胃のむかつきが起きる原因とは!?ストレスだけが原因では危険性が高い病気が隠れていることも!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べすぎた後や、ストレスを感じた時、なんとなく胃がむかつき、不快な症状があるという人はいませんか?

胃は食べ物を消化するために必要な大切な臓器です。ストレスの影響も受けやすいので胃の不快症状の多くはストレスが原因として考えてしまう人も多いです。

実は私も、胃に違和感があるときには、ストレスや食べすぎが原因だと自己判断してしまうことが多いです。

そんなストレスが原因だなと思われがちな胃のむかつきですが、ストレス以外にも胃に異常が出る原因はいろいろあります。

〇ストレスや食べすぎが原因になることは多い

胃のむかつきは病気でなくても起こる可能性があり、疲労やストレス、食べすぎによっておこることは誰にでもあります。

私も調子に乗って食べ過ぎたりすると、胃の不調が起こすことがあります。食べすぎが原因によっておこる胃のむかつきの場合は、食べすぎないように注意することや、消化酵素剤を服用するとよいでしょう。

また、ストレスによって発生する胃のむかつきは、胃酸の増加や、胃の収縮、胃酸の逆流によって発生します。

どちらの症状も一時的であればそれほど大きな問題とはなりませんが、頻繁に胃のむかつきが起きる場合や、長く続いている場合は他の病気も疑われるので心配です。

また、ストレスが原因で急性胃炎や逆流性食道炎になってしまうこともありますので、ストレスに原因があると思った場合でも、長く続く場合には病院に受診した方がよいです。

ほおっておくと胃潰瘍になってしまうこともありますし、ストレスが原因ではない場合もあります。

ストレスや食べすぎが原因だと思われる胃のむかつきであったとしても、安心しすぎるのは良くありません。気になる症状がある場合には、早めに病院に受診しましょう。

〇長期的な胃のむかつきには注意しよう!

一時的な胃のむかつきであれば、健康に大きな問題がない場合も多いですが、慢性的な痛みが出る場合には、胃に大きな問題が出ている場合があります。

よく知られる胃のむかつきを起こす病気としては、胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などがあります。

ほおっておくと症状が強くなりますので、強い痛みがある場合や、長期的に続く痛みには早めに病院に受診した方がよいでしょう。

また、出血がある胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合には、便の色が黒くなりますので、便の色が黒く変色している場合も早めに病院に受診した方がよいです。

これらの症状は、ストレスや薬などによっても発生しますが、ヘリコバクター・ピロリといわれる細菌が原因になりやすいことが知られています。

胃がんの原因になることもでも知られており、ピロリ菌がいる時間が長いほど健康に悪影響となりますので、健康のことを考えるとヘリコバクター・ピロリに感染していないか早めに調べた方がよいでしょう。

胃の不快症状がある場合には、ピロリ菌が感染していないか一緒に調べることをお勧めします。

ピロリ菌がいなくなることで症状が改善する場合も多く、これらの胃の症状を予防することもできます。

胃がんにはなりたくないですよね。症状がある時に受診してはやめに対峙しておけば胃がんのリスクを大きく減少させることができますよ。

〇胃がんや狭心症など危険な病気の可能性も!

胃のむかつきの恐ろしさは、胃がんや狭心症などの病気が隠されている場合があることです。

胃のむかつきなので、胃がんが隠されている可能性があることは多くの人が連想できると思いますが、胃と心臓の位置は近いので、狭心症の痛みを胃の痛みと知覚してしまう事があります。

急に痛みが強くなって、数十分間痛みが続く場合や、痛みと同時に息苦しさを感じる場合などは胃ではなく心臓に原因があるのかもしれません。

また、心臓病では胸以外にも、左肩やのどに痛みが出る場合がありますので、胃の痛みと一緒にこれらの痛みが出る場合にも注意が必要だといえるでしょう。

そのほかに、全然関係ないように見えますが、虫垂炎(盲腸)になると胃の痛みが強くなることがあります。

ちょっと様子をしようとする人も多いですが、様子をすると発見の遅れにつながりますので、基本的には気になる症状がある場合には早めに病院に受診した方がよいですよ。

胃がんや狭心症などの危険性が高い病気であっても、早期に発見することができれば助かる可能性が高くなります。

〇原因が発見できない場合もあります

胃の症状なので胃を検査したら、問題が解決できそうな気がしますが、胃を検査しても胃炎はおきておらず、他の原因も特定ができないということがあります。

このように、検査しても問題がみつからないのに、慢性的な胃の症状がある状態のことを機能性ディスペプシアといいます。

実は、慢性的な胃の不快症状が起きている人の中には、機能性ディスペプシアに陥っている人は多く、ストレスやピロリ菌、喫煙、飲酒などが原因になっているのではないかといわれています。

機能性ディスペプシアが発生する原因にはよくわかっていないことも多いですが、治療によって症状が軽減できる場合があります。

慢性的な胃の不快症状に悩まされているという人は、一度病院に受診して診察してもらい、原因がどこから発生しているのか探ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク