トランス脂肪酸と飽和脂肪酸は何故健康に悪いと言われるのか?コレステロールと深い関係がある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が小さい頃は、脂は健康的といった印象が強く、私も脂を取れば太る、健康に悪い、生活習慣病になると思っていました。

しかし、近年では健康に良い影響を与える脂が注目される事も多くなり、脂は健康に悪影響を与えるだけではない事が知られるようなってきたように思います。

そして、健康に良い影響を与える脂が知られるようになった一方で、健康に悪影響を脂としてトランス脂肪酸や飽和脂肪酸が知られるようになってきました。

なぜ、トランス脂肪酸や飽和脂肪酸は健康に悪い脂と言われるのでしょうか?

〇体に悪いと言われる脂は何に含まれるの?

脂の一種である脂肪酸は大きく分けると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることができます。

脂を構成している炭素の結合の仕方で、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸を分けることができるのですが、難しい事を言っても面白くないので省きます。

難しい話よりも、不飽和脂肪酸は健康に良い脂が多いと覚える方が、健康を管理する上では重要です。

そして、健康に良いと言われる脂である、リノール酸、αリノレン酸、オレイン酸、DHA,

EPAといった、よく耳にする健康に良いと言われる脂は不飽和脂肪酸の一種になります。

不飽和脂肪酸は、魚や胡麻油、オリーブオイル、亜麻仁油、エゴマ油などに多く含まれることが知られています。

一般的に、不飽和脂肪酸は常温では液体の脂に多く含まれている事が知られています。

因みに、飽和脂肪酸の代表としては、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸などが知られますが、どれもあまり耳なじみのない名前だと思います。

私も健康の事を調べることが多いですが、飽和脂肪酸の種類を耳にする機会はあまりありません。

そんな、飽和脂肪酸が多い食品は、お肉の脂身、ラード、バターなどがあり、固体の脂は飽和脂肪酸を多く含んでいる傾向にあります。

そのため、お肉を食べる際には、脂の少ない赤身肉が健康的にはお勧めです。

お肉自体が健康に悪いそうなイメージがある人も多いと思いますが、お肉はタンパク質を豊富に含んでいるので、美容や健康面において良い影響を与える側面も大きいです。

私もタンパク質が不足しないように、毎日のようにお肉を食べており、調子が良いのです(個人的な感想)。

ただし脂が多いとコレステロール値が高くなるので、脂が多い方が好きという人もいるかもしれませんが、多すぎるのは良くありませんので、考えて食べましょう。

そして、健康に良いと言われる脂が多い不飽和脂肪酸ですが、不飽和脂肪酸の中にも健康に悪影響を与える可能性が高い脂の種類があります、それがトランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸はマーガリンやショートニング、生クリームに多い事が知られており、これらが多く利用される、ケーキやクッキー、ドナーツ、スナック菓子などのお菓子類に多く含まれます。

お菓子の食べ過ぎは良くないと言われますが、実際その通りです、食べ過ぎには注意しましょう。

〇トランス脂肪酸と飽和脂肪酸とコレステロール

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸は体に悪いと言われるようになってきましたが、トランス脂肪酸と飽和脂肪酸が体に悪いのは体内のコレステロールと関係があります。

体に悪い物として、よく知られているコレステロールですが、実は食事から摂取されるのは2割で、8割は体内で作られる事がわかっています。

元々は、コレステロールの摂取量は制限されていましたが、現在ではコレステロールの摂取量の制限は撤廃されており、食事からそのまま摂取されるコレステロールは問題視される事が少なくなっています。

これは、食品中に含まれるコレステロールよりも、体内で合成されるコレステロールの方が問題視されるようになったためです。

そして、体内で合成されるコレステロールを増やし、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすとされるのが、トランス脂肪酸と飽和脂肪酸なのです。

良くコレステロールは体悪いから、摂取量は抑えようという話しを聞きますよね、食品などにもコレステロール0と表記されている見かける事が多いです。

しかし、健康面を考えた場合には、コレステロールの摂取量よりもトランス脂肪酸や飽和脂肪酸が少ない食品を選ぶことが大切だと言えるのです。

生活習慣病は、日常生活での積み重ねによって起きるので、私もトランス脂肪酸が多いと言われる食品を摂りすぎないように注意しています。

朝食でパンを食べる際に、大量にバターやマーガリンを塗っていませんか?

飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が多い食品は、おいしいのでついつい食べてしまいがちですが、血液がドロドロになり、動脈硬化を起こしやすくなるというリスクがあります。

健康的に長生きしたいと考えている人こそ、脂の摂り方に注意していただきたいものです。

脂は健康を良くする効果もあれば、逆に健康に悪影響を与える事もある栄養素なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク