寝すぎによって発生する身体的なダメージとは?寝すぎは寿命を縮めることにつながる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きると眠たくて、二度寝してしまいたくなることって良くありますよね、私は毎日のように二度寝がしたくなります。

かといって休日などの時間がある日に、長時間寝ると逆に頭痛や気分低下などの体調不調が出てきて困ります。

睡眠不足は健康に悪影響を与えると良く言われていますが、悪影響を与えるのは睡眠不足だけでなく、睡眠しすぎにも言えることです。

「睡眠をしっかりとろう!」「寝る子は育つ」なんてことは良く言われますが、人にはちょうど良い睡眠時間という物があります。

睡眠時間が長くなるほど健康が増進したり、身長が伸びるようになったりするわけではないのです。

睡眠時間が長すぎることによって発生してしまう身体的な影響について考えてみましょう。

〇睡眠時間が長いと脳が老化します!

睡眠には、体を休めるためや、細胞の修復、記憶の再構築、脳に休息を与える、成長ホルモンの分泌など、さまざまな作用があります。

良く元気で、脳をしっかり動かすためには、脳に休息を与える睡眠は非常に重要な事なのですが、睡眠時間が長すぎると脳が老化しやすくなると言われています。

また、ロンドン大学の調査では、睡眠時間が長いと脳機能が低下し、8時間以上の睡眠は6時間未満の睡眠と同じぐらい、記憶力や語彙力がテストの結果が悪かったようです。

最もテストの結果が良かったのは、7時間睡眠を行っている人です。

個人差はありますが、7時間ぐらいが健康に良い影響を与える睡眠時間とされています。

年齢によっても違いがあり、15歳ほどでは8時間ほど睡眠をとった方が良く、高齢者になると6時間睡眠が健康に良いとされています。

もちろん、個人差がありますので日中に強い睡魔におそわれる、朝起きたら寝不足で体調が悪いなどの、自分の寝起きの体調と、日中の体調を見て睡眠時間を調節しましょう。

また、脳の機能が低下することで、気分が低下して抑うつ状態になる事もあり、睡眠のしすぎは精神的な影響も心配されます。

私も目覚ましのかけ忘れなどで、睡眠時間が長くなると1日中、なんだか気分が下がった状態になります。

脳の機能や精神的な影響も考えても、寝すぎのは健康に良くない事なのです。

〇寝すぎは寿命を縮める原因にもなる!

「寝ることは育つ」と良く言われますが、育つのが早すぎるのか寝すぎると人の寿命は短くなりやすいと言われます。

寝すぎの人の寿命が早くなる理由の一つは、心臓疾患のリスクが上昇することにあります。

さらに、糖尿病や肥満のリスクも上昇し、寝すぎると横に育ちやすくなる(太る)事が知られています。

縦に育つのは喜ぶ人が多いと思いますが、横に育つのはうれしくないですよね。

横に育つと高血圧や、脂質異常症、動脈硬化、メタボリックシンドロームといった病気の原因にもなりますからね。

このように、睡眠時間が長くなりすぎるのは、脳の機能を低下させるだけでなく、生活習慣にも悪影響を与え、寿命を縮める危険性がある事が知られています。

お腹が出ているなと、感じている人はもしかすると睡眠時間が長くなりすぎる事が理由の一つかもしれません。

また、睡眠時間が短くなりすぎるのも、心臓病や糖尿病のリスクを高めると言われています、睡眠時間は長くもなく、短くもなく丁度良いのが重要になってくるのです。

睡眠は、人生の3分の1を占めると言われ、健康との関係は非常に深いです、睡眠から健康に気を使いましょう。

〇多めに寝たい日は早く寝よう!

健康上の事を考えると、自分の体に合った睡眠時間を毎日続けることが重要になってきます。

しかし、仕事の疲労や、運動、休日などを理由にいつもよりも、長く眠りたいと思うのは誰でもある事でしょう。

それに、毎日同じような睡眠時間を確保するのは難しいですよね、私も毎日同じ時間に寝られないので、入眠する時間は日によって変わります。

そこな時に、重要になってくるのは、毎日同じ時間に起きるようにすることです。

睡眠しすぎによって身体に悪影響が出てしまう理由の一つは、起床時間が不規則になることによる体内時計のリズムが崩れることです。

体内時計は、精神的、身体的に重要な役割を持っており、非常に睡眠と深い関係にあります。

起床時間がずれて体内時計をずれると、体は時差ボケのような状態になり、いつもよりも寝ているのに、疲労感が出たりすることがあります。

入眠の時間がずれていても起床時間をそろえることで、体内時計のリズムのズレを抑える事ができ疲労感も出にくく、体の影響も出にくくなります。

もちろん、健康に最も良い影響を与えるのは入眠時間も起床時間も規則正しく行う事です。

健康に悪影響を与えない睡眠を考える場合には、まずは起床時間を決めてみましょう、起床時間をそろえると、目覚めやすくなりますし、睡眠の質を上げる効果も期待できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク