二度寝をすることは悪いこと?!でも二度寝にメリットがあった!二度寝の健康効果?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12901
皆さんはきちんと朝を起きているでしょうか?

目覚まし時計を鳴らして起きてもすぐに目を開けることは意外にむずかしい。

起きたとしても二度寝をしてしまう人も少ないだろう。

そんな私は二度寝をしてしまうことはあります。

二度寝には意外にも効果あります。

しかし、二度寝をするために準備が必要です。

スポンサーリンク

二度寝とはどういったものなのか

二度寝とは朝起きたにもかかわらず、もう一度寝てしまうことを言います。

二度寝をするためには、朝に一度おきてから、完全に目を覚ます前に、もう一度寝る必要性があります。

朝起きてから、10分から20分ぐらい目を開けた状態になると二度寝をするのが難しい状態になります。

二度寝は浅いレム睡眠ともいう状態の半起き状態で寝ることで起こすことができます。

考え方によっては二度寝をしようと思えば、この短時間しか時間がありません。

二度寝は時間との勝負になります。

二度寝に挑戦する人は起きてから、目を完全に覚ます前に寝ましょう。

二度寝を基本的には、してはいけない!

二度寝は基本的にしてはいけません。

その理由の一つは最初の起きる時間が出発時間を想定して起きていることが多いからです。

私たちが起きる時間は仕事や学校時間に行く時間を想定して作っています。

そのため、二度寝をすることにより、遅刻の原因になってしまいます。

遅刻しないために二度寝は控えましょう。

また、二度寝を頻繁にすることで二度寝が習慣になってしまいます。

二度寝をする人と二度寝をしない人は決まっています。

二度寝をする人は習慣的に二度寝をしている人が多いのが事実です。

二度寝が習慣化しないためにも二度寝は一度目から阻止したほうがいいでしょう。

二度寝をすることは時間をくってしまうため時間に追われ精神的につらくなることもあります。

そのため二度寝は基本的に避けたほうがいいでしょう。

でも二度寝はデメリットばかりではないのです。

二度寝の健康効果

二度寝をすることは体に良い影響も与えてくれます。

最初に起きてすぐに目を覚まそうとすると、体に負担を与えてしまいます。

それにくらべてもう二度寝をすれば、朝の眠りを整えることによって起きる時の身体的に負担を減らしてくれと言われています。

二度寝をすることによって起きやすくなっているわけなのです。

二度寝をするのは起きやすくするためだと思いましょう。

また、二度寝は心理的にとても気持ちの良いものになります。

一度目の睡眠は熟睡のため何もかんじませんが、二度寝を行うことによって、浅い眠りの状態につくため、半分おきている状態で眠りにつくことになります。

この浅い状態の眠りを感じている時の私たちはとても気持ちがいいです。

そのため二度寝をすることによって気持ちがよくなり、精神的にリラックスできる状態が作られるともいわれていて二度寝には効果があります。

二度寝にストレスを解消する効果もあります。

二度寝をすることによって、体からストレスを軽減する成分のコルチゾールが分泌されると言われています。

コルチゾールが分泌されることにより、ストレスが発散されてストレスを感じにくい体になると言われています。

そのため、二度寝をする人はストレスを感じにくくなり、気分よく学校や仕事に行くことができます。

二度寝をすることによって、起こされたから起きたという感覚になります。

私たちは最初寝た後に起こされた時より、二度目に寝たときに起こされたほうが起きやすいのです。

そのため、普通に起きてそのままの状態だと起こされた感覚になります。

それに対して、二度寝をして、数十分後に起きた場合はなんとか起きれた感覚にかわります。

起こされたより、自分で起きれたという感じのほうが気分がいいわけです。

二度寝にはこのような効果があったのです。

そのため時間をきちんと把握しており、自己管理が徹底しているなら、二度寝をしても良いという意見もあります。

きちんとしている性格で二度寝の時間を考慮しているなら、二度寝をしても良いでしょう。

こんな二度寝はいけません

二度寝はきちんと把握していればいいと言いましたが、二度寝のための時間を10分以上とってはいけません。

二度寝でもし起きられなかったときの恐怖があるため、二度寝の時間を念のために30分程度とっておくのはいいのですが、二度寝は10分以内に収めるつもりでいなくてはいけません。

二度寝は軽い睡眠であり、仮眠状態です。

この状態を10分以上続けたところで、深い眠りを行っているわけではありませんので意味があまりありません。

そして、長時間の二度寝を続けると浅い眠りから深い眠り変わう可能性がありますそうした場合も二度寝の意味がありませんので、二度寝は10分以内におさえるべきです。

二度寝は10分以内に済ませることで体に効果がありますので、遅刻には十分気を付けて、10分以内の二度寝で健康的な生活をしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク