和食って健康に良いの?日本食が与えてくれる健康効果と悪影響を知っておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは日本食が好きですか?私は好きです。

日本食は日本で発展してきた料理なので、皆さんにとっても非常に親しみがある料理だと思います。

そんな日本料理ですが、最近ではヘルシーで健康的だということで、健康を気にして日本食を選ぶ人も多いのではないでしょうか?

日本食は健康に良いといわれますが、いったいどんなところが健康に良いといわれる理由なのでしょうか、日本食が健康に良い、また、健康に悪い面についても調べてみました。

〇血液がさらさらになって生活習慣病を予防する!

日本食の食材といわれて最初に思いだすものは魚ではないでしょうか。私も魚が好きです。

魚はお肉とは油の性質に違いがあり、DHAやEPAといわれる善玉コレステロールを多くし、血液をサラサラにしてくれるといわれてれる油が多く含まれています。

現代社会では、中性脂肪やコレステロール値が高いことが問題になっていることが多く、お肉中心の生活が原因の一つであるとされます。

特に、脂が多いお肉が好まれる傾向にありますが、油が多すぎるのが健康への悪影響になっていると考えられます。

中性脂肪やコレステロール値が高くなると問題になるのは、動脈硬化や高血圧を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中の引き金になることです。

中性脂肪やコレステロール値の上昇しても、不調を感じたりすることはあまりありませんが、少しずつ体を蝕んでいます。

健康診断で、血液がドロドロになっていると指摘された人は、日本食にすることで健康状態がよくなるかもしれませんよ。

日本人の寿命が長い理由の一つが、日本食を食べていることではないでしょうか。

〇発酵食品が多く食物繊維が豊富!

日本食はよく健康に良いといわれますが、発酵食品が多く、食物繊維が豊富なことが健康に良いといわれる理由の一つです。

まず、日本食の代表ともいわれる味噌汁は大豆を発酵させて作った物です。また日本食の朝食の定番である納豆も納豆菌によって大豆が発酵した食品です。

発酵食品は腸内環境をよくする効果があることが知られており、 免疫細胞も多く存在するので病気を予防する効果も期待できます。

実は日本食は食物繊維が多いです。現在の日本人が排出する1日の便の量は200gで、養殖を食べることが少なかった戦後の日本人量の便量は400gだった言われます。

この便の量の違いは、食物繊維の摂取量によるもので、日本食を食べることが少なくなっ他事で、食物繊維の摂取量が減少したといわれています。

また、食物繊維の摂取量が減少したことで、便秘を起こしやすくなり、腸内環境が悪化したといわれており、日本食は腸内環境をよくしてくれる効果があるのです。

〇味が濃くて塩分が多い

日本食の問題点としてよく言われるのが塩分の多さです。日本食の代表でもあり、健康に良いとされる味噌汁ですが、塩分が多いことも知られています。

また、日本でよく利用される調味料の醤油も塩分が多いですし、魚などの味付けとしても塩を使用することが多いです。

塩分が多いとおいしく感じるかもしれませんが、塩分が多すぎるのも健康への悪影響となってしまいます。

塩分が多いことでおきる体の不調としてよく知られているのは、高血圧です。

日本食はお肉の油が少ないというところを見ると高血圧を予防しますが、塩が多いというところでは、逆に高血圧の原因となります。

また、塩分が多いと塩分を排出しようとするために、トイレが近くなり、頻尿の原因になることもあります。

日本食を食べるのは良いことではありますが、塩分をとりすぎないように十分に注意しましょう。

最近では、減塩の物も多く販売されていますので、減塩の調味料を使うことで、健康への影響を抑えることができるでしょう。

〇食中毒の危険性が高い!

和食は素材そのものの味を楽しむというところから、魚は焼かずに生で食べることも多いです。私も生魚が好きでよく食べます。

しかし、生はどうしても寄生虫が付きやすく、ウイルスや細菌が殺菌できないため、食中毒を起こす危険性が高くなってしまうのです。

食中毒は栄養とは関係がありませんが、日本食が与える健康への悪影響といえるでしょう。

ただし、近年は衛生面が整えられ、寄生虫などが心配なものは、冷凍するなどして対処されており、それほど危険性が高いというわけではありません。

生食用ではないものは、食中毒の危険性が高くなりますので、生で食べる場合は生で食べられる魚を選びましょう。

また、加熱して食べる場合にも、しっかり中まで加熱することが大切です。加熱が不十分だと食中毒を起こす可能性があります。

このように日本食には、健康に良い面も悪い面もあります、両方理解することで良い健康を増進することができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク