ちょっと汚いぐらいが健康に良い!?キレイにしすぎると病気になり易くなってしまう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を予防するためには、細菌やウイルスを体に近づけさせない事が重要で、家を綺麗することが大切だと言われます。

除菌スプレーやアルコール消毒液が常備してあり、備蓄もあるなんて家も多くなっている事でしょう。

現在では、清潔であることが重要であるといわれる事が多くなっているわけですが、私はあえて「ちょっと汚いぐらいが健康状態を良い」と言わせてもらいます。

ちょっと汚いからこそ得られる健康に対する効果を教えいたしましょう(汚すぎると健康に悪影響ですよ!)

〇キレイにしても完全に細菌を取り除けない!

除菌スプレーやアルコール除菌は、体や物に付着している細菌を死滅させるために利用し、衛生面を上げるのに役立っています。

また、風邪は細菌が人の体に侵入することで、行っていますので菌を死滅させて予防したい所でしょう。

しかし、細菌は私たちの至る所に存在しており、どんなに除菌や殺菌をしても完全に取り除くはできません。

また、細菌は物に付着しているだけで無く、私たちの皮膚にも多くの細菌が付着しており、私たちの皮膚にはおよそ1兆の常在菌が住み着いていると言われています。

このように、どんなに除菌や殺菌をしてもすべての細菌から逃れる事は出来ないわけです。

それでも、極力細菌を触れる量を減らせば、病気になりにくいような気がしますが、細菌はそもそもすべてが体に悪い物ではありません。

健康に良いといわれるヨーグルトに含まれる、乳酸菌も細菌の一種のであり、細菌はうまく利用すれば、健康状態をアップさせる事が出来ます。

つまり、ちょっと汚いぐらいが良いというのは、健康状態を良くするための、秘訣の一つと言えます。

汚さが与えるくれる健康への良い影響を知りましょう!

〇ちょっと汚いと免疫力が上がる!

私たちの体には、細菌やウイルスから体を守るための免疫力という物があり、少し細菌やウイルスが侵入しても免疫力が撃退する事が出来ます。

また、私たちの周りには多くの細菌が生活していますが、多くの細菌は人に対して強い毒性や、強い病原性を持っているわけではありません。

私たちの体に侵入して強い病原性を示す細菌はごく一部であり、日常的に私たちが触れる細菌の多くは少し体に入っても問題ないですし、むしろ体に入った方が良いと言えます。

病原性が低い細菌が体に侵入すれば、病気にはなりませんが、免疫細胞は働くため免疫力を高い状態に維持する事が出来ます。

免疫力が高く維持できていれば、もし病原性が高い細菌が体に侵入しても感染を防ぐことができる可能性が上がりますし、症状が重くなるのも防ぐことができます。

対して、常に清潔して細菌があまり触れる事が無ければ、たまたま病原性が強い細菌が入ってくると、免疫力が弱いので発症しやすく、症状も重くなり易いです。

除菌や殺菌を常にしておけば、病原性が強い細菌に触れる機会というのは少ないかもしれません。

しかし、完全に細菌を死滅させる事が出来ないため、どこで侵入してくるかわかりませんし、自分は予防していても周りの予防が不十分なために、細菌やウイルスを持ってこられる事もあります。

風邪が流行っている時にはしっかり対策を取ることも重要だと思いますが、日頃はある細菌と触れ合うことをおすすめします。

〇キレイにしすぎると細菌のバランスが悪くなる!?

皮膚に1兆の細菌が住み着いていると言いましたが、これらの細菌は私たちの皮膚で悪さをしているわけではありません。

体調が悪かったり、免疫力が低下したりすると悪影響を及ぼす事もあるのですが、基本的には皮膚の細菌のバランスを保ち、悪い細菌を寄せ付けないようにしています。

また、常在菌のバランスが取れている肌は、肌荒れを起こしにくく、保湿性も高いので美肌にも良い影響を与えます。

そんな、皮膚常在菌ですが体を洗ったり、アルコール殺菌をしたりすると、体に悪影響を与える細菌と一緒に、皮膚から剥がれ落ちたり、死滅したりしてしまいます。

もちろん、すべて剥がれ落ちたり、死滅したりするわけではありませんので、洗った後は自然に皮膚常在菌が増えて元の状態に戻ります。

しかし、アルコール除菌や手洗いの数が多くなってくると、皮膚常在菌が戻る前に洗い流されるため、常に皮膚常在菌が少ない状態になってしまいます。

そうなると、皮膚に悪影響を与える細菌にとっては逆に好都合となり、肌荒れの原因を作ってしまう事になります。

皮膚にとっては、常にキレイにした方がよさそうな気がしますが、細菌のバランスを考えると洗いすぎは良くなかったのです。

私たちの皮膚には、自分で皮膚の健康状態を保つ機能が備わっているようです。

1日に何度もお風呂に入ったり、洗顔をしたりすると、悪玉菌が増えて、体臭や肌荒れの原因になりますので、洗いすぎには注意しましょう。

また、ゴシゴシ洗うのも肌を気付けて体臭の原因になります。

健康的な生活を維持するためには、意外にも洗いすぎない事も重要だったのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク