今では間違いといわれる風邪の対処方法!間違うと免疫力を低下させて体力を奪う!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引いた時にはどのような対処を行っているでしょうか?

昔は一般的に言われていたけど、今は訂正されている風邪の間違った対処方法があります。

間違った対処をすると、体力を消耗させたり、免疫力が低下してしまい、風邪を治りを悪くしてしまう事もありますので注意が必要です。

昔は良く行われていた、間違った風邪の対処方法の一部を紹介したいと思います。

〇風邪をひいても無理に汗は欠かせない方が良い!

風邪をひいたらしっかり汗をかくことで、早く治すことができるといわれることがありましたが、無理に汗をかくのは良くありません。

風邪をひくと体温が上昇するので自然と汗をかくものです、さらに汗をかかせるために、暖房を入れたり、厚着をさせたり、布団をかぶせたりしてより汗をかかせて風邪を撃退する事が良く行われてきました。

しかし、あまり汗をかくと脱水状態にもなりますし、汗をかき過ぎると体力を消耗しますので、結果的に病気に対しての抵抗力が低下する場合もあります。

風邪薬や、発熱によって自然に汗をかくのは仕方がありませんが、さらに周りを熱くして汗をかかせてはいけません。

体の熱が逃げなくなり、体温が上がりすぎてしまう危険性もあります、体温の上昇は病原体に対する免疫反応の一種ですが、あまり高すぎても体にとっては悪影響となります。

また、このように大量に汗をかかせると、汗が蒸発する際に体温が下がってしまうため、逆に体温が下がり過ぎてしまう事もあります。

大量に汗をかいてしまっている時には、しっかり水分を飲ませて、汗を拭きとる事が大切になります。

さらに、風邪を引いた時にはお風呂に入らない方が良いといわれますが、悪寒(さむけ)が強い場合は避けた方が良いですが、入っても問題はありません。

ただし、お風呂に入る場合には、お風呂上りに体が冷めないよう注意してくださいね。

風邪をひいている人が寒いと感じるなら熱くした方が良いですし、厚いと感じるなら厚着を指せない方が良いです、体調をみながら周りの温度を調節しましょう。

〇風邪は人にうつしても広がるだけ

風邪は人にうつすと治るといわれる事もありますが、これは分かっている人も多いと思いますが、間違った知識です。

そもそも、ウイルスや細菌がすべてがまとまりで行動しているわけではなく、体で増えた病原体の一部が咳や唾と一緒に体外に排出されているだけです。

他人に風邪の症状が出た頃に、おさまるのは感染してから症状が出るまでの潜伏期間があり、潜伏期間中に風邪の症状が改善しているためです。

人に感染させても、感染させなくても症状は改善するので、ただ他の人に感染拡大させただけでしかありません。

また、他の人に感染させる事で、さらに他の人に感染を広げていってしまうため、できる限り風邪は他人にうつさないよう方が良いのです。

風邪をひいたという自覚がある場合には、マスクをする、部屋の換気をして空気を入れ替えて感染を予防する、できるだけ人と接触しないなど注意をしましょう。

人に風邪をうつした所で何も良い事はありません、ただ迷惑をかけてしまっているだけです。

私も人にうつしてしまって迷惑をかけたことがあります、風邪を引いた時には周りにうつさないように一緒に頑張っていきましょう!

〇風邪の多くは室内で感染する!

冬場に寒い外で長時間遊ぶと風邪を引くといわれることがありますが、これは体温の高さに免疫力と関係があるため、体温が下がると病原体の抵抗力が下がって風邪を引きやすくなるためです。

このように、寒さが風邪の引きやすさに関係ある事が知られていますが、実は言うと外の空気中は病原体が少なく、病原体は外でもらっているのではなく、室内で感染している事が知られています。

室内は、人が多いので病原体が空気中に多く、手すり等の人が触れる場所にも病原体が付着している場合があります。

そのため、外で風邪を引いたのではなく、寒い場所で免疫力が低下した状態で、室内の病原体と接触することで風邪を引いていたのです。

風邪を予防するためには、室内の空気を入れ替えることが大切です、外の寒い空気を入れると一見すると風邪を引きそうな気がしますが、外の空気は病原体が少ないので風邪を予防するためには換気が重要です。

冬場は、寒いかもしれませんが1時間に数分でも良いので換気をすると風邪を予防する効果が期待できます。

また、ドアノブや手すり等は病原体が付着しやすいので、触った後に顔などを触らないようにしましょう。

風邪に対して間違った知識を持っていませんでしたか、昔ながらの知識は今では間違っていることも多くあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク