天気が悪くなると発生する痛みや、嘔吐、蕁麻疹などの気象病のメカニズムとは?どうやって対策をとれば良いの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天気が悪くなってくると、膝が痛くなる、頭痛がする、古傷が痛むといった症状が出る人も多いですよね。

このように、天気が原因で起きる症状を気象病といい、痛みの症状を天気痛と言います。

私は、今のところ古傷がないので、傷が痛むことはありませんが、天気が悪いと体調が悪くなる事はあります。

気象病としては、頭痛や関節痛、古傷が痛むといった、天気痛が良く知られていますが、吐き気、うつ状態、蕁麻疹、肩こり、喘息といった痛み以外の症状も起こります。

なので、私が天気が悪くなると何となく体調が悪いのも、気象病の一種だと勝手に思っております。

そんな、気象病は一体どうして起こってしまうのでしょうか、気象病が発生してしまうメカニズムと、予防方法を知っておきましょう。

〇気象病が起こるメカニズム

気象の変化によって、いろいろな症状が出てくることは、良く知られていますが、実際どのようにして症状が出ているのか正確なメカニズムはわかっていません。

また、気象病が発生する原因は一つだけでなく、複数の要因によってさまざまな症状が起きると考えらおり、気圧だけが原因ではないようです。

例えば、古傷や膝が痛くなるのは、気圧の変化に内耳が刺激されて交感神経が優位になり、痛みを感じやすくなると言われます。

さらに、頭痛の原因は、気圧が低下することで血管が広くなり、三叉神経などを圧迫して痛みが出ると考えられます。

うつ状態は、自律神経の乱れも原因の一つであると考え荒れますが、日光も関係があると考えら、日光の量が減少すると気分は落ち込みやすくなります。

実際に、気象病ではありませんが、日が差す時間少なくなる秋や冬にかけてうつ症状が出やすくなることがあります。

その他にも、湿度や音といった、いろいろなストレスも気象病と関係がある可能性があります。

このように症状によっても、原因となる物が違い、いろいろな原因が重なることで気象病が起きると言われています。

ただし、最も大きく関係しているのは気圧だと言われてます、一番実感しにくい原因ですよね。

天気は見たらわかりますが、気圧が変化しても違いわからないですよね、もしかたらわかる人もいるかもしれませんが、私はわかりません。

〇体力がある人は気象病になりにくい!

気象病は、気圧によっていろいろな症状が出ていますが、自分の体の状態によって症状が強く出たり、ほとんど出なかったりすることもあります。

体力がある人は、気象病の症状が出にくい、症状が抑えられると言われており、気象病が出やすい人は体力が少ない可能性があります。

日常的にランニングをする、筋トレをするなど体を鍛えると、自律神経が天気でバランスを崩しにくくなります。

また、体力だけでなく、睡眠時間や食生活も関係があるとされており、睡眠時間が短い、食事のバランスが悪いなど、日常生活の影響で元から体がすぐれない人や、自律神経のバランスが崩れている人は、気象病が強く出やすくなっています。

気象病の多くは、命に関わらない物が多いですが、体調によっては元から自律神経が乱れていると、心臓発作などをおこす事もあるようです。

天気が悪くなると動悸がするなどの、症状がある人は体力をつける、睡眠をしっかり摂るなど、気象病がおこりにくい体作りをしていきましょう。

稀ではありますが、気象病は命に関わることもあります、睡眠や食生活、体力に関していうと気象病以外の病気とも深い関係があるので、改善した方が良いですね。

〇酔い止めが気象病を軽減する!?

「酔い止め」が気象病に有効だと言われても、どんな関係があるのか疑問に思うかもしれません、私も本当かよと思っていましたが、調べると意外にも関係が深いようです。

車が酔いは、揺れや加速、視覚などのストレスによって自律神経が乱されて発生します、気象病は気圧のストレスによって自律神経が乱されることによって発生すると言われ、どちらも自律神経が原因の一つであり、発生するメカニズムが似ているとされます。

さらに、酔い止めの作用が、気象病の症状を抑えるのに有効な物ばかりなので、気象病の薬として販売しても良いのではと思ってしまうほどです。

酔い止めには、自律神経の興奮を抑える作用があるので、気圧の変化によって興奮した自律神経の活動を抑えて、天気痛や嘔吐、めまい、動悸などを抑制します。

また、酔い止めには抗ヒスタミン薬でもありますので、ヒスタミンが嘔吐中枢を刺激するのを抑制し、吐き気や嘔吐を予防する効果があります。

抗ヒスタミン薬は嘔吐を予防する薬に使用されるだけで無く、蕁麻疹を抑える薬にも使用されるので、酔い止めを飲んでおくと蕁麻疹の発生を抑制する効果が期待できます。

このように、酔い止めの作用は、気象病の症状を抑えるのに適しており、症状が出た時や、出そうな時に服用するのがおすすめです。

ただし、酔い止めがすべての気象病に有効ではあるわけではありません、効果が少ない、現れない場合もあります。

気象病を予防する方法は、気圧や天気の変化が起きたでも、影響されない体作りが最も大切だという事なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク