痒いのを掻いたら気持ちが良い理由とは?蚊に刺されで掻いてはいけない理由を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蚊に刺されると、刺された場所が腫れて強い痒みが出てくるので、掻きたくなりますよね。

私も掻かないようにしていますが、気づいたら手が蚊に刺された場所を掻いていたなんて事もあります、皆さんも気付いたら掻いていた経験があるのではないでしょうか?

ただ、痒いのをずっと掻いているといつのまにか血が出て、痛くなったりすることもあります。

そもそも、なぜ蚊に刺された後に痒みがでて掻くと気持ちが良いのか気になりませんか、痒みと、蚊に刺された時に掻いてはいけない理由をしっておきましょう!

〇そもそも痒みとはなんなのか?

痒い所をかくと気持ちが良いですよね、痒い所を掻くと気持ちが良いのは、掻くことで脳から気持ちが良くなる物質が分泌されるためです。

つまり、人は遺伝的に痒みが出た時には、痒い場所を掻く本能が備わっているわけです。

良く蚊に刺され時には、「掻くな!」と言われるのに、脳がかけと言ってくるなんて不思議ですよね。

なぜ、痒い場所を掻くようにする本能が備わっているのかいうと、痒い場所を掻く事が生存率を高めていたためなのです。

痒みが出ている場所は、病原体や人体に有害な物質が皮膚に付着しているという事で、付着した有害な物質を掻いて取り除くことで、生き残りやすくなっているわけです。

とは言っても、蚊に刺されの場合は、死ぬほど危険な物質で痒みが出ているわけでもなくないため、掻いて取り出す必要性がありません。

蚊の唾液が人体に注入されることで、皮膚表面に有害物質が付着していないのにも関わらず痒みが出ています。

そのため、掻いて有害物質を出そうとすれば血が出るまで掻かないといけなくなります。

また、現在では綺麗な水がどこでも手に入るので、他の痒みについても掻く必要性は無く、掻くよりも水で洗い流す、冷やす、必要に応じて病院に受診する方が重要になってきています。

現代では掻くという本能はあまり必要性がなくなってきたわけですが、症状の危険性などを判断するのに役立つ指標にはなってきます。

〇掻くと悪い事はあるの?

痒みが発生してしまう原因と、人が掻いてしまう原因が分かったと思いますが、蚊に刺された時に掻くことで悪い事なのか気になると思います。

蚊に刺された場合には、「掻くな!」と良く言われますが、なぜ蚊に刺されは掻くと良くないでしょうか?

まず、蚊に刺されの場合では掻いても体内に入ってしまった有害物質を取り除く事は出来ず、掻くことで皮膚を傷つけることになります。

さらに、爪などに付着した病原体が、掻き傷に侵入することで炎症を起こしてしまう可能性もあり、蚊に刺されて掻くという行為は傷を増やすことにつながってしまうわけです。

私も蚊に刺されると傷が増えるだけとわかっていてもついつい掻いてしまいます、気を付けてなくてはいけませんね。

さらに、痒い場所を掻くと、痒みが増加する事がしられており、一時的に痒みは引くかもしれませんが、掻けば後からさらに痒くなることも多いのです。

つまり、痒みを掻くというのは、基本的に悪い影響ばかりで、蚊に刺されたとしても掻かない方が良いわけです。

蚊に刺された時に爪で十字をつけとくと良いと言われますが、あれも実はよくありません。

私も兄に教えられて小さい頃は、爪で十字をつけていましたが、一時的に痒みが引いても後から出てきますし、爪で十字をつけるのは蚊の有効な治療法でもありません。

では、蚊に刺された時にはどんな対処を行うのが良いのでしょうか?

〇蚊に刺された時の対処とは

蚊に刺された時に痒みが出るのは、ヒスタミンと言われる物質が出るため、ヒスタミンを抑える事で痒みを低減することができますので、塗り薬を塗っておきましょう。

蚊に刺された時に塗り薬の多くは、抗ヒスタミン成分があるため、痒みを抑えることができます、抗ヒスタミン薬を服用して痒みを抑えても良いでしょう。

また、痒みは神経の伝達として優先順位が低く、冷やすことで痒みを抑えることができます。

抗ヒスタミン薬の効果があらわれるまでには時間がかかりますので、冷やして待っておくと良いでしょう。

蚊は危険性が高くので、掻かずにおいておけば自然に良くなります、ただし稀に腫れが急激に広がったり、伝染病が持っていることがありますので、蚊に刺されの後、通常とは違う症状が出た場合には早めに病院に受診することをおすすめします。

さらに、蚊に刺された時は毒を分解するために温めろと言われる事がありますが、40度ぐらいだと痒み増しますし、50度を超えると熱さによって痒みが消える効果はありますが、火傷の危険性があります。

痒みより熱が神経の優先順位が高いため、痒みは消えますが、毒が分解できているわけではありません、熱で分解できる毒としてはムカデ毒が知られていますが、そこから勘違いとして伝わったのかもしれませんね。

蚊に刺されたら痒いとは思いますが、我慢することで早く治るので、掻くのは我慢しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク