1日に30品目も食べる必要性は無い!?30品も食べると栄養過多になってしまう可能性がある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バランスの摂れた食生活をするためには、 多くの種類の食品を食べる事が大切だとされます。

「1日に30品目食べよう」という標語を聞いたことがある人も多いのではではないでしょうか?

私も小学生の時に先生に1日に30品目食べると健康に良いといわれましたが、そんなに食べるのは難しいと思っていました。

学校の給食が10品目もないので、実現しようとすると夕食がすごいことになります。

実際に1日に30品目を目安にした食生活を行っている人がいると思いますが、近年では1日に30品目食べるように言われなくなってきています。

この1日30品目食べようという標語ですが、1985年に厚生省が提唱し、2000年には削除されているのです。

25年も言われていた事もあり、現在でもこの言葉を目標にした食生活をしている人や、削除された事を知らない人も多いのだろうと思います。

健康を推進するために言われてきた1日に30品目が言われなくなったのでしょうか?

〇30品目も食べると太る!?

1日に30品目食べるように言われた理由は、たくさんの種類の食品を食べる事で、いろいろな栄養素を補い栄養バランスがとれる事や、偏食を避けることで発がん性物質の蓄積を避けて、ガンのリスクを分散するために考えられ標語です。

もちろんの事ながら、健康の事を考えて作れた標語なのですが、1日に30品目を実践している人は、実践していない人に比べてエネルギーの摂取量が多い事がわかってきました。

1日に30品目も食べると、少量ずつ食べたとしても、どうしても食べる量は多くなってしまうのです。

食べる量が多くなると、脂質やタンパク質、糖質などの摂取量が多くなり、結果的に栄養素の摂りすぎによる健康への悪影響が出てしまう事が心配されます。

また、30品目もあると少量ずつしか食べられないので買った食品が余って捨ててしまう事もあるでしょうし、作り置きするのも良いですが、夏場だと食中毒が心配になります。

栄養バランスを考えて多くの食品を摂取する事は大切ではありますが、30品目も作ると栄養過剰になる危険性が高いのです。

1日に30品目を食べている人は、食べすぎていないでしょうか、食べ過ぎも健康に悪影響を与える原因の一つです。

バランスの摂れた食事を行う事は大切ではありますが、品目を多くし過ぎて食べ過ぎないように注意してください。

30品目は食べ過ぎになってしまう事が多いので、もう少し品目数を抑えることをおすすめします。

〇30品目食べなくても偏食には注意!

30品目を食べる目安がなくなったといっても、栄養バランスを考えた食事をする事が重要であることは変わりありません。

現在では、品目数ではなく、肉類、豆類、魚介類、野菜、キノコ類などを摂取して、栄養バランスを捕れた食品を摂取する事が重要だといわれています。

また、野菜は淡色野菜と緑黄色野菜の両方を摂取するように心がけることが大切です。

毎日のように同じ物を食べたり、お肉やご飯ばかり食べたりしていないのでしょうか、偏った食事は動脈硬化や、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の原因になり、健康への悪影響を与えるといわれています。

特にお肉類や、炭水化物の摂取量が多く、野菜やキノコ、魚介類の摂取量が少ないといわれています。

どうしても、食べ応えのあるお肉類やご飯等を多く取ってしまいがちですが、肉やご飯は糖質や脂質が多いため、中性脂肪やコレステロールを上げてしまう原因になります。

最近では、お肉は脂乗りが良い物が人気ですが、健康の事をタンパク質が多く含まれている赤身肉がおすすめです。

また、健康のためには、食生活を気を付けるだけでなく運動する事も大切です、運動はエネルギーを消費するだけで無く、筋肉や骨を作るためにも重要な働きがあり、精神的にも良い影響を与えます。

1日に30品目を食べようと言われなくなりましたが、食のバランスを考えて食事をするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク