ハンコ注射(BCG)って何を予防している定期接種なの?跡が残った方が良い!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンコ注射の跡って消えないですよね、子どもの時に比べて薄くは無くなっていますが、大人になった今でも腕にハンコ注射の跡があります。

何で跡が残るだろうかと、思ってしまいますが、実はハンコ注射は跡が残ることに意味があったりします。

そもそもハンコ注射って、なんの病気を予防だったのかなと思っている人いませんか?わかります、私も20歳ぐらいまでハンコ注射って何を予防してんの?と思っていました。

〇そもそもハンコ注射は何を予防しているのか?

ハンコ注射と呼ばれる事が多く、そもそも一体何を予防する目的の注射なのかと思っている人も多いのではないでしょうか?

実は私も、ハンコ注射が一体なにを予防するための注射なのか知らずに育ち、大人になってから知った口です。

良くハンコ注射と言われますが、ハンコ注射は「BCGワクチン」という名前があり、BCGというのは、牛が感染する「ウシ型結核菌」を何度も培養することで、毒性を弱めた細菌の事です。

なぜに「ウシ」と思うかもしれませんが、牛の結核菌の方が人への感染力が低く毒性も低いので、安全性を考慮して牛の結核菌が使用されており、もちろん人の結核菌を予防する効果があるため、結核の予防として利用されています。

子どもの時は、結核菌に感染すると重症化しやすく危険性高いため、早期の段階で結核に感染しないようにする必要性があります。
幼児期にハンコ注射を打っておくのは、結核を予防するためだったのです、今でこそ結核を発症する人は少なくなっていますが、結核は日本人の死因1位だったこともあります。

また、日本で新たに結核になる患者は、毎年1万人を超えており少なくなったといっても存在しなくなったわけではありません。

もし、予防接種をやめれば、子どもに広がる危険性をあることを考えれば積極的に受けさせたいものですね。

〇注射後は跡が残っている方が良い!

18個しっかり跡が残っている、早く消えてくれと思っている所ではありますが、実はハンコ注射の跡はハンコ注射が成功したか、失敗したかの目安になるのです。

ハンコ注射の跡が残るのは、BSGに免疫が反応したためで、ハンコ注射の跡がないというのは、免疫が反応していないという事です。

予防接種というのは、前もってウイルスや細菌を体の中に入れて、免疫と反応させて次の侵入に備えさせておくためにありますので、免疫が反応していないというのは問題なります。

ただ、1個や2個反応がなかったからと言って、「失敗だ!」なんてことはなく半分のこっていれば問題ないため、18個の内9個あれば問題ありません。

9個を下回ってしまうと、免疫が獲得していない可能性があるので、再度ハンコ注射を打たれることになり、しかも反対の腕に打たれる可能性が高く両腕に跡が残ります。

もちろん、大人になってからハンコ注射の跡が消えた場合も、問題はありません、というか大人になってから積極的に消えてほしい所です、残った所でなんの意味もありません。

また、ハンコ注射の跡って長く残るので、もっと見えにくい所に打ってほしいという人もいるのでしょう。

背中とかに打ってくれと思うかもしれませんが、実は法律で打つ場所が決まっているので、腕以外に打立てることは基本的にありません。

ただし、定期接種として腕以外の場所に打つ事は認められていませんが、任意接種なら腕以外でも打てます。

注意点としては、予防の効果が半減する可能性もありますし、有料になり、医師も行ってくれるかわからないので、おすすめはしておりません。

〇BCGを受けても結核になることはあります!

BCGは結核を予防するための注射であり、主な目的は小児期の結核の感染を予防するためです。

小児期の結核感染の重篤化を予防する効果が高いBCGですが、大人になってから結核菌を暴露すれば感染する可能性は十分にあります。

毎年1万人超えるが結核を発症する所からもわかるように、BCGを受けているからといって結核を完全に予防できるわけではないです。

大人になると抗体数は減少しますので、大人になってから結核に感染する可能性は十分にあると言えるでしょう。

ただし、結核は治る病気となっていますので、結核に感染したからといって昔ほど危険性は高くないといえるでしょう。

大人になったら免疫力が下がるし、もう一度うっておくか思いたい所ですが、実はBCGに関しては、大人になってから効果が認めておらず推奨されていません。

また、大人になってからハンコ注射を受けるとケロイド状になる危険性が高いと言われています。

大人の結核予防で重要なのは、免疫力を高く維持しておくことであり、健康状態を維持して結核を発症させない事が大切だとされています。

結核は、免疫力が高いと感染していても発症しないまま生活することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク