子どもの熱中症が危険な理由とは?子どもが熱中症にならないようにしっかり対策しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日が続くと子どもの熱中症の事が心配になりますよね。大人に比べて子どもの方が熱中症になる危険性が高いといわれています。

ついつい、自分を基準に考えてしまいますが、子どもが熱中症になる危険性が高い理由を知ることで、子どもが熱中症になるのを予防することにつながるはずです。

どうして子どもは大人に比べて熱中症になりやすいのでしょうか?実は子どもは大人とは感じている熱さの違いや、体のつくりなどから熱中症になりやすくなっているのです。

〇体温管理する力が大人に比べて未熟

熱中症は体温が高くなってしまうことによって発生するのですが、子どもは大人に比べて体温を調節する機能が未熟です。

得に体の小さい幼児は、体温を調節機能が弱く外の影響も受けやすいため、急激に体温が上昇してしまい暑い日に外で遊ばせたりすると熱中症で倒れてしまう危険性があります。

また、子どもは遊びに夢中になってしまうと、休憩や水分補給をとらないこともあるため、周りが気にして水分を与えることが重要になってきます。

小さい子どもは熱中症のことを知らないため、自分で熱中症であるか、どうかを判別することができません。

子どもが熱中症になると、疲れた、だるい、眠いといった症状をうったえます。

楽しく遊んでいたのに急に疲れた、だるい、眠いという場合には熱中症を疑い、体温が高くなりすぎていないか確かめましょう。

体温が高く熱中症の疑いがある場合には、涼しい場所で移動させ、氷嚢で体を冷やし早めに病院に受診してください。

同じ温度で大人にとっては少し熱いぐらいでも、子どもは急に体温が上昇してしまうことをしっておくことで、休憩をしっかりとらせる、日陰で遊ばせる、水分をしっかり摂らせる、体温が上がりすぎていないか確認するなどの対策がとれるでしょう。

〇体内の水分量が少ない!

子どもは大人に比べて新陳代謝が活発で、尿や汗から体外に排出される水分量が多いです。

さらに、子どもは大人よりも体が小さい事もあり、大人に比べて体に蓄えられている水分量が少なくなってします。

そのため、大人と同量の汗をかいていたとしても、失われている水分の割合が多くなるため、脱水状態が発生しやすいのです。

外で遊ばせる場合など、汗を大量にかいている場合には約10分おきに水分を取らせるなど、こまめの水分補給が非常に重要になってきます。

また、汗を大量にかくとナトリウムも失われてしまうため、大量に汗をかいた際にはナトリウムを含んだ飲み物を与えましょう。

〇大人よりも暑い中で子どもは生活している!?

大人も子ども暑さは同じであると考えてしまうかもしれませんが、大人が感じている熱さよりも子どもの方が熱いと言われます。

これは、地面からの熱の影響で、夏の暑い日にアスファルトやマンホール、砂などを触ると分かりますが、空気よりも地面の暑いです。

マンホールやアスファルトを直接触ってしまうと、熱さで火傷しまう事もあるぐらいです。危険なので直接触らないようにしましょう。

この地面の熱が空気に伝わるため、地面に近い場所ほど熱くなります。

こどもは身長が低いので地面に近い帯域で常に生活しているため、大人が感じている熱さよりも子どもは熱く感じています。

もちろんの事ながら、熱い場所で生活していれば、体温が上昇しやすいため外での生活は子どもの方が熱中症を発症しやすくなります。

子どもを外で遊ばせる場合には、地面の暑さや照り返し等を考慮して、暑い日は外で長時間の遊びは避けましょう。

また、ベビーカーなども日差し除けになっているように見えて、地面の熱から非常に高温になっていることがあります。

夏の暑い時には、ベビーカーの中でねむっているようであっても安心しないでください、体温が高くなりすぎていないか、汗をかきすぎていないかをしっかり確認してください。

子どもに、とって大人思っている以上に、夏の暑さには危険があります。子どもは大人よりも体温が上昇しやすく、熱中症になり易いということを頭においてしっかり対策をとっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク