ヘルプマークは援助や配慮が必要な人が見つけています!ヘルプマークについて知っておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは赤地に白の十字とハートがかかれている、このヘルプマークを知っていますか?

ヘルプマークは多くの人に配布されており、認知している人が増えていますが、まだ良く分かっていない人も多いでしょう。

どんな人が利用しているのか、どんな配慮・援助が必要なのかなどわからない事も多くあると思います。

ヘルプマークを利用している人は、難病、妊婦、義足や人工関節を使用している人、発達障碍者などの援助や配慮が必要な人達です。

ヘルプマークの事について、知っておきませんか?

〇ヘルプマークはどんな人が必要としているの?

ヘルプマークは援助が必要な人、配慮が必要な人がいることを周りに理解してもらい、思いやりのある行動を促すための物です。

ヘルプマークをつけている人は、見た目から判断する事ができませんが、疲れを感じやすい、耳が聞こえにくい、突発的なでき事に対応するのが難しいなど、配慮や援助が必要な人です。

配慮や援助が必要な場合でも、気づく事ができなければ配慮や援助するのって難しいですよね、そんな時に周りの人が気付くためのマークなのです。

また、外見から援助が必要かわからない場合に、優先席を利用してしまうと、周りから不審な目で見られてしまい、利用する事が難しい状況が出てくることも多いです。

利用するとストレスを感じて辛いけど、座れないという状況が出ないようにする効果もヘルプマークにはあるのです。

そのため、周りの人がヘルプマークの事を知って理解する事が、非常に重要になっております。

ヘルプマークを見かけたら、援助や配慮するようにして、知らない人がいれば教えてあげるようにしましょう。

〇ヘルプマークをつけている人に必要な配慮は?

ヘルプマークをつけている人は、見た目は健康そうに見えても配慮や援助が必要な方です。

ヘルプマークは公共交通機関の乗り物で席を譲らなければならないマークではありません。

しかし、ヘルプマークをつけている人の多くは、電車の中で立ち続けることが辛い場合が多いので、電車内でヘルプマークを見かけた場合には席を譲っていただけると嬉しい限りです。

また、ヘルプマークをつけている人が困っている、苦しそうにしている場合にも、声掛けをするなどの配慮が必要になります。

ただ、ヘルプマークを付けている人が困っている、うずくまっているなどの場合でも、どんな配慮・援助が必要なのかわからない場合が多いですよね。

そのような場合のために、ヘルプマークの裏側には、住所や連絡先、名前、倒れた場合の対処などが記載されていますので、もしどのような配慮が必要かわからない場合には、ヘルプマークの裏側を見せてもらうと良いでしょう。

ヘルプマークの裏側を確認することで、正しい対処が行いやすくなる事を覚えておきましょう。

〇ヘルプマークは自由に使って良いの?

ヘルプマークは利用の趣旨が合致していれば、自由に作成・使用できるマークとなっております。

そのため、ヘルプマークの在庫が無い、ヘルプマークを提供してくれている場所が近くにない場合もでも、自分で作成して利用する事が可能となっております。

ただし、ヘルプマークのデザインを変更や文字の挿入、縦横の比率を変更して利用していけないため、ヘルプーマークを利用する場合には縮尺は変更できますが、加工はしないようにしましょう。

また、個人で作成する場合には、ヘルプマークの周囲に十分な余白をつけるようにしましょう。

ヘルプマークは個人で作成する事も可能ですが、都内であれば役所、駅務室、都営バス各営業所等で貰えるますので立ち寄ってみると良いでしょう。

東京都以外の場所でも、市町村の役所や、交付窓口などで貰うことができますが貰える場所が限られていますので、事前に確認してもらいに行くことをおすすめします。

また、一部の市町村では交付していない場合もありますので、注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク