スーパーフード「モリンガ」の魅力とは?豊富な栄養素で不足しがちな栄養素を補ってくれる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康ブームによってスーパーフードが注目されるようになってきており、店頭でスーパーフードを見る機会も多くなったように感じます。

近年ではスーパーフードであるモリンガ注目を集めています。

日本ではワサビノキという名前で呼ばれる事も多いのですが、健康食品としてモリンガという名前の方が知られているようです。

ワサビノキという名前は、根に刺激性があり香辛料として使用できるために付いた名前ですが、これ以外にはワサビとは関係なく、全く種類の違う植物です。

モリンガは健康食品として注目を集めているのですが、一体どんな所が健康食品として注目されているのでしょうか?

〇なぜスーパーフードと言われるのか?

スーパーフードというのは、必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン等を豊富に含み、他の食品に比べて栄養価が高い食品のことを言います。

体の中で合成する事ができないため食事から摂取しないといけないアミノ酸が9種類存在しており、モリンガはこの必須アミノ酸をすべて含んでいる食品になります。

また、必須アミノ酸と非必須アミノ酸を合わせると、モリンガには18種類ものアミノ酸が含まれています。

非必須と言われるといらないアミノ酸のようにも聞こえるかもしれませんが、非必須アミノ酸を摂取する事は健康を管理する上では重要な事です。

また、ビタミンも豊富に含んでおり、A、B1、B2、B6、C、D、ナイアシン、葉酸など数多くのビタミンを含み、ミネラルも鉄や銅、カルシウム、亜鉛、ナトリウム、マグネシウムなどを含んでおり、非常に多くの栄養素を持っているのです。

このように、スーパーフードという名前にふさわしい食品で、栄養失調を補う食品としても注目を集めています。

その栄養素の数は90種類以上ともいわれており、一般的に野菜に比べて多くの栄養素が含まれている事がわかっています。

これだけの栄養素を摂取しようと思えば、本来であれば数種類の野菜を摂取しなくてはいけませんが、モリンガは一種類で補う事できるのです。

もちろん、モリンガだけですべての栄養素を補う事はできませんが、モリンガを食べるようにすれば多くの不足しがちな栄養素を補う事が出来るでしょう。

〇青汁よりも健康に良い!?

モリンガは植物なので、粉末状にして青汁ように飲まれたり、サプリメントとして服用されたりする事が多いです。

青汁ようにように飲まれるので、青汁と比較されル事が多く青汁も健康に良いと言われる事も多いです。

部分的に見ると、大麦若葉や明日葉の青汁よりも栄養素が少ない部分もありますが、モリンガはその豊富な栄養素の種類によって体に良い影響が期待できます。

まず、ポリフェノールが40種類以上も含んでおり、抗酸化作用、ガン予防、精神的な影響があり、免疫力を高める効果が期待できると言われています。

さらに、その栄養素の量からアフリカなどで飢餓に苦しむ子供たちの食事として提供される事もあり、モリンガは栄養バランスが取れて栄養失調を改善をする食品として注目を集めています。

必須アミノ酸は、体を作る元になる栄養素であり、髪の毛、骨、皮膚、目、臓器と至るところに利用されている栄養素です。

このように、豊富な栄養素を含まれている所から、一般的な青汁よりも健康に良い食品であると言われるのでしょう。

〇なぜ栄養豊富な植物が育つのか?

モリンガの最たる特徴は、その栄養の豊富さでですが、このように栄養豊富な植物となる理由の一つは、過酷な環境でパワフルに生き抜くためだとされています。

強い日差しや、防風、虫、細菌などは植物にとって大きなダメージとなります、これらの影響を受けてもパワフルに育つために、モリンガは体のいろいろな物質を作りだして自分を守っています。

この過酷な環境の中で生き抜くために物質が人にとって、健康をもたらしてくれる栄養素となるのです。

また、モリンガは他の植物に比べて二酸化炭素の吸収率が高い事が知られています。

植物にとって二酸化炭素は成長に欠かせない物であり、二酸化炭素を多く吸収するという事はそれだけ多くの栄養素を蓄えるという事でもあります。

モリンガ、大きくパワフルに成長にするために、豊富な栄養素を蓄えて私たちに恩恵を与えてくれているのです。

最近、野菜が不足しているように感じる、バランスをとれた食事ができていないという人は、モリンガを摂取してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク