希少糖と普通の糖は一体どんな違いがあるの?希少糖が健康に良いと言われる理由!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の勘違いかもしれませんが、希少糖が健康に良いとして注目を集めているような気がします。

希少糖は名前からもわかるかもしれませんが、自然に微量しか存在していない単糖類の事です。

私たちが一般的に摂取する糖分は、ブドウ糖や果糖などの単糖類や、ブトウ糖や果糖といった単糖が結合することに作られる多糖類になります。

なぜ同じ糖分なのに、希少糖の方が健康に良いと言われるのか気になりませんか?

〇希少糖とは一体どんな糖分なの?

ブドウ糖や果糖といった単糖が良く知られていますが、実は自然界にはこれら以外にも数多くの単糖が存在しており、量は少ないですが種類は希少糖の方が多いくらいです。

そんな希少糖の中でも研究がすすみ生産される量が多い事から希少糖と言えば、D-プシコースのことを指す場合も多いです。

また、希少糖である事はあまり知られていませんが、希少糖の中でも最も認知度が高いのはキシリトールでしょう。

キシリトールと言えば、虫歯の予防になることが知られており、砂糖のような甘味があることが知られています。

通常の糖分は虫歯の原因になりますが、キシリトールは甘いのに虫歯の予防になるわけです。すごいですよね。

このように、キシリトールは健康に良いことが広く一般的に認知されているような気がしますが、キシリトールと同じように、他の希少糖にも一般的な糖分とは性質が違い人体に対して、健康に良い影響を与える物が多いです。

そのため、希少糖は健康に良い糖分として注目を集めているわけです。

〇なぜ希少糖が健康に良いと言われるの?

希少糖が注目を集めている理由として、良く知られているのはそのカロリーの低さでしょう。

希少糖の種類によっても違いはありますが、D-プシコースはエネルギーとして利用できるのは砂糖の0.3%とほとんどカロリーがありません。

また、キシリトールは砂糖と同程度の甘味がありますが、砂糖よりも4割ほどカロリーが低いことが知られています。

そのため、食品に混ぜると甘味を感じる事が出来ますが、低カロリーで糖尿病や肥満、生活習慣病を予防する効果が期待できるという事です。

甘い物が好きだけでカロリーが気になるという人は多いですよね。私も甘い物が好きだけでカロリーが気になる人の一人なのですが、希少糖は使用すれば甘いけど太らないという夢のようなスイーツができるわけです。

同じように甘いのに、カロリーが低いというだけでも希少糖を選ぶ価値がありますよね。

ただ、希少糖の甘味の感じ方が砂糖とは違うため、他の希少糖の混ぜたり、砂糖の混ぜたりして味を調節する必要性があります。

そのため、希少糖が混ぜられている食品で合っても、普通に砂糖などが混ぜてあることがあります。

〇虫歯・糖尿病・骨粗鬆症・動脈硬化の予防になる!?

希少糖が健康に良いと言われるのは、カロリーが低く肥満を予防する効果があるためだけではありません。

例えば、私たちが最もよく知っているキシリトールは、虫歯菌の一部の代謝を阻害するため、酸の生産量が減り虫歯を予防する効果が期待できます。

また、キシリトールを与えたネズミの骨密度が上昇したという研究結果もあり、キシリトールを摂取すれば、骨粗鬆症を予防できるのではないかと期待されているのです。

希少糖は通常の糖類とインスリンとの反応を示さない物が多く、希少糖を混ぜることで血糖値を緩やかに上昇させ、インスリンの過剰放出を防ぐことができます。

インスリンは血糖値が上がり過ぎた時に分泌される人体にとって大切なホルモンではありますが、インスリンが放出されると血液中の糖分が脂肪に変えられやすくなり太り原因になります。

また、希少糖としてよく知られいるD-プシコースは動脈硬化になりにくくする作用が期待できることが知られています。

希少糖は種類のよって効果の違いがあり、抗酸化作用やガン細胞増殖抑制作用といった、老化やガンを予防する効果を期待されている希少糖もあるのです。

希少糖には、まだ研究が進んでおらず健康効果が分かっていない物も多くあり、健康長寿の糖分として注目される日も来るかもしれません。

健康になりたい、痩せたいという人は、希少糖を使うようにしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク