人は細菌と共存している!?健康のためにも細菌とうまく付き合っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細菌という言葉を聞くとどうしても、「汚い、病気の原因になる、体に悪い」といった悪いイメージが強いですよね。

私も、中学生ぐらいの時には、細菌は何でこの世に存在しているだ、全滅すれば良いのにぐらいに思っていました。

もちろん、細菌は病原性がある物もあり、悪いイメージが間違っているわけではありませんが、悪い影響だけでなく人に良い影響を与えてくれる細菌もいるのです。

健康的な生活を手に入れるためには、細菌とうまく共存していくことが大切です、細菌と人との関係を知っておきましょう!

〇体に良い影響を与えてくれる細菌を知っておこう!

細菌と言われると病原体のイメージが強く、できるだけ触れない方が良いというイメージがある事でしょう。

しかし、健康に良い影響を与え、健康を維持するために大切であると言われている、腸内細菌や皮膚常在菌、乳酸菌、納豆菌なども細菌の一種です。

腸内細菌は、栄養素の消化吸収、腸内環境の整備、免疫機能の維持、便の調子を整えるなどの効果があり、体重の1㎏は腸内細菌の重さであるとも言われます。

私たちは腸内に1㎏の細菌を飼っているなんて驚きですが、それだけ重要であるともいえるわけです。

また、皮膚常在菌も健康を維持するためには重要です、皮膚常在菌と言われてもあまりなじみがないかもしれませんが、私たちの皮膚にも細菌が住んでおり、この皮膚常在菌も重要な役割があります。

皮膚常在菌は基本的には無害な細菌であり、私たちの皮脂を分解して皮膚を弱酸性に保っています。

皮膚が弱酸性に保たれることで、病原性をもった細菌が繁殖しにくくなり、皮膚病の予防になっているのです。

気づいていない人も多いかもしれませんが、私たちは生まれた時から細菌と共存して生きており、生きていく上では細菌は欠かせない物なのです。

私も、細菌なんて全滅すれば良いと思っていた時期はありましたが、今思うと細菌が居なくなると私も死んでしまいます。

健康を維持するためには、細菌とうまく付き合っていくことが大切だと言えるでしょう。

〇細菌は免疫力を向上させるのに役立つ!

細菌の中で健康に良い影響を与えてくれるのは、皮膚常在菌や腸内細菌、乳酸菌だけではなく、日常生活で触れる細菌も健康に良い影響を与えてくれる事がわかっています。

細菌に触れると病気の原因になると思っている人も多いのですが、細菌と触れ合う事は病気を予防するために重要な事なのです。

よく土遊びをしている子どもと、外で遊ばない子どもを比べると、土遊びをする子供の免疫力が高い事がわかっています。

これは、細菌と触れ合う事で免疫細胞が刺激されて、免疫力を高い状態で保ってくれているためです。

細菌に触れあっていない場合、病原性がある細菌と触れ合った時に、免疫力が低いので重症化しやすくなります。

実は、病気を予防するためにも細菌と触れ合っておく事は大切な事で、あまりにも潔癖な生活を続けると、病原に対しての抵抗力が弱くなり、病気が重症化しやすくなります。

たまに外に出て土や木などに触れる事が大切です、外に出て細菌と触れる事は免疫力の維持するのに役立ちますよ。

さらに、お風呂に何度も入ったり、皮膚を何度も消毒・殺菌をすると、皮膚の常在菌を殺菌しすぎて皮膚の細菌のバランスが悪くなる原因です。

お風呂に1日に何度も入り、入念に体を洗うと皮膚病になりやすくなり、皮膚の細菌バランスが崩れて皮膚病になり易くなります。

また、悪臭菌が繁殖しやすくなるため、逆に体臭がきつくなってしまう事もあるようです。

皮膚を他の細菌から守るためにも、細菌とうまく付き合う事が大切であり、体を洗う時は優しく洗ってあげる事が大切です。

〇食生活にも注意して体の細菌バランスを維持しよう!

健康を維持するためには、腸内細菌と皮膚常在菌のバランスを保つことが大切です。

そこで重要になってくるのが食事であり、食事の栄養バランスが崩れてしまうと、細菌のバランスが崩れることもわかっています。

野菜などが少なく油物や糖質ばかりを摂取していると、腸内のバランスが崩れて下痢や便秘を起こしやすくなります。

さらに、皮脂の量が増えるので皮膚常在菌のバランスが悪くなり、ニキビ等を起こしやすくなります。

このように、食事のバランスが偏っていると、腸内細菌のバランスも悪くなるばかりか、皮膚常在菌のバランスも崩れます。

お肉やお米が悪いわけではありませんが、野菜や魚、発酵食品、食物繊維が多い食品等もしっかり摂り、腸内と皮膚を健康に保ちましょう。

細菌とうまく付き合っていくことができれば、健康を保つことに役立ちますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク