ミネラルは過剰摂取も不足も健康に悪影響を与えてしまう!サプリメントでの摂取は控えた方が良い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人体に欠かせない栄養素として注目される事が多いのは、タンパク質、脂質、炭水化物が挙げられる事が多く続いて、ビタミンが挙げられる事が多いと思います。

そして、ミネラルも健康を維持していく上で、欠かす事が出来ない栄養素の一つです。

ミネラルには、鉄、銅、カルシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、マンガン、リン、フッ素、コバルト、マグネシウム、塩素などいろいろな栄養素があります。

本来のミネラルは鉱物という意味があり、栄養学では無機質で人に欠かせない栄養素の事をミネラルと呼んでいます。

ミネラルは健康を維持する上で注目される事が他の栄養素よりも低くく、体内の中で微量しか含まれていませんが、非常に重要性の高い栄養素として知られています。

ミネラル分が不足すると、体の栄養バランスが崩れて健康を害することになります。

ミネラルの重要性について知っておきませんか?

〇微量が非常に重要な栄養素!

ミネラルは5大栄養素の一つと言われており、3大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質に比べると摂取量、体内に存在する量も微量です。

微量だから必要性が低いのかと言われるとそうではなく、体内のバランスを整ええるために非常に重要な栄養素であり、栄養素ごとに全く別の作用があり、重要な役割を持っている事が知られています。

例えば、最も良く知られているミネラルであるカルシウムは、骨や歯を構成する栄養素であり、不足すると骨が脆くなり骨折を引き起こしやすくなり日常生活に支障をきたします。

また、女性が不足しやすいミネラルである、鉄は不足すると酸素を運搬が上手くいかなくなり鉄欠乏性貧血を起こしますし、ナトリウムやカリウムが不足すると血液や細胞の水分バランスが取れなくなります。

このような状態を低ナトリウム血症、低カリウム血症といい場合によって死亡する危険性もあります。

その他にも、ミネラルが不足すると、神経系のバランスが整えられなくなりストレスやうつ状態になったり、ホルモンバランスが崩れて、疲れや体調不良といった症状が出る、肌や骨、髪といった体の作る機能・代謝機能が低下するといった、いろいろな部分で人体に影響が出てきます。

カルシウムが不足するとイライラすると言われるのは、カルシウムには神経の伝達を助ける働きがあるためです。

ただし、牛乳を飲んでイライラが名乗るのはカルシウム不足によって引き起こされる神経異常だけであり、イライラのすべてカルシウム不足ではなく、多くのイライラはカルシウムでは改善しません。

このように、ミネラルというのは、体の至る所で作用し健康状態を保つためにバランスを整えてくれている栄養素です。

そのため、人体では微量ではありますが、ミネラルは非常に重要性が高い栄養素であることが伺えます。

〇過剰摂取も注意が必要!

ミネラルは人体で微量ながら重要な栄養素として知られており、不足すると栄養失調となり、精神的にも肉体的にも影響を及ぼす栄養素です。

そのため、不足しないようにミネラルを摂取する事は重要なのですが、摂りすぎるのも良くありません。

最も摂りすぎることが多いとされるミネラルはナトリウムで、塩などから摂取され高血圧や動脈硬化の原因になると言われています。

尿から排出されるのでたまに超えるのは問題ありませんが、継続的な過剰摂取は腎臓に影響を及ぼすこともありますので、塩分の過剰摂取には注意しましょう。

また、健康の事を思ってサプリメントを摂取する事が、ミネラルの過剰摂取につながる多い事が知られています。

ミネラルは必須な栄養ではありますが、摂取すればするほど健康へ良い影響が出るという栄養素ではありません。

不足している場合には、サプリメントなどで摂取する事も大切ではありますが、自分が食事から摂取している量を把握せずにサプリメントを摂取するのは愚行です。

さらに、サプリメントは不足した栄養素を補うために摂取する物であり、一種類や数種類の特定の栄養素の量が多いサプリメントは、栄養バランスを考えるとあまり良くないのです。

サプリメントを数種類服用する場合には、栄養素がかぶっている事があります。

単一の栄養素では、過剰摂取にならない場合も数種類のサプリメントを摂取する事で、過剰摂取を招くことがあります。

サプリメントを服用する際には、作用や効果だけでなく、含まれている栄養素の量をしっかり把握しましょう。

ミネラルは人体にとって必須な栄養素です、不足も過剰摂取も健康への影響は免れません。

ミネラルは食材から摂取できますので、お肉や野菜、魚などをバランス良く摂取し、不足している場合にはサプリメントを使用しましょう。

最初から栄養素をサプリメントに頼るのは、健康上お勧めできません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク