ハラールは健康に良いの?衛生面・安全面・健康面にどのような影響を与えるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハラール認証」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

イスラム教徒の食べ物という印象があるハラールですが、近年では健康的な食生活のためにハラールを取り入れる人も増えてきています。

食生活にハラールを取り入れようと考えているという人もいるのではないでしょうか?

たまに聞くハラールですが、なぜハラールは健康に良いと言われる事があるのか、ハラールと健康の関係について調べてみました。

〇ハラールとは一体どんな食べ物なの?

ハラールというのは合法という意味があるため、イスラム教徒が食べる事が出来る食品に「ハラール認証」が付けられるようになってきています。

イスラム教では、良く知られている豚が食べられないことに加えて、他のお肉もイスラム法に則り屠殺処理されたお肉しか食べる事が出来ません。

そのため、お肉の種類は食べられる物で合っても、お肉の処理自体に問題があれば食べらません。

また、アルコールの摂取も認められていないので、アルコールが含まれている物を食べる事が出来ません。

このように、イスラム法の則って処理されて、イスラム教徒でも安全で安心して食べられる事が出来る食品や、イスラム教徒が安心して使用できる物にハラール認証マークが付けられるのです。

そして、ハラール認証がついている食品が、ヘルシーでダイエットに効果があると言われるようになって切るようです。

〇ハラールが健康に良いと言われるのは?

ハラールの食品は、いろいろな決まりはありますが、最も多く指摘されるのは豚由来の物が使用できない、アルコール類を使用する事ができない事です。

意外と私たちの使用している調味料や食品には、アルコールが微量に含まれていたり、豚が由来の成分が含まれていたりします。

ハラール認可の食品を使用すると結果として、いままでは使用できていた調味料などが使用できなくなり、ヘルシーで健康的な食品になると言われています。

例えば、製造の家庭に発酵してアルコール分が発生してしまう、味噌や醤油といった食品はハラールにすると使用しにくくなります。

日本食にはよく利用される調味料ではありますが、塩分が非常に食品であるため、塩分の過剰摂取の原因になりがちです。

ハラール認証の食品は、食生活を変えることで健康に良い影響を与える可能性があるというわけなのです。

これらの所から、ハラールは健康に良いとされヘルシーでダイエットにお勧めに言われていますが、ハラールの食品がダイエットやヘルシーさを考えて認定しているわけではありません。

ハラール食品は、豚肉やアルコールを使用しませんが、豚肉以外では食べられるお肉も多いので、高カロリーの食品も多く食べられます。

そのため、自分が好きな食品ばかり選んでいるとハラール認証がある食品でも、調理法や食材によっては、太ってしまう事も多いに考えられます。

ハラール認証の食品にすることで健康に良い影響を与える可能性も十分に考えられますが、ハラール食品を利用するだけで健康でダイエットが期待できるわけではありません。

〇ハラールの衛生面はどうなの?

ハラールはイスラム法に則って食品を加工、調理する必要性があるため、清潔面などに気を使っていると言われています。

そういった所からハラールの食品は安全性が高く、衛生面もバッチリであると言われる事もあります。

衛生面に気を使って、調理・加工・販売しているという所は、ハラールの魅力の一つでもあります。

やはり、安心して食事をするためには、衛生管理もしっかりしている事が証明されているとうれしいですよね。

ただし、イスラム教徒ではアルコール類を摂取していけないため、アルコール消毒が使えない・使いにくいという問題があるようです。

このようにイスラムの法に則った結果、衛生面が低くなってしまうのではないかという指摘もあるようです。

もちろん、アルコールが使えないからハラールの食品が衛生的ではないというわけではありません。

アルコール消毒以外の消毒方法や、殺菌方法もありますし、加工や調理、施設の管理によって衛生面は大きく変わってくるため、一概に衛生面を判断するのは難しいです。

また、ハラールは施設の衛生面も気にしているため、ハラールは衛生面が低いわけではありません。

ただし、ハラールだから衛生面が完璧で安全性が高く、健康に良いという考え方には注意した方が良いでしょう。

ハラールは認定されるのに基準があるため、結果として健康になり易い食品を食べることになることが多いようです。

ただし、必ずしも健康面に対して良い影響を与えるわけではありません、ハラールを食べるにしても栄養バランスはしっかり考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク