スマートな体型を作るための腹筋運動の重要性は低い!?あえて腹筋を鍛える必要性がない理由とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット、トレーニング、筋トレを行いスマートな体を手に入れたいと考える人も多くいると思いますが、トレーニングといわれて初めに思い浮かぶ運動はなんでしょうか?

人によって思い浮かべる運動は違うと思いますが、お腹周りが気になる人や、スマートな体型の代名詞ともいえるシックスパックから、腹筋をあげる人は多いでしょう。

スマートな体型と言われると、腹筋が割れていることが重要に感じること多いかもしれませんが、スマートな体型を手に入れるためには、腹筋よりも他の部位を鍛えることが重要だと言われることが多くなってきました。

なぜ、腹筋よりも他の部位を鍛えることがスマートな体型につながるのでしょうか?

〇腹筋運動があまり必要ではない理由

私たちの体の中でも最も脂肪がつきやすい場所と言われるのが、お腹であり気になっている人も多いです。

また、お腹に脂肪がつきやすいのだから、お腹の運動をすることがお腹の脂肪を燃焼するのに良いと考えている人は多いでしょう。

このようにお腹に脂肪がつきやすいのは、人の構造的に栄養をお腹にためてしまうためであり、腹筋が少ないからお腹の脂肪がたまるわけではありません。

もちろん、腹筋をすれば脂肪が燃焼されて、お腹が痩せる効果を期待することはできます。

しかし、脂肪の燃焼効率を考えてみた場合には、腹筋運動をあまりおススメ出来ないのです。

なぜなら、腹筋はスマートに見せる為に非常に重要になる筋肉ではあるが、筋肉としては意外と薄くて小さい筋肉であるためです。

筋肉は大きければ大きいほど、脂肪の燃焼効率は高くなりますので、小さくて鍛えても大きくなりにくい腹筋は、脂肪燃焼効率は低いです。

つまり、脂肪の燃焼効率を考えた場合には、他のもっとも大きな筋肉で脂肪を燃焼させた方が良いということです。

また、腹筋は割れているように見えるのは、腹筋の前に脂肪がないため、そんなに鍛えていなくても、お腹の周りの脂肪の量が少なければ、腹筋は割れているように見えるのです。

このような所から、あえて腹筋から鍛える必要性が少ないと言われており、腹筋よりも大きな筋肉である、足や手、胸の筋肉といった大きな筋肉を鍛えた方が脂肪の燃焼効率が上昇して、ダイエット効果が期待できます。

足の筋肉は非常に大きくて脂肪の燃焼効率も高いので、鍛えるのにはおすすめの筋肉といえます。

〇ほかのトレーニングで腹筋は鍛えられる!?

腹筋をあえて鍛えないで良いと言われる理由の一つに、手や足の運動をすると同時に腹筋が鍛えられるためです。

腹筋や背筋といった筋肉は体を支えるための筋肉であり、腕立てやスクワット、バーベル、ダンベル、ランニングといった運動をしている時に、どうしてもお腹に力が入るので、腹筋は鍛えられています。

そのため、他の部位をしっかり鍛えている人は、自動的に腹筋が鍛えられて、腹筋運動をして居なくても筋肉は落ちにくいのです。

さらに、腹筋が見えるようになるためには、脂肪を燃焼させることが重要です。

腹筋を直接運動するよりも、他の部位で運動した方が大きな筋肉を鍛えることになり脂肪が燃焼されて皮下脂肪が落ちるので、結果的にシックスパックを目指すことができます。

腹筋をわってスマートな体を目指したいという人こそ、腹筋以外の部位を鍛えることがおすすめです。

また、腹筋だけ鍛えても筋力のバランスは悪くなりますし、総合的に筋力低いと太りやすくリバンドしやすくなるので、注意しましょう。

ある程度、全身運動をして痩せてからさらに腹筋を鍛えたいと考えた時に、腹筋運動をすると良いのではないでしょうか?

〇摂取カロリーと消費カロリーを考えよう!

トレーニングをすれば、筋肉量が増加して脂肪の燃焼効率は高まるので痩せやすくなります。

ただし、消費したカロリーよりも、摂取したカロリーの方が多くなってしまうと、筋肉量も増えますが、脂肪の量も増加します。

運動すると、どうしても食べる量が多くなってしまいがちですが、スマートな体型を目指す場合には、食事量を制限することも大切になります。

また、筋肉量を増加させるためにはタンパク質をしっかり摂取することが大切になります。

糖質の制限はしながらも、タンパク質を摂取することが脂肪の燃焼効率を高めて、スマートな体型を目指すことに繋がります。

痩せたいと考えている人は、大きな筋肉である足、腕、胸の筋肉を鍛えて脂肪の燃焼効率を高めるようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク