまま健康的で、長生きをするためには健康を維持するための予防医療の知識を見つけることが重要です。

実は、病気の多くの私たちの見えないところが徐々に進行するもので、健康体に見えてもすでに病魔が忍び寄っているという事は多いです。

また、健康体に見えても病気の原因になる細菌が体の中に潜んでいることもあります。

例えば、胃がんの発症するほとんどはピロリ菌が原因であるとされており、ピロリ菌を除去すれば多くの胃がんは未然に防ぐことができます。

ただし、ピロリ菌を持っている人の多くは自分がピロリ菌を持っていることに気づいておらず、予防できないとされています。

予防医療では、自分が今どんな状態にあって、どんな病気に注意する必要性があるのか知るためにも重要なのです。

〇予防医療の3段階を知ろう!

予防医療には一次予防、二次予防、三次予防の3つの段階があります。

まず、一次予防では健康の増進を図り病気になる前に未然に防ぐ予防医療になります。

二次予防は病気を早期に発見、早期治療し病気の進行を抑えて病気が重篤化しないようにする予防医療です。

続いて三次予防では、病気になったとしても増悪(悪化)を防止し、病気の回復や再発をしないようにする予防医療です。

このように、単に予防医療といっても病気を発症させないだけでなく、病気になった後の対応や、病気の再発なども含まれます。

もっとも良いのは、一次予防で病気を防げることですが、やはりすべての病気を発症前に防ぐのは難しいです。

また、予防医療では患者の意識も重要になります。医師がどんなに病気を予防する方法を伝えても、患者が実行に移さなければ予防医療は成り立ちません。

特に一次予防は病気を発症する前の予防なので、私たちの病気に対する意識が重要になっています。

あなたは、病気の危険性について意識できているでしょうか、自分は大丈夫となんとなく思っていませんか?

不安になる過ぎるのもよくありませんが、病気の正しい知識を持って予防に努めることが非常に重要です。

〇予防医療のために必要なこと!

予防医療で必要なのは日々の生活を習慣を気にすることです。

飲酒や喫煙、偏食、運動不足が病気を誘発することはよく知られており、これらを改善にすることも立派な予防医療といえます。

また、病気の早期の発見や、病気の原因を見つけるには人間ドックや健康診断などを受けて体を状態を探ることが重要です。

最近、健康診断を受けていないという人は、病院に受診して体の状態を診てもらうとよいでしょう。

さらに、病院に受診した際には健康などで気になることを医師に相談することもお勧めします。

日々の生活から病気のことを気にして、病気を発症しないようにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク