脂肪を燃焼するためには肩回りを動かして褐色脂肪細胞を活性化させましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どこに脂肪を溜めているのかというと、脂肪細胞といわれる細胞の中に貯蔵しているのです。

脂肪は脂肪を溜める性質がある細胞であるため、肥満の原因になるとして嫌われてしまう事も多いのですが、実は脂肪細胞には2種類がある事が分かっており、種類によって性質が全く違いいます。

一方が良く知られている脂肪をため込む性質がある白色脂肪細胞で、もう一方の褐色細胞は脂肪を白色脂肪細胞とは対照的に脂肪を燃焼する役割がある脂肪細胞です。

褐色脂肪細胞をうまく活用することができれば、脂肪の燃焼効率を高めて痩せやすい体を作ることができます!

〇健康に悪影響を与えてしまう白色脂肪細胞

白色脂肪細胞は、脂肪を溜めておく性質がある脂肪細胞で、年齢ともに増加する事が知られています。

一般的に思春期を過ぎると白色脂肪細胞の増加は抑えられるのですが、体に入ってくる脂肪が多くなると、さらに白色脂肪細胞が増えて脂肪を取り込みます、そのため、太っている人は標準体型の2倍の白色脂肪がある場合もあります。

エネルギーを溜めるために必要な細胞ではありますが、脂肪を蓄えた白色脂肪細胞は内臓や血管などに悪影響を与えてしまい、生活習慣病の原因になってしまう事が知られています。

皮下脂肪や内臓脂肪のどちらも、白色脂肪細胞ではありますが、内臓脂肪の方が内臓等に与える影響が大きいため問題視されます。

健康の事を考えた場合には、白色脂肪細胞に脂肪を蓄えさせないことが大切であり、運動をするなどの脂肪を燃焼させる事が大切です。

また、褐色脂肪細胞を活性化させることも白色脂肪細胞が脂肪をため込むのを抑制することができます、白色脂肪細胞とはどんな細胞なのでしょうか?

〇体温を維持するために存在する褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は生まれた赤ちゃんが冷たい外気に触れて体温を下がりすぎない役割があると考えられており、大人になって骨格筋が発達し体温が維持できるようになると数が減少することが知られています。

大人になると褐色脂肪細胞は減少しなくなる、少量で意味が無いといわれることもありましたが、近年では肩甲骨や背中には残っており、寒冷刺激などで活性化すると言われるようになってきました。

褐色脂肪細胞が活性化されると、体温が上昇し脂肪燃焼効率が上昇するため、白色脂肪細胞がため込んだ脂肪を燃やして体重が減少する事が出来ます。

また、体温の上昇は免疫力を上昇や、内臓の働きを活性化させるうえでも良い効果があるため、褐色脂肪細胞が活性化させるのは、体重を減らす以外にも良い効果があります。

私も、日頃から褐色脂肪細胞を活性化させるために、水泳に行ったりしています。褐色脂肪細胞を活性化させる方法を知っておきませんか?

〇褐色脂肪細胞を活性化させるにはどうすればよいの?

褐色脂肪細胞の主な目的は、体温が下がってしまった時に体温を維持するために脂肪を燃焼させる事です。

そのため、褐色脂肪細胞を感じるためには寒冷刺激を肩回りに与えることが良いとされて、冬場は外に出て散歩をする、夏場はちょっと冷たいプールに入るなどの、寒さを感じることが脂肪の燃焼効率を高めます。

また、お風呂の時に肩回りに温水と冷水を交互にかけるのも褐色脂肪細胞を刺激して、脂肪燃焼効率を高めるのに有効であるとされます。

さらに、温水と冷水を交互にかけると肩回りの血流が良くなりますので、肩こりを解消してくれる効果も多少は期待できるのでしょう。

ただし、冷たい水は心臓にもある程度の負担をかけますので、心臓が悪い人や高齢者は控えた方が良く、冷たすぎないように注意してください、少し冷たいなと感じるくらいで問題ありません。

肩回りは心臓に近いので、心配だという人は、手を冷やしたり、温めたりすることでも多少の効果が期待できるでしょう。

さらに、肩回りのストレッチをするのも褐色脂肪細胞を活性化するのに役立つとされており、肩を回す、肩甲骨を動かす、腕立て伏せをするなど、肩回りの筋肉を日頃から動かすことで多少の脂肪燃焼を期待できます。

日頃から、肩回りの筋肉のほぐれていない人は、脂肪の燃焼効率が下がっていますし、肩の筋肉が動かさないと肩こりも原因にもなります。

健康的な体を維持するためには、肩回りの筋肉、肩甲骨を動かす事が重要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク