放射線治療は手術なみの効果が期待できる!?放射線療法の良さを知っておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンは誰でも発症する可能性がある危険な病気である事が知られており、日本ではガンの治療方法と言えば、手術と抗がん剤というイメージが根付く、手術をすることでガンは根治できると思っている多いです。

もしかすると、私も数年後にはガンが発見されているかもしれませんが、私がガンがなった時には、手術よりも優先して放射線で治療してほしいです。

放射線治療は、「手術療法」「化学療法(抗がん剤)」とならび、ガンの三大療法の一つとして知られています。

最近では、放射線治療が行われる事も多くなってきましたが、放射線治療は延命目的、体への負担が大きい、危険性が高いというイメージが強いです。

放射線と聞くと悪いイメージを持ってしまうのは仕方がありませんが、放射線治療には多くの良さがあります。

なぜ私が、ガンになった時に放射線治療を受けたいのか、説明しましょう。

〇放射線治療は手術並みの効果があった!

ガンの根治と言えば、手術によってガン細胞を取り除くというイメージがあり、抗がん剤や放射線治療はどちらかというと「延命目的」と思われがちです。

手術だと一気にガンが取り除けるので、最もガンの治療方法として効果があるような感覚はありますが、実はいうと放射線治療も手術と同じぐらい効果があると言われています。

まず、放射線治療というのは、ガンの進行を抑えるための治療ではなく、ガン細胞を攻撃してDNAにダメージを与えて、ガン細胞を死滅し増殖できなくなりガンが縮小する治療方法です。

手術の様に取り除いているわけではありませんので、一気にガン細胞がすべて死滅するような事はありませんが、徐々にガン細胞が縮小していく治療法となります。

また、放射線治療の効果が良くわかるようになるのは、治療を始めてから1カ月ほどたった後の検査になります。

このように、手術とは違って効果が出るまでには時間がかかるのですが、時間がかかれば効果が薄いというわけではありません。

放射線治療は、着実にガン細胞を減らす事で、手術並みの効果が期待できて、根治させる事が可能です。

また、手術と同様に早期ガンの治療が得意であり、ピンポイントでガンにダメージが与えることができるので、手術で取り除けなかったガン細胞の残りに対しての有効性があります。

場面によっては手術よりも、ガンに対して有効な治療法となる場合もあるわけです。

〇手術よりも放射線治療はダメージが少ない!?

放射線は、人体に害があることが知られており、放射線治療と聞くと体に悪影響があるような気がしてくるのではないでしょうか?

放射線治療を行うと、ガン細胞にダメージを与えることができますが、同時に正常な細胞にもダメージがあります。

しかし、正常な細胞はガン細胞にくらべて修復力が高く1日でほとんど修復されるので、その違いを利用してガン細胞を死滅させることができます。

放射線は全くダメージがないというわけではありませんし、継続するほど放射線治療による細胞へのダメージが現れますが、手術よりも大きなダメージがあるというわけではありません。

手術での治療となると、体にメスを入れなければいけません、麻酔をして体にメスを入れるだけでも人体にとっては大きな負担となります。

さらに、ガンを切除するためには周りの正常な臓器もある程度は、とってしまいますし、害が大きく深くにあるほど、手術時間は長くなりさらなる人体の負担となります。

正常な細胞を残すという意味でも、ガン細胞のみを死滅させる効果が強い、放射線治療はおすす目です。

放射線治療は、体に負担がかかると思われているかもしれませんが、手術療法は放射線治療よりも体に負担がかかるといわれる事も多いのです。

放射線治療の良い所は、体に傷をつけることが無いという所もあります、体にメスが入って傷が残るよりも傷がなく根治できる方が良いですよね。

また、放射線治療によってガン細胞を小さくしてから手術する場合もあり、小さくすることで手術の難易度が下がり、週術の時間が減り、体の負担を減らす効果があります。

〇手術や抗がん剤治療の方が良い場合もあります

放射線治療は手術な並みの効果があり、患者への負担を軽減できることが多いと言ってきましたが、手術や抗がん剤治療は良くないと言っているわけではありません。

放射線治療にも、得意とするガンの種類はあり、場所によっては放射線治療の有効性が低い場合があり、手術の方が効果が高い場合もあります。

また、放射線治療に絞るだけでなく、手術と放射線治療法の両方からアプローチすることで、より効果的な治療となる事も多いです。

さらに、ガンにピンポイントでダメージを与えるという性質上、ステージが進行して複数の臓器に転移が見つかっているような状態では、放射線治療による効果は薄くなってしまいます。

全身に転移しているガンにダメージを与える効果を期待するなら、抗がん剤治療の方が効果的であるという場合も多いのです。

このように、患者のがんの状態をみながら、放射線治療、手術療法、化学療法(抗がん剤)を利用してガンは治療していくことが大切です。

ガンは誰でも発症する病気なので、もしガンになった時にはしっかり医師に相談した上で、治療法を考えていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク