健康の情報は嘘が多い!?健康情報は複数の視点から見る事が大切!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ番組やCM、チラシ、インターネット、色々な所で健康の問題が取り上げられており、健康の情報を日常的に目にする機会は増えているような気がします。

健康の情報が多くなった反面、健康についてのデマや、嘘、根拠が乏しい情報が流れるようになってきたのも痛感します。

私も日頃から、健康について情報収集をしていますが、健康についてのデマは非常に多く、知人と話していると「嘘でしょ!」と思うような変わった健康の話を聞く事もあります。

また、医療情報は、日々変化するので昨日まで健康に良いと思われた物が、実が健康に良くなかったなんてもこともあります。

医師によっても意見がわれる事もあり、健康情報を正確に判断するのは難しいのは理解できます、私が持っている健康情報の中にも正しくない物があるでしょう。

そんな、真実がわからないような健康情報が流れているからこそ、正しい健康情報を見極めることが重要になります。

〇なぜ健康についてデマを流す必要性があるの?

健康についてのデマを流した所で、誰も特をしないように思えるが、その商品を販売している会社は注目されて売れれば得をします。

たとえば、活性化酸素を体から取り除き老化を予防する効果が期待できる水として、水素水が有名になった事があります。

ただ、水素を加えただけでの水ですが、健康については科学的な根拠が乏しいとされますが、健康に良いならと多くの人が水素水に注目し、コンビニなどでも見かけました。

その時は、水素水を販売している会社は、飛ぶようにうれたので大きく利益を上げることができたでしょう。

このように、嘘か本当かわからないような健康情報でも、多くの人が信じて購入してくれれば、企業の大きな利益となる事があるのです。

そのため、現在ではメディアや、CM、インターネットなど、いろいろな所で、嘘か本当か割らないような情報が多く流れています。

健康の情報に騙されないためには、一つの情報だけを信じない事が重要で、いろいろな情報からなぜ健康に良くないのか、どうして健康が良くなるのか、効果はないのか調べることが重要になります。

また、デマ情報ほど、良い事がかいてあったりするので、健康の情報は疑ってかかるぐらいが、良いかもしれません。

〇サプリメントの購入には注意しよう!

健康を増進される食品として、最初に浮かぶ物として挙げられるのは、サプリメントではないでしょうか?

サプリメントは栄養バランスが崩れた人には、栄養バランスを整えるために上手く活用して製品と言えます。

しかし、栄養素は摂取すればするほどに、健康が増進する物ではなく、日常食生活で十分に摂取できる栄養素も多いです。

日常生活で十分量を摂取可能な栄養素を摂取しても、尿に流れたりして健康を増進する効果は期待できません。

尿などから体外に流れてくれる栄養素ならまだ良いですが、尿に溶けにくく体に残りやすい栄養素なら、過剰症になる危険性があります。

また、サプリメントは栄養バランスが著しく偏っているため、朝食や昼食といった食事の代わりになる物ではありません。

このような側面もあるため、サプリメントを購入する際には自分にとって必要であるか考えてほしい所です。

インターネットや、友人に勧められたから安易に、購入するのはあまりお勧めできません。

サプリメントにはどのような効果があるのか、何の目的に必要なのか、1日の摂取目安・一般的な摂取量を調べることをおすすめします。

〇インターネットはデマが多い!?

インターネットはデマが多いと思っている人も多いでしょう、私もインターネットの健康情報はデマが多いと感じます。

しかし、デマを流しているのは、インターネットだけではなくテレビや、新聞などでも間違った健康情報が流れてくることがあります。

個人的な意見としては、どこの情報であったとしても、健康情報はデマが多いです。

「メディアが嘘を流すの?」と思うかもしれませんが、テレビCMや新聞の広告には、膝に良さそう、目に良さそう、疲労回復効果がありそうに書かれている健康食品がでていることがあります。

すべての商品に全く効果がないとは言い切れませんが、商品を売るために誇張や、勘違いさせるような書き方をしている事が良くあります。

「※あくまで個人の感想です」という表記も良く見かけますが、これも個人的に信頼できないポイントの一つです。

個人の感想という事は、実際に効果が認められているか、認められていないか別問題です。

つまり、その人はこう感じたけど、勘違いで本当は効果がない商品であるという事は結構あります。

このように、健康情報の中には、私たちを騙そうとしている物も多いので、十分に注意してほしいです。

健康の情報はすべて鵜呑みにするのではなく、自分でもう一度調べるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク