意外と知られていないコラーゲンの真実!コラーゲンは食べても効果はあまり出ていなかった?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容と一緒に耳することが栄養素ナンバー1はやっぱりコラーゲンですよね。

化粧品に含まれていたり、食品にも含まれていたりと多くの女性が注目しており、男性でもその美容効果を聞いてコラーゲンに注目しているという人は多いです。

コラーゲンといえば、肌に多く含まれており、肌の水分を保ち美肌に導くことが有名です。

実際、コラーゲンが多い肌は弾力があり美肌なのですが、コラーゲンを食べれば美肌に導けるかというと、単純にそうではないかことが分かっています。

コラーゲンは「すごい!すごい!」と言われていますが、今回はコラーゲンは食べてもあまりすごくないということを紹介したいと思います(笑)

みんなと同じことを言っても面白くないので別の角度からせめて見ることにしました。

意外と知られていない、コラーゲンの事を一緒に知っていきましょう。

〇コラーゲンは大きすぎてそのまま吸収されない!?

プルプルのコラーゲンを食べれば、そのまま吸収されて皮膚がプルプルになると思っている人も多いのですが、コラーゲンは大きすぎてそのまま吸収することができません。

そして、コラーゲンはアミノ酸と言われる栄養素が複数結合してできている栄養素であり、タンパク質の一種です。

そのため、アミノ酸はタンパク質分解酵素の働きによって、一度アミノ酸に分解されてアミノ酸として体内に吸収されるわけです。

そして、吸収されたアミノ酸は体の中で、結合させられていろいろなタンパク質となり体を構成するために役立っているのです。

もちろん、体内に吸収されたアミノ酸はコラーゲンになる可能性はありますが、すべてがコラーゲンになるというわけではありません。

たとえば3000mgのコラーゲンを摂取すれば、3000mgのコラーゲンが体にできるというわけではなく、そのうちの一部が皮膚に艶を与えてくれるかもしれないコラーゲンになるかもといった感じです。

ちなみに、これはコラーゲン以外のタンパク質を食べた場合にも言えることで、お肉や魚を食べた場合でもコラーゲンが体内で作られる可能性は十分にあります。

私の意見とはなりますが、どちらかといえば、コラーゲンをピンポイントで摂取するのではなく、タンパク質を多く摂取する事をおすすめしたいです。

タンパク質を多く摂取すれば、それだけアミノ酸が体内に存在することになるので、コラーゲンに作るのに回されるアミノ酸が増えることでしょう。

タンパク質自体は、多く摂取していきたい栄養素の一種なので、コラーゲンだとしても摂取するのはおすすめです。

ただし、コラーゲンはアミノ酸のバランスが悪いことも多いので、いろいろな物からタンパク質を摂取する方がおすすめです。

〇そもそもコラーゲンは種類がかなりある

コラーゲンといえば、皮膚や髪に艶を与えてくれ、保湿する効果が高い成分として知られていますが、実はコラーゲンは多くの種類がある栄養素です。

人の体に存在するコラーゲンは現在の所、28種類が知られており、種類によって体での役割や含まれている部分に違いがあり、役割が良く分かっていないコラーゲンも存在します。

そして、コラーゲンが含まれるのは、皮膚や髪だけではなく、骨や爪、臓器、血管、筋肉と全身にコラーゲンは存在しているのです。

つまり、単純にコラーゲンと言っても、私たちが思っている効果とは違う物が、非常に多いです。

さらに、先ほども言いましたが、コラーゲンは栄養素として大きいのでアミノ酸に分解されてから、吸収されます。

アミノ酸からコラーゲンになれたとしても、私たちが願った皮膚や髪の家の艶を保つコラーゲンにならない可能性も非常に高く、骨や臓器、筋肉に利用される可能性も十分にあります。

もちろん、コラーゲンはタンパク質の一種であり、人体に必要な栄養素として役割を果たす効果はあります。

そのため、コラーゲンを食べたとしても、体に良い効果が一切ないというわけではありません。

しかし、期待している効果は違った効果が体の中で起きている可能性もあるということです。

ただ、美容において気持ちというのは非常に重要な部分であり、ストレスは肌荒れの原因になり、表情に影響を与えます。

コラーゲンを食べるという行為自体が、自信を与え気分を良くすることで、美容へ大きな影響を与えていると私は考えています。

そのため、コラーゲンを食べることは自体は反対しておらず、コラーゲンを食べて美肌になったと感じている人は、大いに食べるべきです。

〇肌に塗る方がおすすめです

コラーゲンは美容液として利用されていますが、私も美容の事を考えてコラーゲンを利用するなら食べるよりも、美容液として利用することをお勧めします。

コラーゲンは保湿作用があり、皮膚をコラーゲンがコーティングすることで、皮膚の乾燥を防ぐ効果があります。

コラーゲン自体は、大きいので皮膚の奥まで浸透させるのは難しいと考えられますが、皮膚の表面をコーティングするだけでも、皮膚に良い影響を与えるのは確かです。

コラーゲンは思ったよりも効果がないかもしれませんが、美容とは深い関係にある栄養素であることは確かです、うまく利用して美肌を目指していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク