ガンと年齢の相関関係を知ろう!若年層では女性の方がガンを発症するリスクが高く、全体をみると男性がガンを発症しやすい!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の死因でもっとも多い病気なのが悪性新生物ともいわれるガンである。

また、ガンは生涯に2人に1人が発症すると言われるほど、好発する病気であり今後のために備えておくことが重要な病気でもあります。

そんな、誰もが発症する危険があるガンですが、やはり年齢が上昇するほどにガンを発症する可能性は高くなります。

ガンの発症と年齢からわかる、ガンの注意点や危険性について知っておきましょう!

〇年齢からみるガンの危険性!

年齢階級別罹患率(2010)を参照すると、男性は障害に66.0%の人がガンを発症し、女性では44.9%の人がガンになると言われています。

2人に1人がガンになると言われていますが、年齢が高くなるほどガンの発症率は高くなるので、10代や20代で発症する可能性は低いです。

ただし、絶対に発症しないというわけではありませんので、もしもの事を考えてある程度は備えておく事は大切と言えるでしょう。

また、30代がガンを発症する可能性は、女性では1.8%で男性では0.9%と言われている。

この数字を高いとみるか、低いとみるか人それぞれですが、若年層においては男性よりも女性の方がガンに備えた方が良いと言えます。

若年層において、女性が高く理由は子宮がんや乳がんといった、女性特有の病気が40代前後で発症しやすいためです。

先ほども示したデータから、一生涯で見た場合には男性の方がガンを発症するリスクは高く、60%を超えており、年齢が高くなるに連れて男性のガンの発症の危険度が高くなる事がわかっています。

男女ともに、ガンの発症率は40代から高くなることを考えると、40代以降のガンを特に注意して、保険を見直す等しっかりとした準備が必要になってくるでしょう。

特に女性は若年層からガンの発症リスクが高いので早めに保険の見直しや、ガン検診を受けて発症させない、発症しても対策を取れるように備えることが大切です。

ただ、男性はガンの罹患率が低いから安心というわけではなく、男性の40代のガンの発症率は2.4%であり、30代の女性よりも高い事から危険性が増している事がわかり、60代になると女性よりもガンの罹患率が高くなります。

ちなみに、40代女性は5.2%の人がガンを発症します、これは20人に1人なので非常に危険性高い事がわかるでしょう。

〇乳がんや子宮がんを注意しろと言われる理由

若年層を見た場合には、男性よりも女性の方がガンを発症する危険性が高く30代や40代ではガンの罹患率が男性の倍である。

そして特に乳がんや子宮がんが注意しなさいと言われていますが、これは30代、40代が発症するガンの半分以上が、乳がんと子宮がんであるためです。

その事から考えると、乳がんや子宮がんの早期発見する事が出来れば、大幅にガンのリスクを低下させることができるため、検診を受けてください、自分でしこりなどが無いか確かめてくださいと言われるのです。

30代、40代の方は乳がんや子宮がんを注意してほしいと言いましたが、50代や60代は大丈夫なのかと言われるとそうではなく、50代や60代でも罹患率は高いので注意したいです。

ただし、50代や60代になってくると大腸がんや胃がんなどの罹患率も高くので、合わせて注意する事が大切になってくるのです。

つまり、女性特有のガンは30代を過ぎるとどの年代も警戒を続け、50代を超えると他のガンにも注意して検診を受ける等することが大切になるという事です。

ガンはこの年代はこれという事ではなく、年々多くのガンの罹患率が高くなると思っていた方が良いでしょう。

〇男性は女性よりもガンを発症するリスクが高い!

男性は全体を見ると女性よりもガンの罹患率が高く、60代を過ぎると女性よりもガンを発症する可能性が高いです。

また、男性は若年層では女性よりもガンの罹患率が低いと言いましたが、女性特有のガンを除くと30代では女性とほぼ同程度の危険性があり、40代では女性よりもガンの罹患率が高いのです。

若年層の男性はガンを発症しにくいからと安心してはいけません、乳がんや子宮がんを除くと男性の方がガンの発症リスクは若年層の段階から高く、検診を受ける人も少ないので早期に発見できずに、死亡リスクも高いと言えます。

さらに、女性よりも低いとはいっても50代の段階で7.5%がガンを発症すると言われ、これは13人に1人なので十分に危険性は高いと言えます。

ガンは非常に罹患率が高い病気であり、一生涯の内に6割以上の男性が発症する事を考えると自分が発症しない可能性の方が低いと言えます。

ただ、ガンは早期に発見できた場合には生き残れる可能性が高い病気ともいえ、胃や肺、大腸といった不調を早期に発見し、定期的な検診によって発見することができれば、致死率を大幅に低下させることができる病気とも言えます。

男性・女性共にガンを発症する可能性は年齢が上昇するつれて高くなります、早期に発見するためにも、ガンのリスクについて知っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク