日本人は意外と健康ではない!?健康に対する意識を高くしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは日本が健康的な国であると思っているでしょうか?

皆さんとは、意見が口違うかもしれませんが、私は日本が健康的な国であるとは言えないような気がします。

日本は長寿大国であることが知られており、世界的に見て平気寿命が非常に高い国です。

そのため、日本は健康的な国である思っている人も多いと思いますが、ではあなたは現状で自分自身が健康であるといえるでしょうか?

寿命以外の側面から日本の健康について調べてみると意外のことが分かるかもしれませんよ。

〇自分自身は健康だと思っていない人が多い!

長寿大国だといわれる日本ではありますが、「あなたは自分が健康であると思いますか?」という質問をすると、2013年のOECD各国の成人に対する調査で、「良い」「とても良い」と答え日本人は約3割しかいなかったのです。

つまり、日本人の約7割は自分の事を健康だと思っていない、もしくは体や心のどこかに不調を感じているということです。

これは、世界的に見てもかなり低い数値であり、長寿大国といわれる日本ですが、実は健康とは言えない理由の一つです。

もちろん、日本人の健康意識が高まった結果が、健康に対する基準を高めたために、自分は健康ではないと思うようになっているということは十分に考えられます。

日本人は比較的やせ型の人の多く、肥満に関して言えば基準が厳しいように私も感じています。

そのため、健康的な体系、少しお腹がでている程度で、ほかに健康に問題がなくても健康ではないと答えた人が多いかもしれません。

ただ、それにしても3割しか、健康状態が良いと思っている人がいないのは低いように感じます。

日本人が健康であるといえるようになるには、平気寿命を高めるだけでなく自分は健康であると答えられる人が増やしてく必要性があるのではないでしょうか?

〇健康は体だけではなく精神も関係がある!

健康といわれる病気や持病を抱えていない状態で、身体の不調という印象が強いが、健康状態とは、身体だけではなく心の問題も健康状態に関係するといえます。

そのため、身体にこれといった不調は無くても、なんだかやる気が出ない、疲れを感じる、不眠症に悩んでいるなど、ストレスや精神的な影響によって健康ではないという状況は発生することがあります。

日本人の場合は、身体的に健康が失われている部分もありますが、精神的な部分でも健康が損なわれていると考えらえます。

仕事の疲れや、対人関係などが精神的な影響の一員になることが知られていますが、食生活や運動不足なども実は精神に影響が与えることが分かっています。

食生活が乱れると、自律神経の乱れや、脳内ホルモンの乱れによってストレスを感じやすくなり、抑うつ状態を起こしやすくなることが分かっています、つまり何となくだるいといった症状は偏食の人に多いです。

また、運動はストレスを解消に役立ちます、面倒に思うかもしれませんが、運動を行っている人の方が実は精神的な安定を得やすいのです。

〇日本人は健康に対する意識が低い

テレビのCMや番組、チラシ、日常の会話でも健康の話題が出ることは多く、スーパーやコンビニなどでも健康を気にした食品やサプリメントなどが販売されることが多くなったように感じます。

そのため、日本での健康の意識が高まっているように感じるかもしれませんが、意外にも日本人の健康の意識は低いといわれています。

健康的な生活に欠かせないといわれる十分な睡眠、定期的な運動、健康的な食生活について意識している日本人は少ないことが分かっています。

医療技術が高く、国民皆保険より医療体制に関して言えば、非常に良いため寿命が高く維持されていますが、それに対しての国民の意識が自分自身の健康が管理されていえるのが日本の現状なのです。

「日本は寿命が高い=健康である」と思っている人も多くいるかもしれませんが、私が思うに日本人は健康ではない。

日本人は健康ではないと理解することが、日本人がより健康になるためには必要なことの一つといえるでしょう。

〇健康に対する意識を高めましょう!

日本人は、ほかの国に比べて健康的であるという意識を改め、健康意識を高めることが重要です。

日本人の平均寿命は高いですが、健康寿命は平均寿命からおよそ10年も離れています、これは介護が10年必要、10年間を医療技術で寿命を延ばしているといえます。

現代の高齢者は今の若い人に比べて、外で遊んだり、運動したりすることが多かった世代です、その世代が10年の介護が必要となっている事を考えると、健康意識が低く運動不足である若い世代の人は10年以上の介護が必要になったり、健康寿命と平均寿命が下がる事が考えられます。

健康で長生きするためには、今以上に健康に対する意識を高め日々の生活習慣を改善することが大切といえるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク