日焼け止めクリームのSPFとPAって何を防いでくれているの?日傘をさしても日焼け止めクリームは塗った方が良い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると日が強くなるので、紫外線が怖くなってきてますよね、私も夏になると紫外線で肌が赤くなり気分を害されます。

そんな夏の紫外線から肌を守ってくれるのが、日焼け止めクリームですが日焼け止めクリームに表記してあるSPFやPAが一体何なのか気になりませんか?

何となく数字が大きい物や、+が多い物が紫外線の対策には良さそうと思っている人が多いでしょう、もちろんその通りなのですが、一体なんの目安なのか知っておきたくはありませんか?

SPFとPAの違いを知る前に、紫外線に種類があることを知っておきましょう。

〇紫外線は波長によって肌に与える影響が違う!

日光の中で肌に最も影響を与える物として知られる紫外線は、波長の違いからUVAとUVBに分けることができる事が知られています。

※光は波のように進んでいます、その波の大きさの事を波長といい、波長によって光の性質は異なります。

ちなみに、UVCという非常に肌の刺激が強い紫外線もありますが、こちらはオゾン層が防ぐためほとんど地上に来ません。

地上に降り注ぐ紫外線の95%がUVAであり、UVAは肌の奥まで届き、コラーゲンなどを破壊し弾力を失わせ、シワを増やす原因になるといわれます。

残りの5%がUVBで、UVBは肌の奥まで届きにくいですが皮膚表面に影響を与えるため、シミやソバカスの原因になる紫外線です。

このように、同じ紫外線で合っても肌に与える影響には違いがあり、肌の影響を考えるとどちらの紫外線も防ぐことが必要になってくるのです。

そんな、波長の違う2種類の紫外線を防ぐ指標となるのが、SPFとPAなのです。

〇SPFとPAの違いとは?

SPFはUVBをどれだけ防げるかの指標であり数字が大きくなるほど、UVBを防げる能力は大きくなります。

一般的に屋外での軽いレジャーがSPF30、炎天下でのレジャーがSPF50と言われ、日にどれだけ浴びるかで選びましょう。

もちろん、あまり日を浴びなくてもSPF50を選んでも良いですが、紫外線を防ぐ成分が多くなり肌の刺激が強くなり易いので、使用してみて肌に合わなければ下げましょう。

また、「SPF50+」が最大の評価になりますので、こちらを探してみるのも良いでしょう。

対してPAはUVAを防ぐ指標であり、「+」が多くなるほどUBAを防ぐ効果が大きくなります。

こちらは、軽いレジャーにはPA+++を、炎天下ではPA++++を基準に選ぶと良いでしょう。

また、肌の合う・合わない、日焼けのしやすさ等をみて調整しましょう、個人的には最初から強めの物を選んでおくと安心です。

塗り方にムラが合ったり、薄かったりすると効果が薄くなることがありますので、注意が必要です。

また、夏になるとマリンスポーツで遊ぶ事も多くなると思います、そういった人は水の強さも見ておくことが大切です。

SPFやPAが強くてもすぐに水に流されてしまっては効果があまりありません。

また、水に強いと汗に流されにくい事が予想されるので、海に入らなくても水に強い物を選ぶとのはお勧めです。

〇日傘では紫外線を防ぎきる事は出来ない?

太陽の光は上から来るので、日傘で上からの光を防げば紫外線の影響は無くなると考える人もいるかもしれませんが、紫外線はアスファルトなどにあたると反射するため、実は下からも紫外線は当たっているのです。

もちろん、日傘によって上から紫外線を防ぐことで、影響は少なくなるので日焼け予防のために日傘を持つ事は有効です。

ただし、日傘を持っていても日焼けはするので、長時間外に出る時には、日傘だけでなく日焼け止めクリームを塗る、長袖にするなどの対策がすると良いでしょう。

また、日傘の色は黒にするのが効果的です、黒は光を吸収作用が強いため上からの紫外線を通しにくく、照り返しなどの光も吸収します。

白の日傘は上からの光は反射してくれるので効果的ですが、下からの光は反射して肌にあたってしまうので、日焼けの事を考えると黒の方が効果的です。

さらに、傘の記事が厚い方が、光の吸収力や反射力が高いため、生地が厚い物を選ぶと良いでしょう。

同じように見えても、日傘の色で紫外線から受ける影響は変化していたのです。

もちろん、私も日傘の色は黒色です、日焼けすると肌が痛くなったりするのできるだけ防ぎたいですよね。

〇肌の色で紫外線に対しての影響が変わる!?

皆さんは日焼けする前の肌の色のどんな感じでしょうか?

日焼けする前の肌は明るい肌色をしている人もいれば、日焼けしていなくても少し肌の褐色になっている人もいるでしょう。

この日焼けする前の肌の色が、紫外線の影響を受けやすさと関係があり、肌の色が白い人ほど紫外線から受ける影響が大きい事がわかっています。

そのため、元の肌の色が明るい人はシワになり易い事が知られており、特に日焼け止めなどで注意した方が良いです。

肌は白い方が良いといわれたりしますが、元から褐色の方が日光の影響は受けにくくハリやキメを維持しやすいのです。

紫外線に弱い人は、日を浴びると赤くなり時間が経っても黒くなりにくいです、比較的紫外線に強い人は少し赤くなることはありますが、その後に肌の色が黒くなります。

誰でも日光を浴びた経験があると思いますが、日を浴びて色は肌が赤くなって痛くなった経験がある人は、外に出る時にはしっかり日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

夏になると紫外線がきつくなっていますので、しっかり紫外線対策して夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク