ガチャ依存症に注意!ガチャ依存してしまう理由とは?改善するためにはアカウントを消すしかない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホゲームのガチャが止めたいけど止められない、ガチャにお金を使って借金をしてしまう、ガチャでお金を使いすぎて公開する、欲しいカードが出るまでガチャを回し続けてしまう人はいませんか?

正式な病名ではありませんが、このようにガチャがやめらない人ことを、ガチャ依存と言います。

ガチャ依存は時間やお金の浪費、借金を家族に迷惑をかける、精神的に悪影響を与えてしまうなど、いろいろな影響があります。

ちょっとなら課金しても大丈夫という考えが危険です。どうしてガチャに依存してやめらなくなってしまうのでしょうか?

〇ガチャがやめられない理由とは?

ガチャを回すためにはお金がかかります。お金を使っているのでガチャを回す時にはドキドキ感があります。

このドキドキしているときには、私たちに脳内でドーパミンといわれる意欲や動機をつかさどる神経伝達物質が分泌されているためです。

そして、ガチャを回して自分が欲しいと物が当たるとうれしいですよね。当たるとうれしいと感じるのは誰でもあることで、私もガチャを回して欲しい物が当たるとうれしいです。

このうれしさを感じている時には、脳内でエンドルフィンといわれる神経伝達物質が分泌されるのです。

エンドルフィンは脳内麻薬といわれることもあり、痛みを抑える作用や、幸せな気分をもたらす作用があります。

このように、ガチャを回している時に出ているドーパミンもエンドルフィンも脳が心地よいと感じさせる物質です。

当たらないと悔しいですが、実は当たらなくてもガチャを回しているときにはドーパミンの影響で脳は興奮状態にあり、さらに当たればエンドルフィンの影響でさらに幸せな状態になっています。

二つの物質が脳を心地よい状態にさせるので、ガチャは回すと幸せな感覚が味わえてもう一度やりたくなるのです。

もう一度やりたくなるのは誰でもあることなのですが、最初は理性によって止めようと思えば、止めることできます。

しかし、お金に余裕もあるしもう一度だけと考えて回せば回すほど脳が快楽を記憶して、エスカレートするため止められなくなります。

〇ガチャ依存がある人は他に依存になりやすい

ガチャ依存の依存症もドーパミンやエンドルフィン、セロトニンなどの神経伝達物質が深くかかわっており、似たような構造で依存症になります。

そのため、すでにガチャ依存がある人は脳の構造が依存になりやすい構造になっていると考えられ、他の依存症になりやすいです。

また、依存症はうつ病や双極性障害との合併症になる場合も多く、依存症は精神的な悪影響を与えることが知られています。

まだ依存ではないけど依存になりそうと思っている人は、早めにガチャを回さないようにしましょう。

また、すでにガチャに依存してしまった人は、家族や周りに人を頼りガチャを止めることが大切です。

自分の力でやめられるような気がするかもしれませんが、依存の多くは歯止めが利かなくなっている状態なので、自分の意志だけで止めるのは難しい状態です。

自分だけで止めるのが難しいと感じた時には、周りの家族や友人に監視してもらうなど、周りの人の力が必要になってくるでしょう。

〇課金をやめるにはゲームをやめるしかない!?

ガチャ依存の人には、ゲームはやめずにガチャだけを止めたいと考える人も多いかもしれませんが、これは非常に難しいことです。

ゲームを続けるとどうしても、ガチャが目についてしまうのでガチャが回しくたくなってしまい、多くの場合は抑えられません。

また、スマホは常に持ち歩くのが一般的なので、どうしても家族の監視ができない時間が出てしまい、ゲームを続けると止める人がいないので誘惑に負けてガチャを引いてしまいます。

スマホでガチャ依存を止めることができた人の多くは、ゲームのアカウントを削除したり、他人に譲ったりして、物理的にゲームができなくなった人です。

ガチャ依存を克服したいと感じる人は、今までのお金がもったいないと思うかもしれませんが、アカウントを手放すのが良いです。

手放すのがもったいなく感じるかもしれませんが、これから依存によってゲームに槌谷安時間と費用のことを考えれば、もったいなくはありません。

自分で削除が難しいと考える場合には、家族や友人に削除を頼るのも良いでしょう。

私は友人などに勧められてスマホゲームをやることがありますが、課金したくなったらアカウントを削除するようにしています。

私自身も一度課金してしまうと依存してしまいそうなので、初めから課金をしないようにしており、消すのはもったいなく感じますが、消してしまえば数週間で忘れてしまいます。

ガチャは射幸性が高いため、依存症になりやすいものの一つです。まだやっていない人はやらない方がよく、依存になった人は早めに対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク