夏は意外と太りやすい!気温の上昇で基礎代謝が低下して運動量も低下する!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると暑いのでちょっと動くだけでも疲れますし、大量に汗もかくのでエネルギーを多く消費しているような気がしますよね。

そのため、夏は痩せる季節、何もしなくてもエネルギーを消費する、疲れやすいのでしっかり栄養を補給するのが必要と考えてしまいがちです。

しかし、皆さんが思っているイメージとは逆に、夏は意外と太りやすく夏に太ってしまうという人は多いのです。

私も初秋になって体重を測ったら初夏の時よりも体重が増えていたことが、何度かあります。

大量に汗をかく夏なのにエネルギーを消費しないというのはどういう事なのでしょうか?

〇夏は体温を上昇させる必要がない!

体温や体の機能を維持するために何もしなくても消費されるエネルギーに基礎代謝があります。

この基礎代謝は、1日に消費するエネルギーの約60%を占めており、基礎代謝が低下すると太りやすくなります。

夏場は大量に汗をかいてだるいので基礎代謝が上がっていると勘違いしてしまいますが、逆で基礎代謝が落ちやすい季節です。

私たちは、エネルギーを消費して体温を約37度に常に保っていますが、夏場は外気の温度が高いため、わざわざエネルギーを消費して体温を上げる必要性なくなります。

また、汗が出ているのは体温の上昇を抑えるためなので、エネルギーを消費しているわけではありません。

運動をすると汗をかくので「汗=エネルギー消費」と考えてしまいますが、夏は基礎代謝が低いので痩せにくいです。

冬場は汗をかきにくいので痩せにくいと言われますが、冬場は外気の温度が低いため、体温を上昇する必要性があり、エネルギーを多く消費し気温的には痩せやすいです。

それでも、冬場に太ってしまうのは、体温を上昇させるために使用するエネルギーよりも、寒いので脂肪をつけるために、食事を多く取ってしまうためです。

夏場は基礎代謝が低いですが、熱さによってだるさを感じ、体力を回復させようとガッツリした物を食べる人が多いですが、太る原因となります。

実は、夏の暑さによってだるいだけなので、エネルギー不足ではないので無理に油物を食べる必要性はありません。

逆に、夏の暑さで消化器が弱っている場合も多いので、消化不良にならないように注意しましょう。

夏は何もしなくても痩せるから大丈夫と思っていると、気がついたら太るので注意してください。

夏場に痩せる人もいますが、これは夏バテで食べる量が少なくなることや、夏にレジャーやスポーツに出かけてエネルギーを消費しているのが理由として挙げられるでしょう。

〇夏は運動不足になりやすい!

夏はマリンスポーツや、レジャーなどに出かける人が増える一方で、夏の暑さから外に出かけて動くのを避ける人も増えます。

運動を避けるともちろんのことではありますが、消費エネルギー量が低下して太りやすくなってしまいます。

夏は暑いから外に出ない、何もしなくても痩せるから大丈夫と運動をしていない人も多いのではないでしょうか?

夏だから痩せるだろう大丈夫だろうという考えが、夏に太ってしまう原因になります。

スタミナのある物を食べて元気を出したい所ではありますが、あまり食べ過ぎないように注意しましょう。

また、夏も運動をすることが大切です、熱中症や脱水症状には注意しないといけませんが、すずしくなる夕方や、室内で出来る運動をすることが、健康のことを考えると大切になります。

さらに、運動不足になると、筋力が低下してより痩せにくく、太りやすい体質になってしまうので日頃から運動することが大切です。

夏は意外と太りやすい季節であることを理解して、体を動かすようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク