脱水症状が起きた時に水を飲むと症状が悪化することがある!?正しい水分補給方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏は暑くて大量に汗をかいて体の水分が失われるため、脱水症状を起こさないように水をこまめに飲むように言われます、

私も脱水症状を起こさないように、汗をかいた時には水をこまめに飲むようにしていますが、皆さんもこまめに水分を飲んでいるでしょうか?

脱水症状を起こさないためには、こまめに水分を取ることが大切になってくるわけですが、いざ脱水症状を起こした時には、水で水分を補給するのは危険です。

脱水症状を起こした時に、水で水分補給をすることによる危険性について理解しておきませんか?

〇水で水分補給すると低ナトリウム血症になる

熱中症などの症状で倒れた時には、水を飲ませることで脱水状態を回復させ、熱中症の症状を回復させようとすることがあります。

軽い脱水状態であれば、水分補給をするだけで回復する事もありますが、基本的に脱水症状や、熱中症による体調不良の人に普通の水を飲ませてはいけません。

私たちの汗は、体内の水分が流れ出ているだけでなく、水分と一緒に体内のナトリウムも排出されています。

そのため、脱水症状の時に水を飲ませると血液が薄まって低ナトリウム血症を起こしてしまう危険性があります。

低ナトリウム血症になると、倦怠感や疲労感を感じ、症状が酷くなると精神錯乱、頭痛、吐気、痙攣、昏睡等の症状が出て、最悪の場合には死にいたる事もあります。

熱中症や脱水症状を起こしている時に飲むのは、水やスポーツドリンクではなく、経口補水液です。

〇熱中症には経口補水液を与えるようにしましょう

熱中症で倒れた場合には、汗などから水分とナトリウムが多く失われている事が予想できます。

できるだけ素早く水分を吸収させたいため、脱水状態を起こした際の水分の吸収効率を考えて作られた経口補水液を飲むのが良いでしょう。

もし手元に経口補水液がない場合には、水1Lに対して、塩3g、砂糖40g加えて混ぜることで作る事が出来ます。

経口補水液とスポーツドリンクの見た目は良くにいますが、スポーツドリンクも脱水症状を起こしている人にとってはナトリウム分が少ないです。

脱水症状を起こす前であれば、スポーツドリンクによる水分補給が良いですが、脱水症状が起きている場合には、経口補水液を選びましょう。

脱水状態によってかわりますが、スポーツドリンクを与えることでも低ナトリウム血症を起こす事があり、特に小さい子どもほど危険です。

経口補水液は脱水症状を目的とした飲み物なので、十数本も備蓄しておく必要性はありませんが、脱水症状を起こしやすい夏は数本用意しておくと安心です。

私も万が一脱水症状を起こしてしまった時のために、家には経口補水液が用意してあります、脱水症状を起こした時に、素早く対処できれば症状の悪化を防ぐことができます。

〇常に経口補水液を飲む必要性は無い

経口補水液は脱水症状を起こした時に、体内にスムーズな水分とナトリウム分の補給に適している飲み物です。

一般的なスポーツドリンクと比較して、糖分は少なく、ナトリウムが多いのが特徴であり、脱水症状を起こしていない時の、水分補給に関して言えばスポーツドリンクの方が適しているといえます。

経口補水液はナトリウム分が多すぎるので、常用するとナトリウム過剰摂取になり、トイレが近くなったりするので、スポーツドリンクしましょう。

軽い運動であれば水、1時間以上の運動や炎天下で汗をかきやすい運動ではスポーツドリンクで水分補給をするのが良いでしょう。

経口補水液はあくまでも、水分補給が足りずに熱中症や脱水症状で体調が悪くなった時に飲む物です。

また、熱中症の症状が重い場合には、経口補水液を飲んだり、体を冷やしたりしても熱中症の症状が回復しないことがあります。

自力で水分補給ができない、熱中症後に汗が止まる、痙攣をおこしている、激しい頭痛、嘔吐といった症状がある場合には、様子をみずに素早く病院に受診するようにしましょう。

また、必要であれば救急車を呼ぶことも大切です、熱中症は命に関わる事もありますので、症状が深刻であると予想される場合には、脇や手首、股下になどに氷等を当て冷やし、救急車を待ちましょう。

脱水症状が起きた時に、正しく水分が取れていますか、間違った水分補給は症状を悪化させることがあることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク