魚の食中毒(アニサキス)は冷凍で予防することができる!?間違った知識で食中毒を発生してしまうことも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では生で魚を食べる文化がありますよね、刺身や海鮮丼、お寿司といった生で食べる魚が好きだという人も多いです。

私も生魚を食べるのが好きなのですが、生の魚を食べる場合に心配なのが、魚に付着している寄生虫です。

皆さんも「アニサキス」という寄生虫の名前を聞いたことがあると思うのですが、アニサキスが体に侵入すると、腹痛や嘔吐が出ることが知られています。

魚を食べたことがある人なら基本的に気付かないうちにアニサキスを食べているとされますが、加熱すれば大丈夫なので危険なのは生食です。

刺身などで生で魚を食べるにはどういった対処すべきなのか知っていますか?

〇アニサキスは加熱と冷凍で予防できる!

アニサキスは熱を加えるか、冷凍してしまうことで、死滅して含まれていても人体に無害になります。

ただし、加熱をしてしまうとすでに生魚ではありませんので、生で食べる事を考える場合には一度冷凍処理をしてアニサキスを死滅させるのが有効とされます。

アニサキスを確実に死滅させるには、-20度以下の24時間以上の冷凍が必要になるため、一般的な家庭の冷蔵庫では冷凍が不十分になる可能性があります。

そのため、生魚を食べる場合には、基本的に刺身用や一度冷凍した物を購入することをおすすめします。

因みに、家庭用の冷蔵庫は規格で-18℃以下になっているので、基本的には家庭用でもしっかり中まで凍らせて、24時間以上経てばアニサキスは死滅しており感染する可能性は低いですが、基準よりも少し温度が高いので、推奨はできません。

また、アニサキスは一般的にイカ、サバ、アジ、サケに付着している事が多いので要注意です、これら以外の魚介類もアニサキスが付着している事はあります。

アニサキスは内臓に多く付着しており、魚が死んだ後に身に移動する性質があるため、釣った後、買った後はできるだけ早く内臓を取ると感染するリスクが減少します。

しかし、釣った直後から身に付いていることもありますので、釣った直後に内蔵を取れば生で食べても絶対に安心なわけではありません。

釣った直後でも冷凍せずに生で食べる場合には、魚の身を確認してアニサキスが付着していないことを確認して食べるのが良いでしょう。

私は怖がりなので、スーパーなどで刺身可能と書いてあるもの以外は、しっかり加熱して食べるようにしています。

〇アニサキスの誤った対処法

アニサキスは線虫と言われる細長い体を寄生虫の一種であるため、包丁で切ってしまえばアニサキスに感染しないと言われる事があります。

アニサキスは包丁が切る事が出来ますので、細かくきればアニサキスが切れて死滅する事は考えられますが、取り除ききれない事も多いため、危険性は低下するかもしれませんが、包丁で細く切れば大丈夫というわけではありません。

最も確実なのは、目視で除去する事です、目視でアニサキスを見つけるのは難しい大変だと感じる人は、刺身用の物や、一度冷凍してある物を使用すれば、アニサキスを予防する事が出来ます。

その他にも良く噛めば大丈夫なんて事も言われますが、アニサキスは意外と硬いので噛んでも死なない事が多く、確実性がありません。

また、アニサキスは酸に強いため、魚を酢漬けしても死滅しません、そのため絞めサバを食べる事で、アニサキス症になった事例があります。

酢漬けで食べる場合にも、身にアニサキスが付着していないか確認して、付着していればアニサキスを除去してから酢つけるのが良いでしょう。

アニサキスはしぶとい寄生虫なので、アニサキスが付着している魚を生で食べる場合には、冷凍するか、直接目視で確認するのが必要なのです。

ただ、目視での確認は見逃す可能性があり、アニサキス症になる可能性がありますので、十分に注意してください。

魚はきちんと処理された物以外は、基本的に生で食べない事が大切です、冷凍処理されていない物を生で食べる場合にはアニサキスがいない事を十分に確認してから食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク