猫が人に与えてくれる健康効果とは!?猫を飼育しているだけで人は幸せになれる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫ってかわいいですよね。見ているだけで癒されるので、私も猫が好きです。

家では飼育できないので飼ってはいませんが、外や友達の家などで猫を見かけると癒されます。

そんな、かわいい猫を家で飼育して一緒に暮らしている人も多いと思いますが、猫を飼うことは健康面にも良い影響を与えてくれているのです。

〇猫は精神を安定させストレスを解消してくれる

皆さんが猫に求めている物として最初にあげられるのは、猫の可愛さからくる癒しではないでしょうか?

私たちが猫を見ているときは、副交感神経が優位な状態になりリラックスしている状態です。

現代はストレス社会とも言われ、ストレスを解消することが大切な時代です。ストレスなどから自律神経が乱れて、うつ病などに発展することもあります。

猫は家にいるだけで、私たちに癒しを与えてくれて、ストレスを解消してくれるため、精神疾患の予防になります。

ただし、住宅環境や家族が嫌がる、金銭的な問題などから猫を飼育するのが難しいという人もいるでしょう。

猫を飼育することができないという人は、猫の写真を見ましょう。猫の写真を見ているだけでも幸せな気分になりますよ。

私も休日になると、猫の画像や動画を調べて癒されています。猫はストレスを解消するのに最高です。

〇生活習慣病を予防する効果もある!?

猫といえば癒しの効果が抜群ですが、猫はストレスを解消してくれるだけでなく、生活習慣病を予防してくれる動物でもあります。

私たちの死因の中でも脳血管障害や心臓病は、上位にあり毎年多くの人が脳と心臓病の病気によってなくなっていることは皆さんも知っていることでしょう。

これらの病気は生活習慣病ともいわれ、生活習慣が悪い人が発症しやすく、突然死を招くこともある恐ろしい病気となります。

そんな恐ろしい病気の脳血管障害と心臓病ですが、猫を飼育している人は発症する危険性が低下することがわかっています。

猫を飼育すると自律神経が安定します。自律神経が安定することで心拍数などが安定して体に良い影響を与えると考えらえます。

また、猫のために行動することが、多少なりとも運動になりますので、猫のために体を動かして健康になれるわけです。

猫はただ見ているだけでも幸せな気分になれるのですが、実は人の健康を増進する力もあったわけです。

ただし、猫を飼育する際には、できるだけ放し飼いはせずに、完全室内飼育をお勧めします。

〇猫は基本的に外に出さない方がよい!

猫には自由にのびのび暮らさせてあげたいと思うかもしれませんが、猫の飼育は室内で外には出さない方がよいです。

猫にとって外は非常に危険な場所です、ノミやダニなどに付着されて、ほかの猫と接触することで怪我や感染症をもらうこともあります。

外で育った猫は健康状態がよく見えるかもしれませんが、完全室内飼育の猫の方が外を出られる猫に比べて寿命が長くなりやすく、健康状態は良いです。

一見すると、良さそうに見える室内と外との移動ですが、基本的に猫にとっては危険性が増すだけです。

また、外に猫を出すのは猫だけの問題ではなく、人にとっても健康に悪影響を与えてしまう問題となります。

もとから室内飼育の猫は、野生の猫との接触が少ないので人にうつってしまう感染症のリスクが少ないですが、外に猫をだすと猫が病気を持って帰り、人にうつしてしまうこともあります。

感染症の中には、人に感染した場合には非常に致死率が高いものもあり、人の健康を害する原因になってしまいます。

猫を外に出すのは、猫と人に対して健康に悪影響を与えてしまう可能性があります。

最初から室内飼育なら室内のみがテリトリーなので問題ありませんが、外に出してしまうとテリトリーが広がってしまい外に出られないことストレスになります。

雨の日や雨上がりなんかだと、濡れたり、風邪をひいたり、汚れたりするので外に出したくないですよね、外もテリトリーの猫にとっては出られないことはストレスなので、出さない日があるなら最初から室内のみの飼育にするのが猫のためになります。

猫が好きな人は、猫と一緒に暮らして健康を増進してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク